Webライターに資格は必要?今後は重要視される可能性あり

Webライターは資格がなくても問題なく取り組める職業です。基礎的なスキルは業務の実績を積み重ねることで、自然に習得できます。

しかし、リモートワークが普及した現在では、Webライターの評価基準が変わりつつあります。

誰でもできる職業だからこそ、特出した強みがないと「その他大勢」に埋もれてしまう時代が来るでしょう。

そのような状況を打開するためにも、確かなスキルをアピールできる資格取得に注目することをおすすめします。

目次

Webライターは資格がなくても「今は」問題なし

Webライターの仕事は、資格がなくても問題なくこなせます。Webライティングの基本スキルであれば、業務を経験しながら自然に習得可能です。

ぎょぎょぎょ

じゃあ、資格なんて取らなくてもいいの?

Webディレクターの立場としても、資格の有無より「実績や成果」を重視する傾向にあります。資格がなくても活躍するWebライターがいるからこそ、重要視されていない現状です。

Webライターが増えるにつれて採用基準は厳しくなる

リモートワークの普及により「自宅でできる仕事」が注目を集めています。とくにWebライターは誰でも挑戦しやすいことから、学生や主婦からも人気です。

しかし、ライター向け案件の応募倍率が高まったことで、クライアントの採用基準は厳しくなりつつあります。応募者が殺到する好条件な案件ほど、ふるいにかけるための判断材料が必要です。

クライアントの採用基準は厳しくなる可能性あり
  • テストライティングの難易度が上がる
  • 資格保有者を優先する
  • 採用媒体や方法が変わる
    (クオリティ重視の媒体に移行)

今後は資格の有無が重要視される可能性あり

今後は資格の有無が重要視される可能性あり

今後はライティングの資格が、採用の決め手となる可能性があります。似たようなスキルを持つWebライターが増えていることから、裏付けできる根拠が求められると想定できるからです。

誰でも携われる職種であるからこそ、ライバルに勝るアピールポイントがないとふるいにかけられてしまいます。スキルを裏付ける根拠の一つとして、資格の価値が高まるでしょう。

資格取得にはどのようなメリットがあるのか?

今はあまり実感できないかもしれませんが、今後のことを考えると資格取得にはメリットがあります。

  • ライターとしての強みが増える
  • スキルアップにつながる

Webライターを続ける限り、学んだことは貴重な財産です。しかし、Webライターを本気で続ける意思がないと、資格取得が無駄となってしまうこともあります。

ぎょぎょぎょ

資格取得はお金と時間がかかるからね。

資格を取得するかどうかにかかわらず、プロとして活躍するためには「学び続ける姿勢」が必要です。学んだ証を資格として残すことは、大きなメリットにつながります。

ライターとしての強みが増える|ライバルとの差別化

ライターとしての強みが増える

資格を取得することで、他ライターにはない強みが増えます。

多くのWebライターは資格を重要視していません。だからこそ、資格取得のために学んだことや取り組みがライバルとの差別化に効果的です。

今後Webライターが増えるにつれて、平均的なスキルではアピールが難しくなります。資格を取得することは、スキルを裏付ける根拠として信用を得られるでしょう。

勉強しながらスキルアップできる

勉強しながらスキルアップできる

資格を取得するために学んだことは、Webライターの仕事に活かせます。ライティングスキルだけではなく、Web媒体を効果的に活用する対策(SEOや倫理など)も学べます。

不特定多数の人々に届くWeb記事は、適切な文章を意識すべきです。そして、集客を目的とするWebライティングには、文章でのコミュニケーションスキルも必要となります。

文章力やリテラシーなど、Webライターとして実践できるスキルを体形的に学びながらスキルアップできるでしょう

Webライターにおすすめな5つの資格

Webライターに必要な文章力やリテラシーが学べる資格は、以下の5つがおすすめです。

スクロールできます
資格難易度受験方法受験料(税込)
Webライティング
能力検定
★★★★☆
合格率30%程度
会場受験(全国17ヵ所)13,500円
※学割(半額)あり
Webライティング
技能検定
★★★☆☆
合格率50%程度
Web受験(自宅可)6,000円
※教材購入あり:32,000円
Webリテラシー試験★★☆☆☆
合格率70%程度
会場受験(全国約200会場)11,000円
ビジネス著作権検定★★☆☆☆
合格率70%程度
Web受験(自宅可)初級:5,100円
上級:8,000円
日本語検定★★★★★
合格率10%程度(1級)
会場受験1級:6,300円
2級:5,300円

