Webライターが目指すキャリアパス|ステップアップの流れを解説

Webライターが目指すキャリアパスは、おもに2パターンに分けられます。

  • Webライターとしてスキルアップする
  • スキルを活かして他職種へキャリアアップする

どちらの選択肢に対しても、今後は「マーケティングスキル」が必要となります。といっても、Webマーケターを目指す必要はありません。

今後はWebマーケティングの考え方を意識しないと、Webライターとして生き残れない時代が来るということです。

ここ数年で働き方の変化やGoogleのアップデートにより、Webライターを取り巻く環境は目まぐるしく変化しています。これからのWebライターには「変化の影響を受けない不変のスキル」が求められるでしょう

目次

Webライターが目指すキャリアパスは2つ

Webライターが目指すキャリアパスは2パターンあります。

  • Webライターとしてキャリアを重ねる
  • 他業種へキャリアアップする
ぎょぎょぎょ

ライティング業務を極めるか、経験を活かして転職するか、って感じかな。

1.Webライターとしてキャリアを重ねる

Webライターとしてキャリアを重ねる

Webライターとして自身の価値を高めたい場合は、キャリアを積み重ねましょう。

ただし、やみくもに経歴だけ長くても評価につながりません。一つでも良いので、強みとなる武器を習得しましょう。

1-1.専門ジャンルに特化したスペシャリストを目指す

専門ジャンルに特化したWebライターは、執筆内容の信用度に強みがあります。ジャンルを絞って執筆を繰り返すことで、ライター自身の知識も深まるでしょう。

  • 総執筆数500オーバー!とんこつの血が流れるラーメンライター
  • ライター歴10年!ていねいな文章が自慢のベテランライター

極端な例ではありますが、どちらのライターが書いた記事を見てラーメンを選びたいですか?

1-2.マルチに活躍できる何でも屋を目指す

Webライターが担当する「記事執筆」は、記事制作業務の一部にすぎません。

記事制作には、さまざまな業務担当者が存在します。

  • 見出し構成を作成する人
  • アイキャッチ画像を制作する人
  • 取材対応する人
  • CMSに原稿を入稿する人

単純な話ですが、できることが多いWebライターは重宝されます。

Aさん「ライティング業務を中心に活動していますが、見出し構成や画像制作も対応できます」
Bさん「ライティングにこだわり、ライティングだけを極めてきました」

Webディレクターの立場として、どちらか一人を選ぶとしたら「Aさん」を採用します。人手不足に悩まされがちなクライアントにとって、何でもできる人はスーパーマンのような存在です。

完璧じゃなくても大丈夫なので、できることを広く浅く増やしてみてください。

1-3.自分のサイトやブログで実績(集客・利益)を生み出す

自分自身で実績を生み出せるWebライターは最強です。

以下のような実績を提案できるWebライターは、クライアントが求める文章力やSEOの知識があることを証明できます。

  • 検索上位を獲得する
  • 読者を集客する
  • 記事から利益を生み出す

大切なことは、実績を生み出せた要因をしっかりと把握することです。実績を生み出すノウハウが再現できれば、クライアントのもとで間違いなく活躍できます。

2.他業種へのキャリアアップ

Webライターから他業種へのキャリアアップを目指す

Webライターの経験やスキルを活かすことで、関連職へのキャリアアップも目指せます。

目指せる職業おもな業務・役割
編集者ライターが執筆した記事をサイトに公開できるよう編集する役割(添削、修正、入稿など)
ディレクター記事制作をプロジェクト管理する役割(ライターの手配、進捗管理、クライアント対応など)
コンサルタントWebを使って情報発信したい企業へのアドバイスやサポートする役割
ライティング
講師
ライティングスキルやノウハウを講師として提供する役割

2-1.編集者

編集者のおもな役割は、以下のとおりです。

  • 記事全体の構成を企画する
  • ライターが執筆した記事を添削・修正する
  • 記事をWebサイトへ公開できる状態に編集する

Webライターに「どんな記事を書いてほしいか」を企画し、納品された記事が「要求に沿っているか」をチェックします。

記事に問題がなければ、Webサイトへ公開するための編集作業を実施します。

編集業務の一例
  • WordPressへの入稿
  • 図解や写真の挿入
  • タグ設定や文字装飾など

他人が執筆した記事を添削する役割もあるため、一人前のライティングスキルが必要です。Webライターとしての評価が、編集者を打診するきっかけとなることもありますよ。

2-2.ディレクター

ディレクターのおもな役割は、以下のとおりです。

  • Webサイト全体の運営・管理
  • ライターの手配・進捗管理
  • サイト運営者(お客様)との打合せ・成果報告など

Webサイト全体を管理しながら、必要なコンテンツやプロジェクト体制などを企画提案します。キーワード選定やコンテンツの品質管理を行うこともあるので、ライティングの技術的な知識も必要です。

