Web記事の検索順位を上げる5つのポイント|仕組みと調べ方を解説

「記事を書いたけど検索順位が上がらない」
「どうすれば検索順位が上がるのか分からない」

Webライターやブロガーの多くは、執筆した記事の検索順位に悩みます。

ぎょぎょぎょ

まさに今現在、僕自身も悩んでいたところです(笑)

一生懸命に書いた記事の検索順位が低いと、想像以上に落ち込みますよね。

本音を言うと「なんであの記事より順位が低いんだよ!」って思うことも多々あります。

そこで今回は「Web記事の検索順位を上げるポイント」をテーマに、検索順位の仕組みや調べ方をまとめてみました。

この記事でわかること
  • 検索順位を上げる5つのポイント
  • 検索順位の仕組み(クローラーとインデックス)
  • 検索順位の調べ方
  • 記事をリライトすべきタイミング
目次

検索順位を上げる5つのポイント

  1. 読者の検索意図に最適化する
  2. SEOライティングを意識する
  3. 記事の表示速度を改善する
  4. スマホ表示に最適化する
  5. 関連記事を追加する

Web記事の検索順位を上げるには、上記5つのポイントを意識すべきです。

先に結論を伝えると、確実に検索順位を上げるような「必勝法」はありません。

検索順位が上がる「見込みのある取り組み」を、地道に実施することがすべてです。

しかし、記事を書くときに意識すべきことを知っておけば、サイト全体の品質を相対的に高められます。

ポイント①|読者の検索意図に最適化する

Web記事の最重要ポイントは、読者ファーストであることです。

  • 読者の「検索意図」を設定する
  • 検索意図に対する「結論」を明記する

Web記事を「だれが何のために読むのか」を明確化しましょう。

ぎょぎょぎょ

「1つの記事で1つの悩みを解決する」が基本。

読者ファーストな記事には、下記3つのコンテンツが必要です。

  1. 読者が悩んでいること
  2. 読者の悩みを解決する結論
  3. 結論を裏付けする情報

商材をベースに「自分が書きたいこと」を優先してしまうと、読者に不要な情報を押し付けてしまうこともあります。

Web記事を書くとき(書き直すとき)は、読者目線で検索意図とマッチしているかどうかを確認してみましょう。

ぎょぎょぎょ

検索意図の調べ方は、別記事で解説しています。

ポイント②|SEOライティングを意識する

検索順位の向上には「SEO」の観点が必要不可欠です。

SEOとは

「Search Engine Optimization」の略語。直訳すると「検索エンジン最適化」です。

SEOライティングは、検索エンジンに最適化したライティング手法を表しています。

検索順位を決めるのは、検索エンジンのアルゴリズム(評価基準)です。

そのため「読者+SEO」を意識して記事を執筆しましょう。

ぎょぎょぎょ

SEOライティングの詳細は、別記事で解説しています。

ポイント③|記事の表示速度を改善する

Web記事の表示速度は、検索順位に影響を与える要素です。

Googleは、下記のとおり公表しています。

検索ユーザーはできるだけ早く質問に対する答えを見つけたいと考えています。研究によると、ユーザーはページの読み込み速度を非常に気にかけています。読み込み速度これまでもランキング シグナルとして使用されていましたが、デスクトップ検索を対象としていました。そこで 2018 年 7 月より、ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素として使用することになりました。

Google 検索セントラル|ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します

表示速度が遅いWebページは、閲覧ユーザーにストレスを与えてしまいます。

そして、ストレスを感じたユーザーは、ほかのWebサイトへ離脱してしまうでしょう。

表示速度の確認方法

PageSpeed Insights

Web記事の表示速度は「PageSpeed Insights」で確認できます。

PageSpeed Insightsの操作手順
  1. 入力ボックスに確認したいページURLを入力する
  2. 「分析」ボタンをクリックする
  3. 分析結果(モバイルとパソコン)が表示される
PageSpeed Insightsの分析結果

分析結果は、下記の3段階で評価されます。

  • 〇|速い(90-100)
  • □|普通(50-89)
  • △|遅い(0-49)

