Webライターは大学生のアルバイトにおすすめ|経験が将来につながる

Webライターは大学生のアルバイトにおすすめです。

在宅ワークで好きな時間に稼げることはもちろんですが、何よりもWebライターの経験は大学生の将来を広げてくれます

この記事を読むとわかること
  • 大学生がWebライターを経験するメリット
  • Webライターをおすすめできる人・できない人の特徴
  • Webライターの仕事を始める方法
  • Webライターの経験が将来どのように役立つのか
  • 大学生の立場で気になるQ&A

Webライターの始め方や経験することのメリットを、現役Webディレクターの観点で解説します。

目次

Webライターは大学生のアルバイトにおすすめ

Webライターは、大学生でもアルバイトとして始められる職業です。

パソコンとネット環境があれば自宅でも作業できることから、社会人の副業としても注目を集めています。

そして、Webライターの仕事は「文章を書くこと」です。難易度の高い特別なスキルを必要としないため、大学生でも比較的チャレンジしやすいでしょう。

Webライターは稼げない?

ひとつだけ先にお伝えしておきます。アルバイトの目的が「たくさん稼ぎたい」であれば、Webライターを始めることはおすすめできません

Webライターの仕事は意外と時間がかかるし、難易度に合わせて単価も低く設定される傾向にあるからです。

それでも、Webライターの仕事はおすすめできます。稼ぐこと以外のメリットに、きっと価値を感じられるでしょう。

大学生がWebライターを経験する5つのメリット

大学生がWebライターを「経験すること」には、以下5つのメリットがあります。

  • 文章を書くスキルが得られる
  • パソコンを使いこなすスキルが得られる
  • Web制作へのキャリアが広がる
  • フリーランスの働き方を体感できる
  • 自分の書いた記事で人の役に立てる

大学生は遊びも学びも「経験」が財産となる時期です。

せっかくの機会なので、学生時代に経験したことは将来に活かしましょう。

ぎょぎょぎょ

料理人を目指すために、厨房のアルバイトで経験を積むような感覚だね。

1.文章を書くスキルが得られる

Webライターの業務をこなすことは、文章力のスキルアップに効果的です。

少しだけ言い方を変えると、想いを文章で伝えるための書き方(言葉の選び方)を理解できます

文章で相手に想いを伝えるスキルは、社会人としても学生としても重宝します。

  • ビジネスメール
  • 企画書・提案書
  • プレゼンテーション資料
  • 業務マニュアル
  • レポート資料

リモートワークの普及で対面のコミュニケーションが減っていることから、今後は文章で伝えるスキルがより重要視されるでしょう。

ぎょぎょぎょ

文章にするとなぜか伝わらないことってあるよね…

2.パソコンを使いこなすスキルが得られる

Webライターの業務で習得できるスキルは、文章力だけではありません。

パソコンやWebを利用することから、幅広い職種で活用できるスキルもあります。

  • タイピングスピードの向上
  • Webサービスやツールの活用方法
  • 基本的なビジネスマナーが身につく

Webライターのおもな作業は、パソコンで文章を入力することです。

何度も繰り返すことで、自然とタイピングに慣れてスピードも向上します

ぎょぎょぎょ

長文を書くレポート課題にも活かせますよ!

また、多くの企業が採用しているWebサービスを業務で使用できます。

とくにChatWorkやZoomは、コミュニケーションツールの代表例です。使い方を知っておいて、損はありません。

クライアントとは連絡を取り合う機会が増えることで、社会人としてのビジネスマナーを身につけられることも大きなメリットです。

ぎょぎょぎょ

テクニックをマネするのが上達への近道!