Webサイトやプロジェクトの規模次第では、編集者と兼任する場合もあります。「ライター→編集者→ディレクター」の流れでステップアップするのが一般的です。

ぎょぎょぎょ

ぎょぎょぎょは編集者を経て、現在はディレクターとして活動しています。

2-3.コンサルタント

コンサルタントのおもな役割は、以下のとおりです。

  • Webサイトを活用した集客や情報発信をサポート
  • 新規Webメディアの立ち上げをサポート
  • コンテンツ制作のノウハウをアドバイス

基本的にはWebサイトを活用して集客や情報発信したい依頼者(個人や企業)のために、アドバイザーとしてノウハウを提供します。

企業サイトの改善点や課題を見つけて、アイデアを提案することがコンサルタントの魅力です。

サイト全体のマーケティングやデザインの提案も必要となるので、まずはディレクターから経験することをおすすめします。

ぎょぎょぎょ

アドバイザーとして責任重大なポジションです…

2-4.ライティング講師

Webライティングのスキルに自信があれば、ライティング講師として活動することもおすすめです。講師の仕事は自分で主催できるので、クライアントからの依頼を待つ必要もありません。

最近ではZoomを活用したオンラインセミナーが主流です。複数人にライティングのノウハウを教えたり、マンツーマンで記事添削しながら改善点を見つけたりするなど、幅広く活躍できます。

Webライターからのステップアップに必要なこと

Webライターからのステップアップに必要なこと

Webライターからのステップアップには、キャリアパスにかかわらず「2つのスキル習得」が必要です。

  • ライティングスキル
  • マーケティングスキル
ぎょぎょぎょ

ライティングスキル→マーケティングスキルの流れで習得しよう。

ステップ1.ライティングスキルを習得する

ライティングスキルは、Webライターからのステップアップに必要不可欠です。

読者にとって価値のある記事を書くためにはもちろんですが、ライティングスキルがないとWebライターが書いた記事を添削できません。

  • 読者に伝わる文章を書く
  • SEOを意識した文章を書く
  • 誤字脱字のない文章を書く
  • Webサイトに合わせた文章表現を使い分ける

上記のように、習得すべきスキルはライティングの基礎です。ステップアップの第一目標として、まずはライティングスキルの習得を目指しましょう。

ぎょぎょぎょ

まずは納品記事の添削結果で「指摘が3つ以下」を目標に!

ステップ2.マーケティングスキルを習得する

マーケティングスキルは、今後のステップアップを目指すWebライターに必須となります。

ぎょぎょぎょ

Webライターなのにマーケティングスキルが必要なの?

マーケティングは一般的に「売れる仕組みづくり」の意味合いで用いられます。記事執筆を担当するWebライターに「関係あるの?」と疑問に思うかもしれません。

その理由は、後述の見出し「これからのWebライターにはマーケティングスキルが必要」で詳しく説明します。

これからのWebライターにはマーケティングスキルが必要

これからのWebライターにはマーケティングスキルが必要

これからのWebライターには、マーケティングスキルが必要となります。マーケティングスキルといっても、難しく考える必要はありません。

具体的には、以下のような観点で「考える力」が必要です。

  • 読者が求めることを考える
  • 集客や収益につなげるために必要なことを考える
ぎょぎょぎょ

今でもSEOを意識して記事を書いてるよ?

SEOを意識することは、今後も変わらずWebライティングに必須となるでしょう。ただし、重要なのは細々とした対策を覚えることではなく、Webライティングの目的を見失わないことです。

戦略は常にアップデートが必要|数年後は通用しない可能性あり

「SEO対策」と検索すると、Webページを検索上位に表示するためのさまざまな戦略が見つかります。

  • 検索キーワードをタイトルや見出しに加えましょう
  • 関連キーワードを本文に加えましょう
  • 被リンクを獲得してドメインパワーを上げましょう

いずれも検索上位に表示させるために、Googleの検索アルゴリズムを意識した対策です。しかし、このような対策は、数年後には通用しない可能性があります。

Googleアップデートで評価方法は変化する

Googleの検索アルゴリズムは、数百を超える要素で成り立っています。そして、アップデートを繰り返しながら、日々改良が加えられています。

パンダアップデート(2012年7月に実施)

検索結果の質を高めるためのアップデート。オリジナリティがありユーザーにとって価値のあるWebサイトが評価を上げている。

ペンギンアップデート(2012年4月に実施)

