記事タイトルのつけ方を学ぶ|SEOに役立つ基本テクニック

記事タイトルのつけ方にいつも悩んじゃう…

Web記事のタイトルは、つけ方次第で集客効果に大きな影響を与えます。

なぜなら読者は、記事タイトルを見て「読むかどうかを判断する」からです。

ほとんどの読者は、Web記事の本文を気になる箇所だけ流し読みします。

しかし、記事タイトルだけは、すべての読者が確実にチェックします。

だからこそ記事タイトルは、Webライティングの重要な役割を担っています。

今回は「読まれる記事タイトル」をテーマに、初心者でも実践しやすい基本的なテクニックを紹介します。

ぎょぎょぎょ

Webライターの経験がある「ぎょぎょぎょ」が解説します。

この記事でわかること
  • 記事タイトルのつけ方
    (基本テクニック・応用テクニック)
  • 記事タイトルをつけるときの注意点
目次

記事タイトルのつけ方|5つの基本テクニック

記事タイトルのつけ方|5つの基本テクニック

まずは、記事タイトルのつけ方として覚えておきたい「5つの基本テクニック」を紹介します。

  1. 検索キーワードを前半に入れる
  2. 文字数は28文字以内とする
  3. 具体的な数字を入れる
  4. ベネフィットを明記する
  5. 結論を簡潔に伝える

それぞれのテクニックは、難しいものではありません。

しかし、検索順位に影響を与える重要なテクニックです。

Webライティングの初心者であれば、まずは基本テクニックからチェックしてみてください。

1.検索キーワードを前半に入れる

1.検索キーワードを前半に入れる

記事タイトルには、SEOを意識した「検索キーワード」を入れましょう。

Web記事は検索キーワードに対する回答や結論を提示するものであり、記事タイトルに明記することが大切です。

また、検索エンジンは、記事タイトルの前半部分から「記事のメインテーマ」を判断する傾向にあります。

狙っている検索キーワードを前半部分に入れると効果的です。

2.文字数は28文字以内とする

2.文字数は28文字以内とする

記事タイトルの文字数は、28文字以内が理想的です。

28文字を超えるタイトルは、検索結果で省略されてしまいます。

タイトルが中途半端に省略されてしまうと、検索ユーザーに記事の内容が伝わりません。

クリック率を下げる原因となる場合もあるので、文字数も意識しましょう。

以前は32文字以内だった?

Googleの検索結果に表示される記事タイトルは、以前までは「32文字」まで表示されていました。しかし2021年のGoogleアップデートをきっかけに「28文字」に変更されたようです。

3.具体的な数字を入れる

3.具体的な数字を入れる

記事タイトルには、具体的な数字を入れることも効果的です。

タイトルに数字を入れることで、読者が思い浮かべるイメージの現実味が増します。

記事タイトルの重要な観点

理想を提示する

読者が自分事と思えない

手段を提示する

読者がマネしようと思える

数字のないタイトルは、大げさなイメージが強く残ります。

しかし、大げさな理想を掲げても、読者が「自分にはできないかも…」とネガティブな思考になりがちです。

タイトルに数字を入れることで、理想から「手段」へと印象が変わることもあります。

読者に「これなら実現できるかも!」と、ポジティブに思わせることが重要です。

4.ベネフィットを明記する

記事タイトルには、読者が求めるベネフィット(読むことで得られるメリット)を明記しましょう。

読者は求めている情報があると知って、ようやく本文を読んでくれます。

たとえば「記事タイトルのつけ方」であれば、以下の悩みがきっかけで検索すると想定できます。

  • 自分が書いた記事を読んでほしい
  • 初心者だから参考例を教えてほしい

上記のような悩みがなければ、記事タイトルのつけ方なんて検索しません。

読者の悩みに応える一言が、記事タイトルには重要です。

もし「記事タイトルのつけ方」をタイトルにするなら?
  • “読んでもらえる”記事タイトルのつけ方〇選
  • “初心者でもわかる”記事タイトルのつけ方〇選

5.結論を簡潔に伝える

記事タイトルは、結論を簡潔に伝えることが重要です。

記事を読むことで「何を解決できるか」がわからないと、検索ユーザーに選んでもらえません。

たとえば、以下のような飲食店があったとします。

A:美味いと評判のインドカレーが食べられる店
B:インド人オーナーこだわりの料理が食べられる店

Aの店に行けば「美味いインドカレーが食べられる」という結論に達します。

しかし、Bの店は「メニューがわからない」といった不安により、味の評価にかかわらず結論に至りません。

「こだわりがある=好みが合う」とは限らないね。

根拠ではなく結論を伝える

「インド人オーナーがこだわっていること」は、結論ではなく根拠です。

記事タイトルでは、読者が達成できることを結論として伝えましょう。

読まれる記事タイトルの応用テクニック

読まれる記事タイトルの応用テクニック

ここからは、記事タイトルをさらに改善するための応用テクニックを解説します。

  • ターゲットを絞る
  • 疑問形にする
  • 独自要素を入れる

上記の要素は必須事項ではありませんが、悩んだときの選択肢として活用してみてください。

ターゲットを絞る

Web記事は、基本的に読者となるターゲットを想定して制作します。

記事タイトルも同様に、想定したターゲットに絞ると効果的です。

ターゲット
スキルで絞る・これから始める人
・始めたばかりの初心者
・スキルアップしたい経験者
地域で絞る・国内/海外
・○○県/××市
時期で絞る・最新版
・20xx年のおすすめ
・季節

