子育て主婦でもWebライターはおすすめ?【実際に活躍中】

Webライターの仕事は、在宅でもできることから副業として人気を集めています。

結論を伝えると、Webライターは「子育て中の主婦にもおすすめ」です。僕が一緒に働いているWebライターさんや編集者さんには、子育て中の主婦も数名います。

しかし、子育てと仕事の両立に悩んでいる人がいることも事実です。

  • 子どもの急な体調不良
  • まとまった時間が取れない
  • 時間の管理が難しい(ストレスになることも)

子育てしながら仕事をバリバリこなす「スーパーマン」のような働き方は、基本的にはできません。

ですが、気をつかいすぎてしまうせいか、相談できなかったり無理してしまったりする人もいます。

そこで今回は、Webライターを始める前に知ってほしい「心構え」を紹介します。

目次

子育て中の主婦も活躍できる(している)

子育てしながら取り組みやすい?

Webライターの仕事は、子育て中の主婦も活躍できます。僕が業務でかかわる女性のWebライターは、主婦のほうが若干多いくらいです。

ただし、Webライターの仕事は「子育てしながら取り組みやすい仕事」ではありません

子どもの急な体調不良や作業時間の確保に悩み、納期の相談を受けることも多々あります。

子育てと仕事を両立するためには工夫が必要であり、活躍している人たちも試行錯誤を繰り返しています。

Webライターと子育てを両立するための工夫

Webライターと子育ての両立で大切なことは「自分にプレッシャーをかけないこと(気楽にやること)」です。仕事は真剣に頑張るべきですが、無理をすべきではありません。

子育てと仕事の不安を同時に抱えたら、しんどくなるのは当たり前です。

まずは両立するための工夫として、以下3つのことに取り組んでみてください。

  • 無理のない作業ペースで働く
  • 主婦であることを事前に伝える
  • 役割分担が明確な案件を選ぶ

無理のない作業ペースで働く|夜間の作業は「困ったとき」だけ

まずは無理のない作業ペースを把握するため、1日の作業時間を決めましょう。

明確に時間を設定しないと、ズルズルと深夜まで作業を先延ばししてしまいます。

作業時間を決めるポイント
  • 空き時間を残しておく
  • 目安は「働きたい時間-1時間」
  • 夜間の作業は「困ったとき」だけ

たとえば、以下のような決め方で「1日3時間」と設定してみましょう。

9~12時:1時間
13~18時:2時間

ぎょぎょぎょ

もしかして夜間(22時以降)も働けるかも?