分析結果が「速い」であれば、表示速度に概ね問題はありません。

「遅い」または「普通」の場合は、表示速度の改善が必要です。

表示速度の改善方法

表示速度の改善

表示速度の改善は、分析結果の「改善できる項目」を参考にします。

ただし、専門知識や複雑な設定を必要とするものもあるため、着手しやすい項目だけ対応しましょう。

ぎょぎょぎょ

以下は比較的対応しやすい対策の一例です。

表示速度の改善方法
  • 画像ファイルを圧縮する
  • 画像の遅延読み込みを実装する
  • 不要なJavaScriptやCSSを削除(コメントアウト)する

ポイント④|スマホ表示に最適化する

Web記事が「スマートフォンで快適に表示できるかどうか」は、検索順位に影響を与える要素です。

Googleは、下記のとおり公表しています。

Google では引き続き、モバイル フレンドリーなコンテンツを作成することをウェブ担当者様におすすめします。Google は、インデックスに登録されているあらゆるコンテンツ(パソコン版とモバイル版の両方)を評価して、モバイルへの対応度を判断します。この評価方法は 2015 年以降、モバイルでコンテンツを検索しているユーザーに対して、モバイル フレンドリーなコンテンツがさらにパフォーマンスを発揮するのに役立っています。

Google 検索セントラル|モバイルファースト インデックスの展開

モバイルファーストインデックスは、スマホサイトを評価基準とする施策です。

2015年に「モバイル検索の割合が過半数を突破した」とGoogleが発表したように、主流となったスマホ検索が重視されています。

モバイルフレンドリーの確認方法

モバイルフレンドリーテスト

Webページがモバイルフレンドリーかどうかは、GoogleSearchConsoleの「モバイルフレンドリーテスト」にて確認できます。

モバイルフレンドリーテストの操作手順
  1. 入力ボックスに確認したいページURLを入力する
  2. 「URLをテスト」ボタンをクリックする
  3. 分析結果が表示される