3.Web制作へのキャリアが広がる

Webライターとして「Web記事」を制作する仕事に携わることは、さまざまな職種を知るきっかけとなります。

WebライターWeb記事の原稿を執筆する役割
WebデザイナーWeb記事のデザイン(デザイン・配色)をつくる役割
WebエンジニアWeb記事をインターネット上へ仕様通りに表示する仕組みをつくる役割
Web編集者記事をサイト公開できるよう編集する役割
(添削、修正、入稿など)
Webディレクター記事制作をプロジェクト管理する役割
(進捗管理、クライアント対応など)
WebマーケターWebを使って企業の売上アップや販売促進に貢献する役割
WebコンサルタントWebを使って情報発信したい企業へのアドバイスやサポートする役割

Web記事の制作には、さまざまな役割をもつ担当者が関わっています。

Webライターとしての経験値を活かせる職種もあるので、キャリアの選択肢を広げることも可能です。

ぎょぎょぎょ

ぎょぎょぎょもWebライターからWeb編集者を経て、現在はWebディレクターとして活動中です!

4.フリーランスの働き方を体感できる

Webライターの働き方はフリーランスと一緒?

Webライターの仕事は「パソコンとネット環境」があれば、自宅でも喫茶店でも場所を選ばずに対応できます。

好きな場所で仕事をする「ノマドワーカー」的な働き方は、まさにフリーランスそのものです。

最近では「働き方革命」といった言葉もあるように、副業やフリーランスなど多様な働き方が注目を集めています。

学生時代から一足先に「フリーランスっぽい働き方」に慣れておくことも、今後の役に立つでしょう。

5.自分の書いた記事で人の役に立てる

Webライターの書いた記事は人の役に立っている

Webライターが書いた記事はWebサイトに投稿され、さまざまな人の疑問や悩みの解決に役立ちます。

困ったときに調べて参考にしたWeb記事は、Webライターが書いているものです。

自分の書いた記事がインターネットを通じて、顔も名前も知らない誰かの財産となることは、Webライターとしての大きなやりがいにつながります。

Webライターのアルバイトをおすすめできる人

以下の特徴に該当する人は、Webライターをアルバイトに選ぶことをおすすめします。

  • 文章を書くことが好き
  • Web記事やブログに興味がある
  • スキマ時間に稼ぎたい
  • バイト先に出勤するのが面倒くさい
  • 接客サービスに苦手意識がある

仕事をこなすうえで「自分に合っているかどうか」は重要なポイントです。

Webライターに挑戦する前に、まずは自分の特徴と比較してみましょう。

文章を書くことが好きな人

Webライターは「文章を書く仕事」です。

文章を書くことが好きな人は、仕事を楽しめるでしょう。

ぎょぎょぎょ

「文章を書くこと」の種類は、何でも構いません。

とにかく画面に向かって文字を入力する作業に負担を感じないことが大切です。

  • 論文を書く
  • レポートを書く
  • 日記やブログを書く
  • ストーリーを書く
  • ポエムを書く

上記の「書く作業」は、それぞれ記載する内容が異なります。

しかし、記載する内容を頭で考え、文章に変換して入力する作業は共通です。

ぎょぎょぎょ

ぎょぎょぎょはライティング業務してブログも書いて…どんだけ文章を書いたんだろう?

Web記事やブログに興味がある人

Web記事やブログを読む機会が多い人

普段からWeb記事やブログを読む機会が多い人は、Webライターの仕事を楽しめます。

たとえば観光スポットを紹介するWebサイトを見て「楽しいな」と感じることがあれば、同じような記事の制作を目指してみてください。

Webで記事を公開する一番の目的は「読者の役に立つこと」です。

自分自身が「楽しい」「参考になった」と感じた記事は、ほかの誰かも同じ感情を抱いています。

普段からWeb記事やブログを活用している人は、これから「活用してもらう立場」で活躍するのも素敵ですよ!

