高校生のバイト選びにWebライターはやめとけ【稼げない】

高校生のバイト選びにWebライターはおすすめできません。なぜなら、想像以上に稼げないからです。

  • 未経験でもできる!
  • 自宅で稼げる!
  • 好きな時間に好きな場所で働ける!
  • 月10万円以上稼げる!

Webライターといえば「誰でも簡単にできる」といったイメージがあります。そのイメージは、決して間違ってはいません。

ただし、高校生となると話は別です。

現役のWebディレクターとして断言します。Webライターの仕事は、高校生のバイトには適していません

そこで今回は、Webライターに興味がある高校生に向けて、以下のテーマを解説します。

  • 高校生にWebライターをおすすめできない理由
  • Webライターやってみたいんだけど…どうすればいい?
目次

高校生のバイト選びにWebライターはおすすめできない

高校生のバイト選びにWebライターはおすすめできません。

  • 稼げない
  • 時間がかかる
  • 自分で仕事をとらなきゃいけない

上記は初心者Webライターが「ほぼ確実にぶつかる壁」です。

スキルがない高校生の立場では、たぶん乗り越えようとしている間に学生生活が終わります。

稼げない(時給換算して落胆する)

そもそも「高校生かどうか」にかかわらず、基本的にWebライターの仕事は稼げません。

厳密にいうと、稼げるようになるまで時間がかかります。

上記の記事でも少しふれていますが、僕自身もWebライターとして活動した経験があります。

当時の報酬を時給換算すると「500円以下」でした。さすがに「お小遣いじゃねーか」ってビックリしました。

ぎょぎょぎょ

なんでWebライターを選んだの?

それでもWebライターを選んだ理由は「Webライティングのノウハウを身につけるため」です。

つまり、稼ぐことを目的にWebライターを選んだわけではありません。Webサイトや個人ブログの運用スキルを習得して、仕事の幅を広げるためです。

お金を稼ぎたいだけであれば、もっと別の簡単なバイトを選びます。

ぎょぎょぎょ

現にWebライターは卒業しました。今はWebディレクターとして活動しています。

想像以上に時間を奪われる

Webライターの仕事は、想像以上に時間を奪われます。

  • 書くべき内容をリサーチする時間
  • 納品後の添削結果を修正する時間

一般的なバイトであれば、初日は大変でも数日経てば仕事に慣れます。しかし、Webライターの仕事は、記事テーマが変わるたびに書くべき内容のリサーチが必要です。

さらに、納品後の添削結果でたくさんの指摘を受けてしまうと、修正作業に時間がかかってしまいます。

Webライターは想像以上に時間を奪われる

WebライティングやSEOの知識が不足する初心者は、必要以上に時間がかかってしまうでしょう。

一般的なバイトなら、働いた時間だけ給料を得られます。しかしWebライターの報酬は、時間をかけて頑張っても増えることはありません

案件受注のハードルが高い

Webライターの仕事は、クラウドソーシングサイトで受注するのが一般的です。自分の強みをアピールして仕事を得る必要があり、高校生にはハードルの高さを感じてしまいます。

クラウドソーシングサイトを利用した仕事探しは、基本的に面接がありません。やる気や人柄より「スキルや実績」を重要視する傾向にあります

Webライターは案件受注のハードルが高い

リモートワークの普及により、Webライターは副業として人気を集めています。

「社会人経験がある」「まとまった時間を確保できる」といった強みを持つライバルに、スキルのない高校生が勝負するのは困難です。

未経験でも歓迎してくれるクライアントもいますが、基本的には「長く携わってほしい」と考えています。バイト目的の学生は、残念ですが「すぐに辞めそう」といったネガティブなイメージがあるのも事実です。

【疑問】Webライターは未経験でもできるって聞いたけど?

ぎょぎょぎょ

Webライターって「未経験でも簡単にできる!」ってよく聞くよ?

ネットの記事を見ると、たしかにWebライターは未経験でもできると取り上げられています。もちろん、当ブログでも「未経験から始める方法」を紹介しています。

ただし、繰り返しとなりますが、高校生にはおすすめできません。

ここからは「気になる疑問」を解決できるように、主観がメインではありますが少しだけ踏み込んだ内容を紹介します。

Webライターは「業務」として取り組むべき

Webライターは「業務」として取り組むべき

Webライターの仕事は「業務(本業・副業)」として取り組むのであればおすすめできます。その理由は「稼げない時期」を乗り越える精神的な余裕があるからです。

本業として取り組むのであれば、長期的な視点で稼げない時期を「最初だけ」と割り切れます。また、業務に費やす時間を確保できれば、短期間でのスキルアップも期待できるでしょう。

副業として取り組むのであれば、本業の収入が「後ろ盾」となります。仮にWebライターの仕事が順調に進まなくても、あくまで「副業」と割り切れば精神的な負担にはならないはずです。

バイトとして取り組む場合、稼げない時期があることに納得できますか?
将来、Webライティングに生活をゆだねる覚悟がありますか?