「ページはモバイルで利用できます」の分析結果が表示されれば問題ありません。

ぎょぎょぎょ

一般的なWordPressのテーマは、モバイル表示に対応しています。

モバイルフレンドリーの改善方法

分析結果にエラーがある場合は、指摘に従い修正する必要があります。

よくあるエラー項目
  • テキストが小さすぎて読めません
  • クリック可能な要素同士が近すぎます

スマホ画面はパソコンと比べて小さいため、フォントサイズは「14~18px」程度がおすすめです。

また、クリックの誤操作を防ぐため、リンクやバナーの間隔を広げましょう。

パソコンのブラウザ表示を前提としたプログラムは、スマホ表示に対応していないこともあります。

ユーザーの誤操作を引き起こす原因となるので、HTMLやCSSをカスタマイズする場合はスマホ表示も確認しましょう。

ぎょぎょぎょ

GoogleChromeなら「F12」キーでスマホ表示を確認できますよ。

ポイント⑤|関連記事を追加する

トピッククラスターで階層を整理

Web記事の評価を高めるためには、関連記事の追加も効果的です。

関連する記事同士を内部リンクすることで、クローラーが巡回しやすくなります。

関連性のある記事群を戦略的にまとめたものが「トピッククラスター」です。

内部リンクによりサイト構造が整理され、相対的な評価の向上を期待できます。

ぎょぎょぎょ

Web記事は「団体戦」が基本。

検索順位の仕組み|クローラーとインデックス

検索順位は、以下の仕組み(流れ)で決定します。

  1. クローラーがWebを巡回して情報収集する
  2. 収集した情報をインデックスに整理する
  3. アルゴリズム(評価基準)により検索順位が決まる

より効果的に検索順位を上げるためにも「クローラーとインデックス」の仕組みを把握しておきましょう。

クローラー|Webを巡回して記事を発見する

クローラーとは

クローラーは、Webサイトを巡回して情報収集するロボット(bot)です。

以下のような、検索順位を決定するための情報を収集します。

  • HTML・CSSデータ
  • テキストデータ
  • JavaScriptデータ
  • 画像・PDFデータ

クローラーが巡回していないページは、検索結果に表示されません。

Web記事を制作したら、まずはクローラーに巡回させることが必要です。

クローラーが巡回したかどうかを確認する方法

クローラーが巡回したかどうかは、下記2種類の方法で確認できます。

  1. GoogleSearchConsoleを使用する
  2. 「site:」検索を使用する
GoogleSearchConsoleでの確認手順
  1. GoogleSearchConsole画面上部の入力ボックスに確認したいページURLを入力する
  2. 画面ステータスが「URL は Google に登録されています」であれば巡回済み
    ※未登録であれば「インデックス登録をリクエスト」ボタンをクリックする
「site:」検索での確認手順
  1. Google検索の入力ボックスに「site:http://…(任意のURL)」と入力する
  2. 検索結果に入力したURLの該当ページが表示されたら巡回済み

クローラーに巡回させるポイント

クローラーに効率よく巡回させるには、下記2種類の方法が効果的です。

  1. GoogleSearchConsoleの「URL検査ツール」を使用する
  2. 内部リンクで巡回経路を増やす
URL検査ツールの操作手順
  1. GoogleSearchConsole画面上部の入力ボックスに確認したいページURLを入力する
  2. 「インデックス登録をリクエスト」ボタンをクリックする
    ※巡回済みでもリクエスト可能

Web記事を内部リンクでつなぐことで、クローラーの巡回経路を増やせます。

クローラーの巡回頻度が増すことは、記事の追加・更新が頻繁に発生する場合に効果的です。

インデックス|発見した記事をデータベースに登録する

インデックスとは

インデックスは、クローラーが情報収集した記事情報を格納するデータベースです。

インデックスに格納された記事は、以下のような200以上の評価基準でランク付けされます。

  • タイトルやURL内にキーワードが含まれているか
  • キーワードがどのような頻度や位置で出現するか
  • コンテンツの鮮度(最新情報や更新頻度)はあるか
  • モバイルフレンドリーに対応しているか
  • Webサイト全体の品質が高いかどうか

ただし、明確な評価基準や仕組みは公表されていません。

そのため、それぞれの評価基準をすべて把握することは困難です。

ぎょぎょぎょ

先述の「検索順位を上げる5つのポイント」で示したような
基礎を理解することが大切です。

評価基準は読者ファーストを重要視している

Googleでは、検索ユーザーにとって最も役立つコンテンツが上位に表示されるべきだと考えています。

検索ユーザーにとって最も役立つコンテンツとは?
  • 読者の検索意図に適したコンテンツ
  • 読者が信頼できるコンテンツ
  • 読者に共有(拡散)されるコンテンツ

Web記事は、検索ユーザー(読者)のために書くことが大前提です。

執筆者の利益や自己満足を優先した記事は、検索結果に表示するメリットがありません。

検索順位の評価パターンはさまざま

検索順位はさまざまなパターンで推移する

公開したWeb記事の検索順位は、さまざまなパターンで推移するようです。

僕自身が公開した記事で調査したところ、以下のようなパターンを確認できました。

公開直後
  • すぐに検索上位(1~10位)へ表示されるパターン
  • 検索下位(20位以下)へ表示されるパターン
公開後の推移
  • 急上昇(急降下)するパターン
  • じわじわと上昇(下降)するパターン
  • ほとんど上下しないパターン
    (ゆるやかに上下を繰り返す)

Web記事の公開直後は、検索エンジンのアルゴリズムが評価している段階です。

  • どの検索キーワードで表示すべき?
  • ページを見たユーザーの行動は?
  • 競合するページはどれくらいある?