スキマ時間に稼ぎたい人

Webライターはスキマ時間で作業できるので、学業や趣味の時間を優先したい人におすすめです。

クライアントと連絡を取る頻度も少なく、1日1〜2時間程度で無理なく働けます

そもそもWebライターには副業や在宅ワーカーが多いため、クライアントもスキマ時間に働くことを考慮しています。

比較的ゆるやかな納期を設定することも多く、学業を優先しやすい仕事です。

バイト先に出勤するのが面倒くさい人

バイト先に行くのがめんどくさい

Webライターの仕事は「自宅で対応できること」が大きなメリットです。

わざわざバイト先に行って、シフトの時間に拘束される必要はありません。

ぎょぎょぎょ

自宅では集中できないと感じる場合は、大学の学習室や図書館も活用できます。

クライアントとの連絡や原稿の納品にはネット環境が必要ですが、文章を執筆する作業はどこでも対応可能です。

好きな時間に好きな環境で働きたい人は、Webライターの仕事をおすすめします。

接客サービスに苦手意識がある人

接客サービスや対面でのコミュニケーションなど、人と話をすることに苦手意識を感じる人にWebライターの仕事はおすすめです。

ぎょぎょぎょ

接客どころか人と話す機会すらほとんどありません。

基本的には画面に向かって黙々と文章を入力します。

ガヤガヤした環境より一人でいるほうが集中できる人は、余計なプレッシャーを感じることも減るでしょう。

ただし、一部の案件やクライアント次第では、Zoomを活用した以下のような対面コミュニケーションを実施する場合もあります。

  • ミーティング(業務説明)
  • 取材対応
  • 勉強会

ライティングスキルの勉強会を実施することもあるので、必要に応じて参加してみるのもおすすめです。

ぎょぎょぎょ

ぎょぎょぎょが所属する企業は、ライターの課題解決を目的としたZoom勉強会を実施しています(たまに講師してます)

Webライターのアルバイトをおすすめできない人

以下の特徴に該当する人は、Webライターをアルバイトに選ぶことをおすすめできません。

  • 地道な作業が苦手
  • チームで協力することが好き
  • 月10万円くらい稼ぎたい
  • 意志が弱い(サボり癖がある)

Webライターに限らず、自分に合わない仕事をすると精神的に負担を感じてしまいます。

「合わないかも」と感じた場合は、素直に別の仕事を検討しましょう。

地道な作業が苦手な人

Webライターの業務は「文章を書くこと」の繰り返しです。

業務に慣れるまでは文章の書き方に苦戦しますし、記載内容のリサーチに意外と時間がかかります。

PCに向かって一人で黙々と作業することも多いので、やりがいや刺激を感じづらいことも事実です。

ぎょぎょぎょ

お客さんが褒めてくれる機会も少ないので「楽しくない」と感じることもあるかも。

地道な作業や同じことの繰り返しが苦手と感じる場合は、Webライターの仕事が合わない場合もあります。

どうしても挑戦してみたい場合は、定期的な気分転換を取り入れると効果的です。

ぎょぎょぎょ

ぎょぎょぎょは15時になったら散歩で気分転換しています。

チームで協力することが好きな人

チームで仕事するのは楽しい

Webライターの仕事は、基本的に一人で作業を進めます。

チームでアイデアを出し合ったり、困ったときに助け合ったりする機会はそれほどありません。

喜びも苦労も共有しづらいことに物足りなさを感じてしまうこともあるので、チームプレイを重視したい人にはおすすめできません

サポートし合える仲間が欲しい場合は、同級生を誘ったりSNSで同士と交流を深めたりするのも効果的です。

月10万円くらい稼ぎたい人

Webライターの仕事は、稼ぎたいと考えている人にはおすすめできません。

勤務経験がなくスキルも乏しい学生は、理想の金額を稼ぐまでとくに時間がかかります。

ぎょぎょぎょ

学生に限らず、副業で働く社会人もスキルのない状態では稼ぐことに苦労します。

Webライターとして、月5万円以下しか稼げないフリーランスも少なくありません。

就職活動を控える大学生には「業務を経験すること」も大きな価値があります。

将来の幅を広げるためにも、実績づくりを意識してみてください。

意志が弱い人(サボり癖がある人)

