見出し構成の書き方を学ぶ|7STEPでつくるタイトルの考え方

見出し構成の書き方(考え方)がわからないよ…

見出し構成は、記事の骨組みとなる重要な役割です。

読者は記事のタイトルと見出しを見て、読むかどうかを判断します。

お昼休みに食事するお店を探すとき、店頭のメニューを見て「入店するかどうか」を判断した経験はありませんか?

Web記事も同じです。

読者は見出し構成を見て、求めている情報がなければ読まずにブラウザバックしてしまいます。

そこで今回は、読者の検索ニーズを満たす「見出し構成の作り方」を紹介します。

ぎょぎょぎょ

Webライターの経験がある「ぎょぎょぎょ」が解説します。

この記事でわかること
  • 見出し構成の全体像(型)
  • 見出し構成の書き方(7ステップ)
  • 見出しタイトルの3つのポイント
  • 見出し構成の注意点
目次

見出し構成の全体像|型にはめて考えよう

見出し構成の書き方を覚える前に、まずは全体像を把握しましょう。

以下の見出し構成案は、僕自身がWebライティングするときに活用している型です。

見出し構成案
  • 記事タイトル
  • リード文(導入)
  • 見出しグループ①|顕在ニーズを解決する
  • 見出しグループ②|潜在ニーズを解決する
  • まとめ(締め)
顕在ニーズと潜在ニーズを考える

Web記事を書く目的は「読者の悩みを解決すること」です。

読者の素直な欲求(顕在ニーズ)心の奥に秘めた欲求(潜在ニーズ)を解決するための見出し構成を意識しています。

記事タイトル

タイトルは読者が最初に見る要素であり、記事の「顔」となる重要な役割です。

第一印象が悪い人を「何となく好きになれない」ように、タイトル次第で読者の判断を左右します。

読者に「探していた記事かもしれない!」と思わせるようなタイトルが理想的です。

リード文(導入)

リード文は、記事の全体像を要約する「あらすじ」のような役割です。

タイトルに期待した読者は、リード文の内容から本文を読むかどうかを判断することもあります。

記事タイトルに対する簡単な結論を提示して、読者に「この記事を読めば解決できるかも!」と思わせることが大切です。

見出しグループ①|顕在ニーズを解決する

見出し構成の前半部分では、読者の顕在ニーズを解決しましょう。

顕在ニーズを解決するポイントは、読者の検索意図に対してストレートな答えを提示することです。

例)「ソファ おしゃれ」が検索キーワードの場合

【顕在ニーズ】
検索ユーザーは「おしゃれなソファ」を探している。

【見出し構成案】
・人気のおしゃれソファ〇選
・リビング向けおしゃれソファ〇選

構成作成の基本は、読者が求めている重要な情報ほど前半で解決することです。

顕在ニーズは「読者が一番知りたいこと」であると覚えておきましょう。

見出しグループ②|潜在ニーズを解決する

見出し構成の後半部分では、読者の潜在ニーズを解決しましょう。

潜在ニーズを解決するポイントは、読者が「なぜ顕在ニーズを満たしたいのか」を考えることです。

「ソファ おしゃれ」が検索キーワードの場合

【潜在ニーズ】
検索ユーザーは「自分で選ぶことに不安を感じている(センスのある人に選んでほしい)」「遊びに来た友人におしゃれな部屋を褒められたい」と思っている。

【見出し構成案】
・おしゃれなソファを選ぶポイント
・センスが光るソファの配置方法

潜在ニーズは、読者が気づいていない心の奥の欲求でもあります。

読者が「なるほど!」「そうだったんだ!」と喜ぶような情報を見つけましょう。

まとめ(締め)

記事の締めとなる見出しでは、読者に最も伝えたい情報を提示します。

まとめで伝えるべきこと
  • 記事で最も伝えたいこと
  • 読者のアクションを促す言葉

本文の内容をダラダラと振り返るのではなく、要点を簡潔にまとめることが重要です。

「この記事を参考に、あなたに合ったソファを選んでみてください」のように、記事を読んだ後にとってほしいアクションを促す一言も加えることをおすすめします。

見出し構成の書き方|7つのステップを理解しよう

見出し構成の書き方|7つのステップを理解しよう

ここからは見出し構成の作り方を「7つのステップ」で解説します。

ステップ1:検索ユーザーをリサーチする
ステップ2:競合サイトをリサーチする
ステップ3:記事タイトルを決める
ステップ4:顕在ニーズを解決する
ステップ5:潜在ニーズを解決する
ステップ6:独自要素を考える
ステップ7:締めの見出しを考える