個人的な憶測ではありますが、Web記事の内容によって、さまざまな計測方法を試行しているように思います。

上位のページと内容が似ているから、
あえて上位表示して「ユーザーの行動スコアが高いほう」を残そう。

記事の情報量が多いから、
まずは下位表示して内容を詳しく分析しよう。

検索エンジンのアルゴリズムは、改善のためのアップデートを繰り返しています。

つまり、万能ではありません。

公開直後の順位に一喜一憂せず、半年程度は推移を観察するのが得策です。

ぎょぎょぎょ

公開直後に順位が低くても「質が悪い」とは限らないはず。

検索順位の調べ方

Web記事の検索順位を調べる方法は、以下の4種類が一般的です。

無料
  1. 検索順位チェッカー
  2. Googleサーチコンソール
有料
  1. GRC
  2. Rank Tracker

無料①|検索順位チェッカー

検索順位チェッカーは、検索順位をチェックできるWebツールです。

対象記事の100位までの順位を、最大5つのキーワードで取得できます。

良いところ
悪いところ
  • 無料・登録不要で利用できる
  • スマホの検索順位も取得できる
  • 取得結果をCSVに保存できる
  • 検索順位の推移は参照できない
  • 結果の取得に失敗することがある
  • 6つ以上のキーワードをまとめて調査できない
確認方法
STEP
チェック内容を入力する
  1. 対象記事のURLを入力する
  2. 検索キーワードを入力する(最大5つ)
  3. 「スマホ版もチェックする」をチェックする
  4. 「チェック」ボタンをクリックする
STEP
取得結果を確認する

検索キーワードごとの検索順位が表示されます。

取得結果を保存したい場合は「CSV形式でダウンロード」をクリックしましょう。

※検索順位が100位より低い場合は”圏外”と表示される。

※”取得失敗”と表示された場合は「再チェック」をクリックする。

無料②|Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールは、Webサイトの検索パフォーマンスを分析できるWebツールです。

Webサイトへの検索流入を分析する機能から、キーワード別の検索順位を確認できます。

良いところ
悪いところ
  • 無料で利用できる
  • 取得結果を保存できる
    (Excel・CSV・スプレッドシート)
  • 過去16ヶ月間のデータを見られる
  • 実際に流入のある検索キーワードを把握できる
  • 確認できるのは実際に検索されたキーワードのみ
  • 当日・前日の結果は確認できない
  • 確認できる検索順位は平均値のみ
確認方法
STEP
検索パフォーマンスを表示する
  1. 「検索パフォーマンス」をクリックする
  2. 任意の期間を選択する(最大16ヶ月)
  3. 「平均検索順位」をクリックする
STEP
検索順位を確認する

検索キーワードごとの掲載順位が表示されます。

取得結果を保存したい場合は「エクスポート」をクリックしましょう。

※集計期間を範囲選択している場合は平均値が表示される。

有料①|GRC

GRCは、検索エンジン(Google、Yahoo、Bing)ごとの検索順位を調査し、履歴を記録するチェックツールです。

複数の検索キーワードで、毎日の検索順位を自動集計できます。

良いところ
悪いところ
  • 大量のキーワードを自動集計できる
  • 検索順位の履歴を記録できる
  • 一覧やグラフ表示など視覚的に把握できる
  • 無料プランも利用できる
  • 端末へのインストールが必要
  • PC版とスマホ版が別対応
  • Macで利用する場合は別途設定が必要
スクロールできます
無料ベーシックスタンダードエキスパートプロアルティメット
月額料金
(税込)
495円990円1,485円1,980円2,475円
年間料金
(税込)
4,950円9,900円14,85019,800円24,750円
URL数15505005,000無制限
検索語数105005,00050,000500,000無制限

有料②|Rank Tracker

Rank Trackerは、Webサイトの検索順位や被リンクなど、SEOの総合的なデータを分析するWebツールです。

自サイトの検索順位をチェックできるだけでなく、競合サイトの調査や監査もできます。

良いところ
悪いところ
  • SEOを総合的に分析できる
  • スマホで閲覧できる
  • よく使う操作を自動化できる
  • 競合サイトも調査できる
  • サイト登録が必要
  • 機能が多いので難しさを感じることもある
スクロールできます
無料PROFESSIONAL
(個人向け)
ENTERPRISE
(法人向け)
年間料金299ドル499ドル
URL数500無制限無制限
検索語数無制限無制限無制限

記事をリライトすべきタイミング

公開した記事の順位が上がらないときは、どのタイミングでリライトすればいい?