夜間の作業は精神的な負担につながることもあるので、予定に入れることをおすすめできません。時間や体力に余裕があるときや、どうしても困ったときだけ検討しましょう。

また、設定した時間内に終わらなくても気にする必要はありません。あくまでも「終わらせよう」とする意識が大切です。

主婦であることを事前に伝える|提案文に明記する

案件に応募する際は、提案文に「主婦であること(作業時間が限られること)」を明記しましょう。

主婦であることを事前に伝えることで、クライアントも事情を把握したうえで契約するため働きやすいです。

提案文に記載したいこと
  • 毎月(毎週)の稼働時間
  • 稼働できる日数や曜日
  • 状況次第で稼働できない日もあること

クライアントは基本的に、Webライターの稼働時間を考慮して業務を割り振ります(少なくとも僕はそうしてます)。

そもそもWebライターは副業で働く人が多いので、スキマ時間で作業することに理解を示してくれるはずです。

ぎょぎょぎょ

文句や無理を言うクライアントはストレスが溜まるだけなので「契約するメリットなし」です。

役割分担が明確な案件を選ぶ|想定外の労力を減らそう

役割分担が明確な案件を選ぶ

案件を選ぶ際は、役割分担を確認しましょう。Webライティングの案件は「文章を書くだけ」ではない場合もあります。

業務に慣れていない人や時間に余裕がない人は、案件の募集要項で以下のポイントをチェックしましょう。

  • 見出し構成が用意されていること
  • 画像選定(作成)が不要なこと
  • 納品方法の指定があること

Webライターの仕事は「文字数と単価」に気を取られがちですが、実は文章を書かない時間に手間がかかることも少なくありません。

見出し構成は難易度が高いですし、画像選定は意外と時間がかかります。不要な作業で負担をかけないためにも、役割分担は確実にチェックしましょう。

主婦ライターさんへの依頼例【現役ディレクターが実例で解説】

ここからは実際に依頼している主婦ライターさんを参考例に、以下の内容を紹介します。

  • 依頼ペース
  • 依頼内容
  • 想定月収

あくまで僕が所属するクライアントの一例ではありますが、モデルケースとして参考にしてみてください。

依頼ペース

基本的な依頼ペースは、以下のとおりです。

文字数:6,000~15,000文字
ペース:月4~6本(週1~2本)

週1本ペースで打診して「もっと書けるよ!」と相談があった場合に追加しています。

ぎょぎょぎょ

週1本ペースなら余裕?

1日2~3時間で対応すると、週1本ペースが意外と「ちょうどいい」です。とくに主婦の場合は、身の回りに集中力を欠いてしまうきっかけが多く潜んでいます。

集中力を欠いてしまうきっかけ
  • 子どものかまってアピール
  • 急に雨が降ってきた
  • 今日の献立を考えなきゃ…

まずは週1本ペースで十分です。余裕を感じられたら、少しずつペースを変えてみましょう。

依頼内容

僕のクライアントでは「本文の執筆のみ」を依頼しています。

厳密にいうと
  • 構成案をもとに文章だけ執筆する
  • 構成案と画像作成は別担当がいる
  • Googleドキュメントで納品

別担当が事前に作成した構成案(見出し)をもとに記事の本文を執筆します。やるべきことが絞られると、迷いが減るので対応がスムーズです。

依頼内容(役割分担)は、案件の募集要項に掲載します。記載がない場合は、提案の際にクライアントへ問合せしてみましょう。

想定月収

月収はパート以下?

あくまでも目安ではありますが、想定月収は以下のとおりです。

週1本ペース:2~6万円
週2本ペース:4~12万円
(文字単価:1.0円)

文字単価1.0円で文字数が多い記事ばかりでもないので、だいたい月4~8万円が収入の目安かなと思います。

ネット記事には「主婦でも10万円以上稼げる!」なんて書かれていることもあります。

でも、実際はそうじゃない人もたくさんいますし、それを「稼げない人」と判断するのは間違っています。

一般的な中小企業は、フルタイムで働いても手取り20万円以下です。スキマ時間で月10万円以上も稼ぐのは、そもそも難しいことだと認識しておきましょう。

ぎょぎょぎょ

信ぴょう性のない基準に惑わされないことが大切!

よくあるケースを紹介【3例】

ここでは主婦のライターさんとのやり取り(相談や依頼)で「よくあるケース」を3つ紹介します。

  • 子どもの急な体調不良
  • 行事参加でまとまった休みがほしい
  • 編集者として打診することもある

上記のケースは「よくあること」なので、自分が同じ状況に陥ったときの参考にしてみてください。

1.子どもの急な体調不良

もっとも相談を受けるケースは、子どもの急な体調不良です。とくに最近は「新型コロナ」の影響もあり、体調管理には敏感な傾向にあります。

主婦に依頼する時点で、クライアントもこのような状況を想定してスケジュールを組んでいます(組んでいるはず)。

どうしても都合の悪い状況になった場合は、体調不良かどうかにかかわらずクライアントに相談しましょう。

ぎょぎょぎょ

遠慮せずに「子育て優先」で!