具体的な作成方法がイメージできるように、検索キーワード「ブログ 見出し 作り方」を参考例に構成を作成してみます。

ステップ1:検索ユーザーをリサーチする

まずは、検索ユーザーをリサーチ(調査・想定)しましょう。

キーワード「ブログ 見出し 作り方」で検索するユーザーが知りたがっていることを、顕在ニーズ・潜在ニーズに分けて探ります。

なぜキーワード「ブログ 見出し 作り方」で検索する?(顕在ニーズ)
  • ブログ記事の見出しの作り方が知りたい
なぜ見出しの作り方を知りたい?(潜在ニーズ)
  • 初心者なので自分の作成方法が正しいかどうか分からない
  • マネできる参考例やテンプレートが欲しい
  • 正しい作り方を駆使して成果を出したい

潜在ニーズを想像することは、慣れていても難しさを感じます。

初心者で自信がない場合は、以下のサイトを活用すると便利です。

  • Yahoo知恵袋でユーザーの悩みを調査する
  • Twitterでユーザーの口コミを調査する
ぎょぎょぎょ

検索ユーザーが「知りたいこと」と「できないこと」を想像してみましょう。

ステップ2:競合サイトをリサーチする

検索キーワードで上位表示される競合サイトのリサーチも重要です。

上位5サイト程度の見出し構成を参考に、上位表示を獲得している要因を調査してみましょう。

競合サイトからリサーチしたいこと
  • 記事のテーマやターゲット
  • 各サイトの共通点
  • 使用頻度の高いキーワード

競合サイトを見比べると、さまざまな共通点が見つかります。

検索キーワード「ブログ 見出し 作り方」の競合サイトの共通点
  • 「見出しとは?」「見出しが必要な理由」を解説している
  • 初心者向けの「基礎知識」を解説している
  • 「SEO」のキーワードが多く見受けられる

競合サイトの共通点から、ブログの初心者向けに見出しの重要性や基礎知識を解説していることが想定できます。

そして「正しい見出し構成を理解して記事を上位表示させたい」といった潜在ニーズを解決するため、SEOの重要性を解説する見出しも必要となるでしょう。

ステップ3:記事タイトルを決める

検索ユーザーと競合サイトのリサーチ内容をもとに、記事タイトルを決めましょう。

タイトルは記事の顔となる存在ですが、無理に凝ったキャッチコピーを付ける必要はありません。

以下のポイントを押さえて、要点をシンプルに伝えましょう。

  • 記事を読んで分かることを伝える
  • シンプルな言葉で伝える
  • 具体的な数字を入れる
  • 検索キーワードをタイトルの前半に入れる
  • 文字数は最大28文字まで

記事タイトルも「顕在ニーズ+潜在ニーズ」の構成がおすすめです。

たとえば「ブログ 見出し 作り方」のキーワードであれば、以下のような記事タイトルを提案します。

「ブログ見出しの作り方|初心者でも上位検索を獲得できるSEO活用術」

ステップ4:顕在ニーズを解決する

タイトルまで作成して、ようやく見出し構成を考えるフェーズに入ります。

まずは、記事の前半部分となる「顕在ニーズを解決する見出し」を考えましょう。

検索キーワード「ブログ 見出し 作り方」の顕在ニーズは、シンプルに「ブログ見出しの作り方が知りたい」と想定します。

スクロールできます
<H2> ブログ見出しの作り方|5つのポイントを理解しよう
 <H3> ポイント1:<H>タグの役割を理解しよう
 <H3> ポイント2:検索キーワードを入れよう
 <H3> ポイント3:本文の内容を伝えよう
 <H3> ポイント4:1つの見出しで1つの情報を伝えよう
 <H3> ポイント5:ポジティブなタイトルにしよう
見出し構成の作成例