リライトすべきタイミングは、個人的にも気になる疑問です。

しかし、どのタイミングが正解かどうかは、調査しても明確な答えを見つけられませんでした。

ぎょぎょぎょ

記事の内容や選定したキーワードによって、
検索順位の判定に差が生じることも想定できるからです。

そこで、個人的に投稿した記事の検索順位を調査しながら、

  • どのタイミングで
  • なにをすべきか

を自分なりの観点で分析してみました。

ぎょぎょぎょ

明確な正解があるわけではないので、
あくまでも一例として参考にしてください。

投稿から半年以内|順位の変動をチェックする

記事の投稿から半年以内は、検索順位の変動をチェックしましょう。

検索順位は、基本的に上位表示されるまで時間がかかります。

とくにサイト全体の記事数が少ない時期は、記事の内容にかかわらず順位が上がらないことも考えられます。

検索順位が圏外から急浮上のパターン

上記の記事は、2022年2月6日に公開後、3ヶ月ほど「圏外(100位以下)」でした。

しかし、3ヵ月後の2022年5月7日に突如「17位」まで急浮上しています。

この間は修正や追記といったリライトをせず、ひたすら新規記事を追加していました。

ぎょぎょぎょ

投稿直後の検索順位で、すぐに結果を求める必要はありません。
個人的には新規記事(関連記事)を増やすことが重要でした。

投稿から半年以降|検索順位の推移で判断する

記事の投稿から半年以降は、検索順位の推移から対応を判断しましょう。

ただし、サイト全体の記事数が50記事未満の場合は、新規記事の追加を優先すべきです。

サイト全体の記事数が

50記事以上:リライトを検討する

50記事未満:新規記事(関連記事)を増やす

リライトしてから1ヶ月後に検索順位が上昇

リライトを検討する場合は、3ヶ月~半年程度の検索順位の推移で対応するかどうかを判断します。

リライトすべきパターン
  • 検索順位が下がっている
  • 検索順位が停滞している
    (わずかに上がったり下がったりを繰り返す)

ゆるやかに上昇:新規記事(関連記事)を増やす

上昇:新規記事(関連記事)を増やす

新規記事を増やすべきパターン
  • 検索順位がゆるやかに上昇している
  • 検索順位が上昇している

自サイトの記事(約100記事)で、検索順位の推移を調査してみました。

検索順位が半年ほど「下がっている」または「停滞している」状態では、上昇に転じることはありませんでした。

長期的にじわじわと上昇するパターン

検索順位がゆるやかに上昇している記事は、短期的には停滞しているように見えます。

しかし、長期的な推移を見てみると、じわじわと上昇していることもありました。

ぎょぎょぎょ

GRCのようなグラフ表示できるツールがあると便利ですよ!

【例外】検索順位が急激に上がったり下がったりすることがある?

カニバリゼーションが発生しているパターン

検索順位を調べていたところ、数十位単位で上がったり下がったりを繰り返すパターンが見つかりました。

このような順位変動を見せる要因は、記事の内容ではなく「カニバリゼーション」を疑いましょう。

カニバリズムとは

「共食い」を意味する言葉。

サイト内の類似記事が同一キーワードで競合してしまい、検索順位を取り合ってしまう現象。

「Webライター 自己PR」のキーワードでは、下記3つの記事が競合していました。

本来であれば「Webライターが自己PRに書くべき7つのこと|初心者向け例文あり」の上位表示を狙っていました。

しかし、いずれの記事も「自己PR」に関する記載があることから、検索表示の奪い合いが発生してしまったようです。

ぎょぎょぎょ

想定していないキーワードで検索表示されてしまう場合は、
対象の記事から該当キーワードを減らしてみましょう。

結論|読者ファーストが大切(検索順位にこだわりすぎないこと)

Web記事を制作するうえで、検索順位を上げる取り組みは必要不可欠です。

しかし、検索順位を上げること(とくに上位表示)は、競合サイトも同様に対策しています。

ぎょぎょぎょ

本音を言うと、対策してもなかなか成果につながりません(愚痴)

だからこそ、一つの記事にこだわるのではなく、関連記事を増やすことへの切り替えも大切です。

記事の品質が良くても、サイト全体のパワー不足で順位が上がらないこともあります。

急いで結果を求めるのではなく、読者に役立つ記事を書くことに集中しましょう

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次