疑問形にする

疑問形の記事タイトルは、検索ユーザーの「答えが気になる」といった興味を引き立てます。

「記事タイトルがSEOに影響を与えるとは?」
「なぜベネフィットを意識した記事タイトルが検索上位をとれるのか?」
「SEOを改善する記事タイトルクイズ!あなたはいくつ正解できますか?」

人は興味関心にかかわらず、質問を投げかけられると無意識に答えを考えてしまいます。

さらに答えを考えることが、無意識に「正解を確認したい」といった行動を促します。

プライミング効果とは、先行する刺激(プライマー)の処理が後の刺激(ターゲット)の処理を促進または抑制する効果のことを指す。プライミング効果は潜在的(無意識的)な処理によって行われるのが特徴であり、知覚レベル(知覚的プライミング効果)や意味レベル(意味的プライミング効果)で起こる。

プライミング効果|脳科学辞典

独自要素を入れる

記事タイトルには、他サイトとの差別化を図る「独自要素」を入れると効果的です。

独自要素とは
  • ほかの記事では分からないこと
  • 自分だから書けること

「”現役Webライターが教える”記事タイトルのつけ方」
「”独自アンケートで分かった”記事タイトルの改善例10選」
「”専門家にインタビュー!”記事タイトルはコレが正解」

オリジナルな要素は、Web記事の価値を高める強みとなります。

実績や経験を活かせることがあれば、積極的に取り入れてみてください。

記事タイトルをつけるときの注意点【Webライター必読】

最後に記事タイトルを意識するあまり「やってしまいがちな注意点」を解説します。

本文と内容がズレないこと

本文と内容がズレないこと

記事タイトルと本文は、内容がズレないように注意しましょう。

内容の不一致は、読者に違和感を与えてしまいます。

タイトルの設定に慣れていない場合は、本文を書き終わってから考えるのも効果的です。

本文の重要なポイントが伝わるタイトルを心がけましょう。

他記事と類似しないこと

Webサイト内の他記事と類似したタイトルは「類似ページ」の評価を受けることがあります。

類似ページは、検索順位の評価が下がってしまうこともあるため注意が必要です。

「Webライターがおすすめする○○10選」
「Webライターがおすすめする××10選」
「Webライターがおすすめする△△10選」

紹介する内容が異なる場合でも、検索エンジンは期待する評価をしてくれるとは限りません。

Webサイト全体で統一感のあるタイトルをつけたい場合は、後半部分にサブタイトルを設定してみましょう。

タイトルの後半部分にサブタイトルをつけて差別化

「Webライターがおすすめする○○10選|初心者向けアイテムをピックアップ」
「Webライターがおすすめする××10選|利用者の評判や口コミも紹介」
「Webライターがおすすめする△△10選|筆者が実践した効果と感想」

ぎょぎょぎょ

サブタイトルがあると、読者が記事の内容を具体的に想像できますよ。

大げさな煽りを入れないこと

大げさな煽りを入れないこと

記事タイトルに「大げさな煽り(あおり)」は不要です。

魅力的なタイトルをつけることは大切ですが、場合によっては読者の信頼を失うリスクが伴います。

  • 事実に反するタイトル
  • 信ぴょう性のないタイトル

根拠のない煽りは、読者の期待を裏切ります。

無駄にハードルを上げたところで書いてる本人すらメリットがないので、事実を的確に伝えるタイトルを心がけましょう。

同じキーワードを複数入れないこと

記事タイトルには、同じキーワードを複数入れないことが基本です。

キーワードを複数入れるデメリット
  • 文字数の無駄遣い
  • タイトルが不自然になりがち
  • 同一キーワードの乱用はスパム扱いされる場合あり

記事タイトルは、28文字程度で簡潔に設定するのが理想的です。

限られた文字数を無駄遣いしないためにも「キーワードは1回だけ」を心がけましょう。

記事タイトルは「読者が必ず見る」コンテンツ|それだけ重要ってこと

記事タイトルは「読者が必ず見る」コンテンツ

Web記事のタイトルは「読者が必ず見る」コンテンツです。

読むかどうかの判断を左右する重要な役割を担っています。

しかし、難しく感じる必要はありません。

今回紹介した「5つのテクニック」を心がけながら、要点をシンプルに伝えるだけで十分です。

読者を煽るようなキャッチコピーは、Webライティングにおいて価値がありません。

自分が書いた記事をおすすめするつもりで、価値が伝わるタイトルをつけましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次