明日から本気出す

Webライターの仕事は場所や時間の制約が少なく、自由な働き方で作業できます。

しかし、自由な働き方には「自己管理できる意志の強さ」が必要です

厳しく指導してくれる上司や先輩がいないので、ついつい作業を後回しにして納期直前に追い込まれる人もいます。

ぎょぎょぎょ

口うるさい人がいないのは気楽な反面、自己管理への責任が増します。

「自分がダメなときにケツを叩いてくれる人が必要だ」と思う人は、組織で働ける職場のほうが活躍するチャンスがあるでしょう。

大学生がWebライターの仕事を始める方法

大学生がWebライターの仕事を始める方法は、以下の流れが一般的です。

  • クラウドソーシングサイトに登録する
  • 自己PRを作成する
  • 初心者向けの案件に応募する

クラウドソーシングサイトの利用方法を覚えておくと、将来的に副業するときにも役立ちます。

1.クラウドソーシングサイトに登録する

まずはクラウドソーシングサイトの登録から始めましょう。

Webライターの仕事は、以下2つのサイトから受注するのが一般的です。

  • クラウドワークス:幅広い業種の案件が豊富
  • ランサーズ:ライター向けの案件が豊富

どちらも豊富な案件を誇る大手クラウドソーシングサイトです。初心者向けの案件もあるので、大学生でも十分に活用できます。

アカウントの登録方法は、以下の記事で詳しく解説しています。よかったら参考にしてみてください。

2.自己PRを作成する

充実した自己PRが採用につながる

クラウドソーシングサイトへの登録が完了後は、案件を探す前に自己PRを作成しましょう。

実績やスキルで評価されにくい大学生には、履歴書代わりとなる自己PRの充実が必要不可欠です。

ぎょぎょぎょ

業務未経験の大学生は「なぜWebライターの仕事に挑戦したいのか」のアピールをおすすめします。

将来のビジョンや現状の取り組みを伝えることで、クライアントが興味をもってくれるかもしれません。

また、大学生にポートフォリオの作成は不要です

ポートフォリオは自分のスキルや実績を売り込むための作品集であるため、未経験者は自己PRの内容を充実させることに集中しましょう。

3.初心者向けの案件に応募する

まずは「未経験可」の案件を応募しよう

自己PRが完成したら、さっそくWebライターの仕事を探してみましょう。

未経験者の場合は「未経験可」の案件を探すのがおすすめです。

最初はたくさんの案件から「どれを選べば良いかわからない…」と悩んでしまいます。そのような場合は、以下の基準で選んでみてください。

  • 自分でも書けそうなジャンル
    (知ってる程度で大丈夫)
  • 低単価の案件
    (最初は0.5円程度から)
  • 複数人募集している案件
    (一緒に受注する人がいると気持ちが少し楽になる)

初めて受ける案件は、練習のつもりで挑戦しましょう。とくに未経験者は、最初から上手くできないこともあります。

単価の低い案件や複数人募集している案件など、少しだけ楽な気持ちで受けられるポイントを見つけることも効果的です。

ぎょぎょぎょ

業務に慣れてきたら、少しずつ案件の幅を広げてみましょう!

ライター経験は将来につながるのか|現役Webディレクターの考え

Webライターの経験を活かせる仕事もある

学生時代にWebライターを経験することは、将来のキャリアに大きな影響を与えます。

僕はWebディレクターとして、さまざまなライターさんに業務を発注してきました(今もしています)。

ぎょぎょぎょ

あくまでも個人的な見解ですが、実は学生ライターを高く評価することもあります。

現状を正直に伝えると、学生さんはとてもマジメでしっかりしています。

副業の社会人ライターほど、片手間で適当に対応されることが多いです。

つまり言いたいことは「クライアントは頑張ってくれる学生のこともちゃんと評価している」ってこと。

Webライターはアルバイトじゃなくて就職活動

Webライターって、残念ながら稼ぐのが大変なんです。

「報酬や単価が低いから」って話ではなくて、以下の対応に時間がかかってしまうことに原因があります。

  • 文章を書くことに時間がかかる
  • 執筆内容の調査に時間がかかる

記事の冒頭でも伝えたように、Webライターの仕事はアルバイトじゃなくて就職活動だと思うのが得策です。

Webライティングを活かす職業であればスキルをアピールできますし、それ以外の職業でもビジネス経験を活かせます。

採用ページやコラム記事のWeb集客に数百万円を払う一般企業は山ほどいます。

ぎょぎょぎょ

Webライティングのスキルがある社員って、一般企業でも価値のある存在ですよ!