顕在ニーズを解決する見出しは、記事のメインテーマとなります。

補足情報として以下のような見出しも付け加えることで、メインテーマの説得力が増すでしょう。

説得力アップに効果的な対策
  • 根拠を示す
  • メリットを示す
  • 具体例を示す

今回の例では、以下のような見出し構成に改良してみました。

スクロールできます
<H2> ブログ見出しの作り方|5つのポイントを理解しよう
 <H3> ポイント1.<H>タグの役割を理解しよう
 <H3> ポイント2.検索キーワードを入れよう
 <H3> ポイント3.本文の内容を伝えよう
 <H3> ポイント4.1つの見出しで1つの情報を伝えよう
 <H3> ポイント5.ポジティブなタイトルにしよう
<H2> 見出し構成が重要な理由|正しく構築する3つのメリット
 <H3> メリット1.読者が情報をスムーズに見つけられる
 <H3> メリット2.SEOの効果を期待できる
 <H3> メリット3.記事が書きやすくなる
見出し構成の作成例(改良版)
ぎょぎょぎょ

具体例を各見出しの本文に提示すると読みながら把握しやすいですよ。

ステップ5:潜在ニーズを解決する

続いて、記事の後半部分となる「潜在ニーズを解決する見出し」を考えましょう。

基本的な考え方は、顕在ニーズと同じです。

検索キーワード「ブログ 見出し 作り方」の潜在ニーズ
  • 初心者なので自分の作成方法が正しいかどうか分からない
  • マネできる参考例やテンプレートが欲しい
  • 正しい作り方を駆使して成果を出したい
スクロールできます
<H2> 初心者が失敗しないための注意点
 <H3> 注意点1.関連性のない見出しを含めないこと
 <H3> 注意点2.タイトルに句読点を含めないこと
 <H3> 注意点3.単語だけの端的な見出しは避けること
<H2> 検索順位の成果を上げるSEOとは
 <H3> 検索エンジンに伝わるタイトルを意識する
 <H3> SEOで意識したいポイント
  <H4> ポイント1.Hタグの階層を守ろう
  <H4> ポイント2.検索キーワードは先頭に入れよう
<H2> ブログ見出しのテンプレートを紹介
 <H3> キーワード「○○ ××」で見出し構成を作ってみた
見出し構成の作成例

見出し構成のアイデアが浮かばないときは、以下の構成に当てはめて考えてみましょう。

H2タグ:解決策の概要を解説する
H3タグ:解決策の詳細を手順やポイントに分けて解説する

ステップ6:独自要素を考える

ある程度の見出し構成が完成したら、競合サイトにない独自要素を検討しましょう。

競合サイトと類似した記事を作成しても、検索結果の上位表示は獲得できません。

独自要素の一例
  • 競合サイトで紹介していないテーマ
  • 執筆者や専門家の意見など主観に基づく体験談
  • 独自アンケート結果や統計情報などのデータ(表やグラフで解説)

独自要素は「競合サイトでは得られない情報」が基本です。

たとえば執筆者自身の体験談や専門家への取材内容などを活用すれば、記事テーマに関するモデルケースを紹介できます。

スクロールできます
<H2> ブログ歴〇年で見出し構成を改善した方法【実体験】
 <H3> 効果があった取り組み|検索順位が2桁から1桁に!
 <H3> 成果が出ないときに取り組んだこと
 <H3> 参考になったおすすめ書籍
見出し構成(「ブログ 見出し 作り方」の独自要素)
ぎょぎょぎょ

自分自身が「どのようにスキルアップしたか」のモデルケースは、執筆者本人しか書けないたった一つのコンテンツですよ!

ステップ7:締めの見出しを考える

最後に締めの見出しを考えましょう。

締めの見出しを考えるポイントは、以下のとおりです。

  • 検索キーワードを入れること
  • 読者のアクションを後押しすること
  • 「最後に」「まとめ」で締めないこと
  • ポジティブな言葉を選ぶこと

見出しタイトルに「まとめ」や「最後に」とつけるのはおすすめできません。

読者に「この見出しはまとめですよ」と伝えることに意味がないからです。

ほかの見出しと同様に、本文で伝えたいことがわかるタイトルをつけましょう。

見出し構成の作成例(まとめ)

ブログ見出しの作り方を参考にしながら記事を書いてみよう!