2.行事参加でまとまった休みがほしい

子どもが小学生になると、学校行事で忙しくなる時期もあります。まとまった休みがほしい場合も、遠慮せずに相談しましょう。

ぎょぎょぎょ

小学校って色々と頼まれるよね…

週単位でも月単位でも、事前に「学業の都合で○○の期間だけ業務できません」と伝えれば大丈夫です。ただし、余裕をもって早めに伝えてあげましょう。

3.編集者として採用を打診することもある

僕の所属するクライアントに限った話かもしれませんが、主婦のライターさんに「編集業務(おもに添削・校正・修正)」を打診することもあります。

実際に編集者の半数以上が主婦で、子育て中の人もいます。

ぎょぎょぎょ

ちょっと偏見はありますが、主婦さんは対応がていねいな傾向にあるので依頼しています。

編集業務はライター業務より「1つの業務に費やす時間」が短い傾向にあります。

人によっては「時間の管理がしやすい」との意見もあるようなので、編集者を目指してみるのもありかもしれません。

Webライターを始める前に|主婦が心がけておきたいこと

Webライターを始める前に、以下3つの観点を心がけておきましょう。

  • 育児しながらの仕事は難しい
  • 稼げるようになるまで時間がかかる
  • 在宅ワークは自己管理がすべて

新しいことを始めるときは不安を感じますし、ガッカリしたくないと考えるはずです。

不安を解消する秘訣は「想定すること」
ガッカリしない秘訣は「期待しすぎないこと」

さまざまな情報や意見に惑わされず、Webライターの仕事を正しい見方で判断しましょう。

育児しながらの仕事は難しい(Webライターに限らず)

育児しながらの仕事は難しい

Webライターかどうかにかかわらず、育児しながらの仕事は難しいです。上手くできなくても気にする必要はないですし、合わないと感じたらキッパリ辞めてしまいましょう。

僕がかかわっている主婦のライターさんは、できないことは「できない」と伝えてくれます。本来やるべきことを意識するなら、遠慮せず子育てを優先することが正解です。

過去に「子育てしながらだと大変じゃないですか?」と聞いたことがあります。そのときの返事は「なんかもう…慣れました(笑)」でした。

ぎょぎょぎょ

チャレンジしながら気づくこともあるかもね。

稼げるようになるまで時間がかかる(主婦に限らず)

主婦かどうかにかかわらず、Webライターの仕事は稼げるようになるまで時間がかかります。

少なくとも1年間は「実績や信頼を積み重ねる期間」と割り切って考えましょう。

  • 自分のペースを意識すること
  • できることを誠実に対応すること
  • 他人の情報や実績を気にしないこと

ライフスタイルや作業環境は、人によって異なります。他人の実績は当てにならないので、参考程度に留めておきましょう。

在宅ワークは自己管理がすべて(人はサボりたくなる)

在宅ワークは自己管理がすべて

在宅で仕事できるWebライターは、集中力が散漫にならない工夫も必要です。人は本能的に楽な方向へ進みたがるので、自分を律する強い意志がないとついついサボってしまいます。

「今日中に終わればいいや」と考えてしまうと、その気がなくても「23時59分までに終わればいいや」に変換されてしまいます。

また、執筆中はとくに頭を使うため、集中力が途切れる要因をシャットアウトしましょう。

  • スマホの通知
  • メールやチャットツールの通知
  • デスク上に置いてあるもの
  • テレビやゲームの画面
ぎょぎょぎょ

スマホやメールの通知を確認すると、いつの間にかネットサーフィンしていることも…

Webライターは子育て主婦も活躍中!マイペースに挑戦しよう

Webライターは子育て主婦も活躍中!

Webライターの仕事では、子育て中の主婦も活躍しています。記事の結論をまとめると、以下のとおりです。

  • 無理のないペースで働くこと
  • 主婦であることを事前に伝えること
  • 役割分担を事前に確認すること

子育てと仕事を両立するためには工夫が必要であり、活躍している人たちも試行錯誤を繰り返しています。

Webライターは、良くも悪くも「簡単に始めて簡単に辞められる仕事」です。不安を解消するためにも、まずはお試しで挑戦してみることをおすすめします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次