スキルが評価されるとキャリアパスが広がる

Webライターとしてのスキルが評価されると、Web編集者やWebディレクターなどのキャリアパスが広がります

僕も元々はWebライターから始めて、Web編集者の誘いを受けました。

ぎょぎょぎょ

今はWebディレクターとして活動しています。

少し方向性を変えると、WebマーケターやWebコンサルタントといった選択肢もあります。

いずれにしても、Webライターとしての経験が基礎知識となる職業です。自分にできることの可能性が広がるとワクワクしますよ!

一足先に副業やフリーランスと同じ働き方を体験している

大学生にとってWebライターは「アルバイトの一環」にすぎません。

しかし、やっていることって副業やフリーランスの働き方そのものです。

  • 副業ライターは本業のスキマ時間に業務をこなす
  • 大学生は学業のスキマ時間に業務をこなす

僕がフリーランスのWebライターをしていた頃は、クラウドソーシングサイトで案件を受注していました。

まったく同じ方法を、この記事で大学生向けに紹介しています。

ぎょぎょぎょ

やってること同業者じゃん。

お小遣い稼ぎのアルバイトと思うか、一足早い社会人体験と思うか。

考え方次第で、経験の価値が180度変わるでしょう。

大学生が気になるWebライターへのQ&A

大学生ならではのWebライターへの疑問

ここからは大学生だからこそ気になるような、Webライターへの疑問をまとめてみました。

記事制作で関わっている学生がいたので、チラッと聞いてみた内容も含めています。

本当に未経験の大学生を採用してくれるの?

クライアントの採用基準に「学生かどうか」は、あまり関係ありません。

重要なことは、テストライティングの採用基準を満たしているかどうかです。

  • ライティングの基礎知識があるか
  • 指定したマニュアルに沿って執筆しているか
  • 指定した納期を守って提出したか

初心者ライターは社会人にも多く、学生と比べてもスキルに大きな差はありません。

学生でも社会人でも、採用基準を満たしていれば採用します。

納期に追われることってあるの?

基本的には納期に追い込まれるような発注はしません

ライターさんが納期に追われる状況は、編集者側としても困るからです。

ライターさんに原稿の執筆を依頼するときは、事前に対応の可否とスケジュールの都合を相談します。

「この日程ならできそうだな」と判断したときだけ、案件を受注して問題ありません。

アルバイトでも確定申告は必要ですか?

大学生でも年間収入が20万円を超えた場合に確定申告が必要です。

確定申告の方法がわからない場合は、税務署で相談しながら手続きを進められます。

ブログも同時に始めたほうがいい?

ブログは興味があれば始める程度の認識で大丈夫です。

ブログを運営しているからといって、Webライターの仕事に特出したメリットは得られません。

ブログを始めることで得られるメリットは、以下が挙げられます。

  • ライティングを練習できる
    (仕事で得た知識を試せる)
  • WordPressの使い方を覚えられる
  • 成果が実績となる(PV数・収益など)

WordPressは少なからず費用が発生するので、ライティング業務に本腰を入れるタイミングに検討するのがおすすめです。

ぶっちゃけ遊びや趣味を優先してもいい?

ハッキリ言います。大学生は遊びや趣味を優先してください

時間に余裕のある大学生のうちに「一番やりたいこと」をやりきらないと後悔します。

ぎょぎょぎょ

本音を言うと何を優先したって「あれやっとけば良かった」って後悔するよ。

Webライターの経験が大学生の将来を広げてくれる

Webライターの経験が大学生の将来を広げてくれる

Webライターの仕事は、大学生のアルバイトとしておすすめです。

ただし、その理由はたくさん稼げるからではなく、経験値が将来の幅を広げてくれるからです。

Webライターの経験は、Web制作の業種で活躍するチャンスを増やしてくれます。

別業種で働く場合も、基本的なビジネススキルを得られるでしょう。

一般的なアルバイトのように雇用契約を結ぶわけではありません。業務が自分に合わないと感じたら、すぐに別の方向へ切り替えられます。

Webライターの仕事は簡単に挑戦できるので、お試し程度に初心者向けの案件から始めてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次