【高校生だけ読んで】Webライターって稼げないよ?ガッカリするよ

当ページのリンクには広告が含まれています。

高校生のバイト選びに「Webライター」ってアリかな?

高校生のバイト選びにWebライターはおすすめできません。
なぜなら、想像以上に稼げないからです。

Webライターといえば「誰でも簡単に始められる」といったイメージがあります。

僕自身も未経験からフリーランスに転身した現役のWebライターです。
Webライター2年目には、編集者・ディレクターへのステップアップを経験しました。

ただし、高校生となると話は別です。
Webライターは、高校生には適していません。

そこで今回は、Webライターに興味がある高校生に向けて『おすすめできない理由』を解説します。

執筆者プロフィール

taku
  • Webライター(4年)
  • Webディレクター(1年)
  • 元システムエンジニア(8年)

未経験からフリーランスのWebライターに転身。
保有資格:SEO検定1級・FP3級
2つのブログを運営しています。

目次

高校生にWebライターはおすすめできない

高校生のアルバイトに、Webライターはおすすめできません。

上記はWebライター初心者が「ほぼ確実にぶつかる壁」です。

スキルがない高校生の立場では、壁を乗り越えようとしている間に学生生活が終わります。

想像以上に稼げない

そもそも「高校生かどうか」にかかわらず、Webライターの仕事は稼げるようになるまで時間がかかります。

上記の記事でも紹介していますが、僕自身もWebライターとして活動しています。

Webライター1年目の報酬を時給換算すると「500円以下」でした。

taku

さすがに「お小遣いじゃねーか」ってビックリしました。

じゃあ、なんでWebライターを選んだの?

それでも、Webライターを選んだ理由は、Webライティングの「ノウハウを身につけるため」です。

つまり、稼ぐことを目的にWebライターを選んだわけではありません。

Webサイトや個人ブログの運用スキルを習得して、仕事の幅を広げるのが目的でした。

taku

お金を稼ぎたいのであれば、もっと簡単なアルバイトを選べます。

想像以上に時間を奪われる

Webライターの仕事は、想像以上に時間を奪われます。

時間を奪われる原因
  • 書くべき内容をリサーチする時間
  • 納品後の添削結果を修正する時間

一般的なアルバイトであれば、初日は大変でも数日経てば業務に慣れます。

しかし、Webライターの仕事は、記事のテーマが変わるたびに書くべき内容のリサーチが必要です。

さらに、納品後の添削結果でたくさんの指摘を受けてしまうと、修正作業に時間がかかってしまいます。

WebライティングやSEOの知識が不足する初心者は、必要以上に時間がかかってしまうはずです。

一般的なアルバイトなら、働いた時間に応じた給料(時給)を得られます。

しかし、Webライターの報酬は「1文字:1円」のように、文字単価で決めるのが一般的です。

リサーチに時間をかけて頑張っても、報酬額は増えません。

仕事を受注するハードルが高い

Webライターの仕事は、クラウドソーシングサイトで受注するのが一般的です。

自分の強みをアピールして仕事を得る必要があり、高校生にはハードルの高さを感じてしまいます。

クラウドソーシングサイトを利用した仕事探しは、基本的に面接がありません。

やる気や人柄より「スキルや実績」を重要視する傾向にあります。

リモートワークの普及により、Webライターは副業として人気を集めています。

「社会人経験がある」「まとまった時間を確保できる」といった強みのあるライバルに、スキルのない高校生が勝負するのは困難です。

未経験でも歓迎してくれるクライアントもいますが、基本的には業務に「長く携わってほしい」と考えています。

バイト目的の学生は、残念ですが「すぐに辞めそう」といったネガティブなイメージがあるのも事実です。

taku

厳しい言葉ですが、クライアントの立場として「あえて高校生を採用する理由」がありません(体力や活気を活かす仕事ではないので)。

目次へ戻る

【疑問】未経験でも始められるって聞いたけど?

Webライターって「未経験でも簡単にできる!」ってよく聞くよ?