1.Webライティング能力検定|日本WEBライティング協会

Webライティング能力検定は、Webにかかわる一般常識やライティングスキルを習得できる資格です。

資格を取得するメリット
  • Webライティングのスキルアップにつながる
  • Webでのコミュニケーションスキルが身につく
  • 肩書きはコンサルやセミナー講師にも役立つ

受講科目にはSEOやコピーライティングのノウハウなどもあり、Webサイトに関する全般的なスキルアップを期待できます。

公式テキスト(模擬問題付)がついているので、資格取得に向けた事前学習も可能です。

基本情報内容
難易度★★★★☆
合格率30%程度
受験方法会場受験(全国17ヵ所)
受験料
(税込)
13,500円
※学割(半額)あり
有効期限2年

2.WEBライティング技能検定|日本クラウドソーシング検定協会

WEBライティング技能検定は、クラウドソーシングサイトの案件に必要なWebライティングスキルの習得を目的に開発された資格です。

資格を取得するメリット
  • Webライティングの基礎知識やビジネスマナーが学べる
  • 受注活動で自信を持ってスキルを証明できる
  • クラウドソーシングでの活動を後押しする合格者特典あり

資格の受験条件には「WEBライティング技能検定講座(税込32,000円)」の受講が必要となります。

資格の有効期限がないことや合格者特典の内容を加味したうえで、費用に勝るメリットがあるかどうかを判断してみてください。

基本情報内容
難易度★★★☆☆
合格率50%程度
受験方法Web受験(自宅可)
受験料
(税込)
6,000円
※教材購入あり:32,000円
有効期限なし

3.Webリテラシー試験(Webアソシエイト)|Web検定

Webリテラシー試験は、Webに関わる仕事を構成する主要3職種の標準知識を備えているかどうかを問う資格試験です(資格名称は「Webアソシエイト」です)。

主要3職種とは
  • Webデザイナー
  • Webディレクター
  • Webプロデューサー
資格を取得するメリット
  • Web制作にかかわる標準知識が学べる
  • デザイナーやディレクターとして仕事の幅が広がる
  • 職種の違いにより生じるコミュニケーションエラーを減らせる

Webリテラシーを身につけることで、職種や立場の違いから生じるコミュニケーションエラーを軽減できます。

公式サイトではサンプル問題集を無料ダウンロードできるので、これからWeb制作にかかわる職種を目指す人にもおすすめです。

基本情報内容
難易度★★☆☆☆
合格率70%程度
受験方法会場受験(全国約200会場)
受験料
(税込)
11,000円
有効期限2年

4.ビジネス著作権検定|サーティファイ

ビジネス著作権検定は、著作権に特化した国内唯一の資格検定試験です。Web制作に欠かせない知識でもある著作権を、ビジネスに活用できるスキルとして学べます。

資格を取得するメリット
  • 著作権の知識やスキルを客観的に証明できる
  • ビジネスシーンでの信頼につながる
  • 知識を国家試験の対策に活用できる

著作権を無視したWeb制作は、記事の評価を下げるだけでなく損害賠償で訴えられる可能性もあります。Webライター自身の立場を守るためにも、コンプライアンスに関する知識が必要不可欠です。

ビジネス著作権検定「上級」の合格者は、国家資格「知的財産管理技能士」の受験資格を得られます。

ビジネスシーンにおいて「情報モラルを理解している」と安心感を与えられることは大きなメリットです。

基本情報内容
基本情報内容
難易度★★☆☆☆
合格率70%程度
受験方法Web受験(自宅可)
受験料
(税込)
初級:5,100円
上級:8,000円
有効期限なし

5.日本語検定|文部科学省

日本語検定は、表記や文法など総合的な日本語能力を測る検定試験です。何気なく使用している日本語の正しい意味や、ちょっとした勘違いの発見に役立ちます。

資格を取得するメリット
  • 日本語の正しい言葉遣いを学べる
  • 好印象を与える文章力が身につく
  • 語彙を理解することで表現力が高まる

Webライターとして活動するうえで、読者が違和感を感じてしまう文章表現は避けたいところです。しかし、日常会話の「クセ」が抜けず、表記の誤りに気づかないこともあります。