高校生は将来の進路を「これから考える段階」です。Webライティングに興味があるなら、進路を決めてからでも遅くありません。

稼げないバイトに時間を奪われるくらいなら、学業や趣味を満喫して進路の幅(選択肢)を広げるべきです。

ぎょぎょぎょ

僕は学生時代に「本当にやりたいこと」に気づかず、社会人になってから後悔しました。

大学生におすすめしてたよね?

ぎょぎょぎょ

高校生はダメなのに、大学生にはおすすめなの?

当ブログでは大学生に向けて「Webライターはおすすめ!」と発信しています。ただし、あくまでもバイトではなく「就職活動の一環」としてメリットがあるからです。

「正しく文章を書くスキル」は、Webライターに限らずさまざまなビジネスシーンで活用できます。就職を意識する大学生であれば「稼ぐこと」以外のメリットに価値を感じられるでしょう。

社会人でも稼げるのはごくわずか

Webライターは、未経験でも比較的簡単に始められます。ただし、稼げるライターは、学生かどうかにかかわらず「ごくわずか」です

とくに初心者は「月5万円の壁」に苦労します。想像よりも稼げないことにガッカリしてしまうWebライターがいることも事実です。

Webライターが稼げるようになるためには、信頼と実績の積み重ねが必要不可欠です。成果を出すためには、努力が必要ですし、時間もかかります。

ぎょぎょぎょ

以下はあくまでも「とあるWebディレクターのひとりごと」として読んでください。

  • ネット記事に書かれている「簡単に稼げます!」の情報に惑わされないこと
  • どの情報を選んで、どう行動するかは個人の自由
    (ただし「情報に根拠があること」「自分自身が納得できること」を意識しよう)

ライティング業務に興味があるならブログを始めたほうがいい

ぎょぎょぎょ

「やめとけ、やめとけ」って、じゃあ何をすればいいの?

あまり否定的なことばかり書くと「文章を書く仕事に興味がある人」の選択肢を狭めてしまうかもしれませんね。

もし、Webライティングに興味がある(学んでおきたい)場合は、Webライターのバイトではなく「個人ブログ」をおすすめします。

個人ブログをおすすめする理由
  • 納期や体裁を気にせず自由に記事を書けるから
  • 成果が出るまでに時間がかかるから
    (だからこそスタートが早ければ早いほどいい)
  • ライティング業務で実績をアピールできるから
  • 成果次第で収入を得られるから

Webライティングは「何を書くか」ではなく「誰が書くか」が重要

Webライターは誰でもなれますし、ネットの情報を集めれば「それっぽい記事」を書けます。

でも、寄せ集めた情報で書いた記事は、何の価値も生み出しません。

Webライティングは「何を書くか」ではなく「誰が書くか」が重要です。

  • 総執筆数500オーバー!とんこつの血が流れるラーメンライター
  • ライター歴10年!ていねいな文章が自慢のベテランライター

極端な例ではありますが、どちらのライターが書いた記事を見てラーメンを選びたいですか?

ブログを始めるとスキル(書き方)や成果が気になってしまいますが、最初は無視して構いません。興味があることを追求してブログ発信することは、将来の武器となる可能性を秘めています。

Webライターは高校卒業後でも遅くない|まずはブログから挑戦しよう

Webライターは高校卒業後でも遅くない|まずはブログから挑戦しよう

最後に結論をおさらいすると、高校生のバイト選びにWebライターはおすすめできません。

現役Webディレクターとして、高校生がWebライターに挑戦することは本気で止めます。お金を稼ぎたいだけであれば、時給で働けるバイトを選んだほうがよっぽど楽だからです

とは言ったものの、Webライターは読者の悩みや疑問を文章で解決できる立派な仕事です。

Webライターに興味をもち、目指すこと自体は間違っていません。

ぎょぎょぎょ

僕自身も文章を書くのが好きで、今の仕事を選びました。

まずは時間を気にせず、自分のペースで取り組める「個人ブログ」から挑戦してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次