ネットの記事を見ると、たしかにWebライターは「未経験でも始められる!」と取り上げられています。

もちろん、当ブログでも「未経験から始める方法」を紹介しています。

ただし、繰り返しますが、高校生にはおすすめできません。

ここからは「なんで高校生だけダメなの?」の疑問を解決できるように、Webライターの仕事に少しだけ踏み込んだ内容を紹介します。

Webライターは「業務」として取り組むべき

Webライターの仕事は「業務(本業・副業)」として取り組む必要があります。

その理由は「稼げない時期」を乗り越える精神的な余裕があるからです。

本業として取り組むのであれば、稼げない時期を「最初だけ」と長期的な視点で受け入れられます。

また、業務に費やす時間を確保できれば、短期間でのスキルアップも期待できます。

副業として取り組むのであれば、本業の収入が「バックアップ」になります。

仮にWebライターの仕事が順調に進まなくても、あくまでも「副業」と受け入れて精神的な負担を和らげられます。

バイトとして取り組む場合、稼げない時期があることに納得できますか?

将来、Webライティングに生活をゆだねる覚悟がありますか?

高校生は、将来の進路を「これから考える段階」です。

Webライティングに興味があるなら、進路を決めてからでも遅くありません。

稼げないバイトに時間を奪われるくらいなら、学業や趣味を満喫して進路の幅(選択肢)を広げるべきです。

taku

僕は学生時代に「本当にやりたいこと」に気づかず、社会人になってから後悔しました。

社会人でも稼げる人はごくわずか

Webライターは、未経験でも挑戦しやすい職種です。

ただし、稼げるライターは、学生かどうかにかかわらず「ごくわずか」です。

とくに初心者は「月5万円の壁」に苦労します。

想像よりも稼げないことにガッカリしてしまうWebライターがいることも事実です。

Webライターが稼げるようになるためには、信頼と実績の積み重ねが欠かせません。

しかし、成果を出すためには、努力が必要ですし、時間もかかります。

taku

以下はあくまでも「とあるWebディレクターのひとりごと」として読んでください。

Webライターの現実を勘違いするな!
  • ネット記事に書かれている「簡単に稼げます!」の情報に惑わされない
    ※その情報に「根拠はある?」「納得できる?」を意識して正しく見極めよう
  • 高校生であることを隠して仕事するのはNG
    ※報酬のためにクライアントを騙す行為は人として間違っている

学業との両立は困難

Webライターとして安定した収入を得るためには、基礎的なライティングスキルを学習する必要があります。

当ブログでも、上記のスキルをそれぞれ解説しています。

もし、学業や部活動を順調に取り組めている人がいたら、ぜひスキルアップの参考にしてみてください。

ただし、

順調に取り組めている自信がないなら、学業や部活動を優先すべきです。

大事な大会が控えているなら、大学受験が控えているなら、どう考えたって将来の進路が最優先です。

taku

アルバイトやスキルアップに努力するのは、もちろん立派なことです。ただし、本来やるべきことに悪影響の出ない範囲で取り組みましょう。

大学生なら「就職活動の一環」として取り組める

高校生はダメなのに、大学生にはおすすめなの?

当ブログでは、大学生に向けて「Webライターはおすすめ!」と発信しています。

ただし、あくまでもアルバイトではなく「就職活動の一環」としてメリットがあるからです。

「文章を正しく書くスキル」は、Webライターに限らず、さまざまなビジネスシーンで活用できます。

就職を意識する大学生であれば「稼ぐこと」以外のメリットに価値を感じられるでしょう。

taku

Webライターを始めるなら、大学生からでも遅くないですよ。

大学生になったら読んでほしい記事

目次へ戻る

高校生でもWebライターのアルバイトは可能

高校生がWebライターになるのは無理ってこと?