読者の感情や行動を文章力で後押しするWebライターには、正しい日本語の使い方を学んでおいて損はないでしょう。

基本情報内容
難易度★★★★★
合格率10%程度(1級)
受験方法会場受験
受験料
(税込)
1級:6,300円
2級:5,300円
有効期限なし

仕事の幅を広げるために役立つ3つの資格

ここからは、Webライティングから少し視点をずらして、仕事の幅を広げるのに役立つ資格を紹介します。

スクロールできます
資格難易度受験方法受験料(税込)
Webデザイナー検定★★☆☆☆
合格率70%程度(ベーシック)
会場受験(20都道府県)ベーシック:5,600円
エキスパート:6,700円
校正士認定試験★★★★☆
合格率20~30%程度(上級)
自宅受験(郵送)6,000円
※講座受講必須:45,400円
テープ起こし
技術者検定
★★★☆☆
合格率不明(未公表)
Web受験(自宅可)6,600円
※通信講座(任意):59,400円

1.Webデザイナー検定|CG-ARTS

Webデザイナー検定は、Webサイトの企画からテストまで、運用にかかわる全般的な知識を取得できます。

資格を取得するメリット
  • Webサイトの「見やすい」デザインが分かる
  • Webサイトの「使いやすい」デザインが分かる
  • Webサイトの「運用・評価方法」が分かる

Webデザイナーと聞くと「レイアウトのセンス」を想像してしまい、Webライターには関係ない印象もあるかと思います。

しかし、Webサイトを使って「読者が求める情報を的確に発信するノウハウ」が得られるため、Web制作にかかわる人は取得しておきたい資格です。

基本情報内容
難易度★★☆☆☆
合格率70%程度(ベーシック)
受験方法会場受験(20都道府県)
受験料
(税込)
ベーシック:5,600円
エキスパート:6,700円
有効期限なし

2.校正士認定試験|文部科学省

校正士認定試験は、文部科学省認定の校正実務講座を修了することで受けられる試験です。校正士の資格を取得することで、文章校正の業務に携わるチャンスが増えます。

資格を取得するメリット
  • 文章の誤りや不備を正す「校正」スキルが身につく
  • 校正業務に携わるチャンスが増える
  • 自分が書いた文章をセルフレビューできる

文章校正はツールを使った対応が主流となっていますが、万能ではないためどうしても人の手に頼らざるを得ません。

校正スキルを磨くことで、Web制作に限らず出版社や印刷会社でも活躍するチャンスが増えるため、働き方の幅を広げる意味でもおすすめです。

基本情報内容
難易度★★★★☆
合格率20~30%程度(上級)
受験方法自宅受験(郵送)
受験料
(税込)
6,000円
※講座受講必須:45,400円
有効期限なし

3.テープ起こし技術者検定|音声テキスト化協会

テープ起こし技術者検定は、音声をテキスト化する業務「テープ起こし」の品質向上を目的とした検定試験です。

資格を取得するメリット
  • テープ起こしの実務スキルが身につく
  • テープ起こしの案件に携わるチャンスが増える
  • 合格者特典で仕事情報サイトを活用できる

テープ起こしの技術は、研究データや学術資料に活用されています。在宅で対応できる業務のため、クラウドソーシングサイトで受注できる案件としても人気です。

素早く正確な対応が求められるテープ起こし技術者は、資格を取得することがスキルの証明につながります。

基本情報内容
難易度★★★☆☆
合格率不明(未公表)
受験方法Web受験(自宅可)
受験料
(税込)
6,600円
※通信講座(任意):59,400円
有効期限なし

資格取得が自信につながる|Webライターとしての本気度が変わる

資格取得が自信につながる

Webライターは資格を取得することで、自信を持って業務に取り組めます。資格を取得するために努力し、スキルアップした実績はクライアントの評価に響くはずです

Webライターの仕事は気軽に挑戦できますが、他社より特出したスキルを習得しづらい側面もあります。

本気で稼ぐためには、ライバルに負けない努力が必要です。これからステップアップするための選択肢として、ぜひ資格取得を検討してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次