Webサイトの評価を見直すためのアップデート。ガイドラインに反するSEO(低品質なリンクやスパム行為)を用いるWebサイトが評価を下げている。

上記は近年の大規模なアップデートです。どちらも共通して言えることは、アップデート後に当時主流だったSEOが通用しなくなりました

検索アルゴリズムの数百を超える要素は公開されていません。コンテンツマーケターはGoogleガイドラインや社員の発言などをもとに、SEOの施策を導き出しています。

本当に価値のある記事が評価されるべき

Googleの検索アルゴリズムの役割は「検索ユーザーが求める記事」を上位表示することです。しかし、本来上位にあるべきではない記事が、検索上位に表示されることもあります。

おもな要因は、検索ユーザーが求める記事ではなく「SEO対策された記事」が上位表示されていることです。

「SEO対策された記事」が上位表示されている
ぎょぎょぎょ

本当に美味しいカレー10選!…って結局どれが一番なの?

信ぴょう性のない検索結果は、検索ユーザーの信用度を失ってしまいます。SNSの口コミやインフルエンサーが紹介した商品が注目を集めていることは、ググることへの信頼を失いつつある表れといえるでしょう

今までのSEOが通用しなくなる

「Twitterの口コミを見たほうが参考になる」
「ライターの書いた記事よりインフルエンサーを信用したい」

Googleで検索するユーザーが減ると、Googleの売上が落ちます。そのため、Googleの検索アルゴリズムは、毎日改良が加えられています。

検索アルゴリズムの本質は「読者の検索ニーズを満たすWebページ」を上位表示することです。要素が変化しても、本質は変わりません。

読者ではなく検索エンジンを意識したSEOは、通用しなくなる可能性があるでしょう。

戦略は変わるが考え方は変わらない

これからのWebライターに求められることは、読者の検索ニーズを満たすために「何をすべきか」を考える力です。

つまり「何を書けば読者が喜んでくれるだろうか?」を想像しながら、Web記事をセルフマーケティングすること。

どのような人に
どのような価値を
どのように提供するか

Web記事を書く目的は「読者に価値を提供すること」です。検索順位を意識したSEOは、目的を達成するための手段の一つにすぎません。

読者を意識してマーケティングできるWebライターは、環境の変化に影響されずステップアップできるでしょう。

記事を書くだけのWebライターは大衆に埋もれてしまう

「書くだけ」のライターはたくさんいる

Webライターは、初心者でも比較的挑戦しやすい職業です。最初は低単価かもしれませんが、コツコツと案件をこなすことでそれなりの収入を得られるでしょう。

しかし、記事を書くだけでは「その他大勢のWebライター」に埋もれてしまいます。

働き方の変化により人気を集めている

リモートを活用した働き方の変化により、自宅で作業できるWebライターの仕事が人気を集めています。未経験でも挑戦しやすいことから、今では副業の第一候補です。

社会人だけでなく、多くの主婦や学生もWebライターとして活躍しています。

クラウドソーシングサイトがWebライターを増やした

クラウドワークスでライターを検索してみた
ランサーズでライターを検索してみた
クラウドソーシングサイトのライター数(2023年1月現在)
  • クラウドワークス:10万人以上
  • ランサーズ:22万人以上

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイトは、Webライターを増やすきっかけとなりました。

クラウドソーシングサイトでライターを検索してみたところ、20万人以上の登録者がいるようです。

スキルがなくても挑戦できる初心者向けの案件も豊富です。Webライターは「誰でもできる」といったイメージが定着し、次第に低単価な案件も増加しました。

「書くこと」がスキルとして評価されないフェーズへ

Webライターの仕事は、文章を書くことです。初心者でも気軽に挑戦でき、基礎的な文章力も比較的簡単に習得できます。

だからこそ「書くこと」がスキルとして評価されないフェーズへ突入するでしょう。

文章を書くことで「読者やクライアントに価値を提供すること」が評価されます。そのために何が必要となるのかを考え、提案するためのマーケティングスキルが必要です。

Webライターのキャリアパスにマーケティングスキルは必須

Webライターのキャリアパスにマーケティングスキルは必須

Webライターのキャリアパスをおさらいすると、以下の2パターンに分けられます。

  • Webライターとしてスキルアップする
  • スキルを活かして他職種へキャリアアップする

Webライターとしてキャリアを積み重ねる場合も、編集者やディレクターを目指す場合も、まずはライティングスキルの習得が必要不可欠です。

そして、キャリアパスの選択肢にかかわらず、Webマーケティングの考え方を意識しないと生き残れない時代が来ます。

ステップアップには、一つだけ秘策があります。

読者やクライアントに「価値を提供すること」を意識してください。そのために必要なことを悩み考えながら行動すれば、ステップアップは自然に実現できるはずです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次