高校生でもWebライターのアルバイトは可能です。

Webライターの案件探しは、基本的にはクラウドソーシングサイトを利用します。

しかし、高校生の場合は、一般的なアルバイトと同様に「求人サイト」を活用するのが得策です。

クラウドソーシングサイトは未成年NG

一般的なクラウドソーシングサイトは、18歳未満の未成年では利用できません。

サイト18歳未満の利用
クラウドワークス
ランサーズ
サグーワークス
shinobiライティング会員登録に親権者の同意が必要
ココナラ会員登録に親権者の同意が必要

一部には年齢制限を設けていないサイトもありますが、基本的には会員登録時に親権者の同意を求められます。

また、高校生であることを伏せて活動するのもNGです。

「バレなきゃいい」の考え方は、そもそも社会人として間違っています。

どのような理由があっても、身分を隠してお金稼ぎする人を快く思うクライアントはいません。

taku

一部のWebサイトでは「言わなくても大丈夫」と無責任に書かれていますが、トラブルになっても責任を取ってくれないので注意しましょう。

求人サイトで「学生可」の案件を探す

高校生がWebライターの仕事を探す場合は、アルバイトの求人サイトを活用しましょう。

一般的なアルバイトを探すように、タウンワークやバイトルなどのサイトを活用すれば問題ありません。

求人を探すコツ
  • 職種「ライター」から探す
  • 条件「学生可」で絞り込む

本気でお金を稼ぎたい・スキルを学びたいと考えるなら、地元の企業にアルバイトとして採用してもらうのが理想的です。

企業の担当者からノウハウを学べるだけでなく、自ら営業しなくても担当業務を割り振ってもらえます。

アルバイト採用クラウドソーシング
スキル習得企業の担当者から学べる
時給が発生する
基本的には独学する
時給が発生しない
案件受注企業から割り振ってもらえる自分で営業する必要がある
アルバイトとクラウドソーシングの比較
アルバイト採用クラウドソーシング
スキル
習得
企業から学べる
時給が発生する
基本的には独学する
時給が発生しない
案件受注企業から
割り振ってもらえる
自分で
営業する必要がある
アルバイトとクラウドソーシングの比較

アルバイトであれば、業務中にスキルを学習する時間帯にも時給が発生します。

しかし、在宅で案件を受注するクラウドソーシングでは、記事の納品以外に報酬は発生しません。

taku

働きながらスキルを学べるほうが、効率的で賢いやり方だと思います。

バイト探しはタウンワークがおすすめ!

目次へ戻る

将来Webライターを目指すために高校生がすべきこと

Webライティングに興味があるんだけど、Webライターは諦めたほうがいいのかな?

taku

あまり否定的なことを書くと「文章を書く仕事」に興味がある人の選択肢を狭めてしまうかもしれませんね。

ここまでネガティブな意見ばかり紹介したので、少しだけ将来に向けたポジティブな考えも伝えます。

「文章を書く仕事」に興味がある人は、Webライターを目指しても問題ありません。

ただし、高校生がWebライターのアルバイトをするのは、遠回りだと断言します。

将来に向けて「いま」やるべきこと
  • なりたい職業を見つける
  • 個人ブログを始める

なりたい職業を見つける

本気でWebライターとして生きていきたいのであれば、なりたい職業を見つけるべきです。

Webライターがなりたい職業じゃないの?