締めの見出しでは「読者のアクションを促すこと」がポイントです。

たとえば、検索キーワード「ブログ 見出し 作り方」であれば、記事を読んだ後のアクションは「作り方を実践する(記事を書く)」と想定できます。

アクションを想定して「記事を書いてみよう!」と促すことで、記事の書き方を解説する関連記事を自然な流れで紹介できるでしょう。

【まとめ】「ブログ 見出し 作り方」で見出し構成を作ってみた

各ステップで解説した検索キーワード「ブログ 見出し 作り方」の見出し構成をまとめてみます。

各見出しの文字数を200~300文字とした場合、全体で5,000~7,500文字の記事となります。

ぎょぎょぎょ

あくまで参考例ではありますが、いつもこんな感じで見出し構成を作成しています。

見出しタイトルを考える3つのポイント

見出しタイトルを考える3つのポイント

見出し構成の書き方が理解できたところで、見出しタイトルの考え方も覚えておきましょう。

  • 本文の結論を書く
  • シンプルに書く
  • 数字を入れる

見出しタイトルに「正解」はありません。

基本的には自由にタイトルをつけても問題ないのですが、上記3つのポイントを意識するとスッキリします。

1.本文の結論を書く

見出しタイトルの理想は、本文を読まなくても内容が伝わることです。

読者は求めている情報があると知って、ようやく本文を読んでくれます。

見出しで結論がわかっちゃうと、本文を読んでくれないんじゃない?

見出しタイトルで結論がわかれば、読者は本文を読まずに解決できる可能性もあります。

しかし、理由や根拠がわからなければ、結論に納得できないはずです。

見出しタイトルに結論を入れる目的は、あくまでも「ここに詳細を記載してますよ!」と伝えることだと理解しましょう。

2.シンプルに書く

見出しタイトルでは、要点をシンプルに伝えましょう。

  • 文字数は20~30文字
  • 余計な句読点や装飾を入れない
  • シンプル過ぎもNG

読者は本文と同様に、見出しも読みたくないのです。

最近はスマホで閲覧するユーザーも増えているので、シンプルな見出しタイトルを心がけましょう。

3.数字を入れる

見出しタイトルには、数字を入れることも効果的です。

たとえば、先述した「見出し構成の作り方」では、7ステップであることを明記しています。

読者が本文を読む前に「覚えることは7つだけ」と意識することが、心理的なハードルを下げる効果につながります。

心理的不安

「7個覚えたら終了」「18時になったら終了」のように、ゴールを把握することは不安の軽減に効果的です。

読者に「めんどくさそうだな」と思わせないことを意識しましょう。

見出し構成を考えるときに注意したいこと

見出し構成を考えるときに注意したいこと

見出し構成に自信のない初心者に向けて、考えるときに注意したいことをまとめました。

  • 競合サイトの寄せ集めでは不十分
  • ポジティブな情報を届ける
  • 不要な情報は逆効果

競合サイトの寄せ集めでは不十分

初心者がやりがちな失敗に「競合サイトのいいとこ取り」があります。

競合サイトを読めばわかるような内容だけでは、検索エンジンが「あえて上位に表示しよう」とは判断しないはずです。

数あるサイトから「わざわざ自分が書いた記事を選んでもらう」ためには、独自のコンテンツが必要不可欠となります。

ポジティブな情報を届ける

見出し構成はポジティブな言葉で作成しましょう。

【ネガティブ】
見出し構成は7つの手順を知らないと初心者には難しい

【ポジティブ】
7つの手順を理解すれば初心者でも見出し構成を作成できる

上記の例では、同じテーマを異なる表現で伝えてみました。

ネガティブな表現を見た読者は「難しいならやめとこうかな…」と諦めてしまうこともあるでしょう。

読者の行動を後押しするためにも、見出しタイトルはポジティブな表現を心がけましょう。

不要な情報は逆効果

記事の内容を充実させようとするあまり、不要な情報まで加えてしまうことは逆効果です。

読者が求めていない情報は、本来伝えるべき情報のノイズ(妨げ)となるので省きましょう。

記事の本筋とズレる内容を解説したい場合は、要点を簡潔に紹介して内部リンクで別記事に誘導するのがおすすめです。

SEOの観点でも「さまざまな情報をたくさん書いた記事」より「本題をムダなく網羅した記事」が評価されます。

ぎょぎょぎょ

不要と感じた情報は、勇気をもって省略しよう。

見出し構成の考え方がわかれば何でも書ける!

見出し構成の考え方がわかれば何でも書ける!

見出し構成は、7つのステップさえ理解すれば初心者でも作成できます。

この記事で解説したように、見出し構成のベースは検索ユーザーと競合サイトをリサーチした情報です。

つまり、見出し構成の作成に必要なことは「執筆ジャンルの知識」や「個性的な表現力」ではなく、読者が求めることを地道な調査で深掘りする泥臭さです。

想像力を働かせる作業もあるので、慣れていない初心者は苦戦してしまいます。

だからこそ、見出し構成を作成できるスキルが身につけば、他人と差をつける武器となるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次