Webライターの高単価な案件を受注するためには、専門分野の知識や業務経験が求められることもあります。

そのため、他業種で実績を積んでから、Webライターに転身する人も少なくありません。

taku

僕自身もSEからWebライターに転身し、IT系のジャンルで高単価の案件を受注した経験があります。

Webライターの高単価ジャンル
  • 不動産
  • 金融
  • 医療
  • IT系
  • 転職

上記のジャンルは、比較的高単価な案件を受注できる傾向にあります。

もし、本業を続けられない事情ができた場合には、業務経験を生かしてWebライターに転身する選択肢があるだけでも安心できます。

taku

もちろん本業が充実すれば、無理にWebライターに転身する必要はありませんよ。

個人ブログを始める

将来的にWebライターを目指すなら、個人ブログを始めるのもおすすめです。

書きたいことを自由に発信できるので、まずは練習のつもりで活用してみましょう。

ブログで慣れておきたいこと
  • Web記事の書き方
  • 画像の作り方

記事の書き方や画像の作り方は、大人になってもめっちゃ悩む要素です。

だからこそ、高校生のうちから慣れておくと、本格的なスタートを切るタイミングで圧倒的な差を生み出せます。

taku

高校生から野球経験がある人と30代から草野球を始めた人に差があるのと同じ。

まずは記事執筆の練習を目的として、無料の範囲で始めても問題ありません。

個人ブログといえばWordPressが定番ですが、以下のサービスを利用すれば無料で始められます。

無料でブログを始めるなら
  • note
  • はてなブログ

WordPressを利用する場合は、サーバーやドメインに1,000円程度の月額料金が発生します。

不要な出費を減らすことも意識しながら、ブログ記事の執筆にチャレンジしてみましょう。

目次へ戻る

Webライターより「ブログ」がおすすめ

Webライティングに興味がある(学んでおきたい)のであれば、Webライターではなく「個人ブログ」がおすすめです。

個人ブログがおすすめな理由
  • 納期やルールを気にせず自由な記事を書ける
  • 成果が出るまでに時間がかかる
    (だからこそ早くスタートすべき)
  • ライティング業務で実績をアピールできる
  • 成果次第で収入を得られる

ブログは成果が出るまで時間がかかる

個人ブログで成果(収益・集客)を出すには、一般的に半年~数年ほどの時間がかかります。

広告費用を払い、大々的に宣伝しない限り、ブログはじわじわと認知されていくものであるからです。

だからこそ、高校生のうちにスタートするのは、大きなメリットとなります。

個人ブログであれば、納期やルールを気にする必要もありません。

taku

まずは収益化にこだわらず、学んだ知識をアウトプットする媒体として活用してみましょう。

「何を書くか」ではなく「誰が書くか」も重要

Webライターには誰でもなれますし、ネットの情報を集めれば「それっぽい記事」を書けます。

でも、寄せ集めた情報で書いた記事は、何の価値も生み出しません。

Webライティングは「何を書くか」ではなく「誰が書くか」も重要です。

  • 食べたラーメンは500食オーバー!とんこつの血が流れるラーメンライター
  • ライター歴10年!ていねいな文章が自慢のベテランライター
taku

どちらのライターが書いた記事を見てラーメン屋を選びたいですか?

Webライティングを始めると、成果やテクニックばかりを気にしてしまいます。

しかし、Webライターに重要視されるのは、誰でも書ける記事ではなく「あなたしか書けない記事」を書くことです。

興味があるジャンルを追求してブログで発信するのは、将来の武器となる可能性を秘めています。

高校生だから書けるブログ記事がある

高校生がブログを始めるなら「高校生をターゲットとするテーマ」がおすすめです。

同じ悩みを抱えているであろう同級生に向けて、自分自身のリアルな経験を紹介してみましょう。

高校生に向けた記事例
  • ○○部に入って良かったこと・悪かったこと
  • 評判の良い参考書「××」を試してみた(感想・レビュー)
  • こんな担任は嫌だ(教師あるある)

上記の記事ネタは、高校生が書くからこそリアリティがあり共感が生まれます。

また、クラスメートや担任の先生から聞いた話を、そのままブログ記事のネタとして活用するのも効果的です。

taku

大人が「高校生のつもり」で書くよりもリアルな記事が書けるはず。

目次へ戻る

Webライターは高校卒業後でも遅くない

高校生がWebライターに挑戦するのは、Webディレクターの立場として本気で阻止します。

お金を稼ぎたいだけであれば、時給で働けるアルバイトを選んだほうがよっぽど楽だからです。

結論をおさらいすると、高校生にWebライターはおすすめできません。

…とは言ったものの、Webライターは読者の悩みや疑問を文章で解決できる立派な仕事です。

taku

僕自身も文章を書くのが好きで、Webライターを選びました。

Webライターに興味をもち、挑戦しようと努力するのは間違っていません。

まずは、Webライターを意識した将来の進路から検討してみましょう。

もし、Webライティングに挑戦するのであれば、大学生からでも遅くはありません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次