Webライター初心者の勉強におすすめな本【実際に読んでみた】

Webライター初心者におすすめな本を教えて!

Webライター初心者の勉強には、本(参考書籍)を読むことをおすすめします。

taku

僕自身もWebライター初心者の頃は、参考書籍を読んで勉強しました。

さまざまな本を読むことは、Webライティングはもちろん、Webサイトやブログを運用するための基礎学習にも効果的です。

しかし、まずは「どのような本を読めばいいの?」と迷ってしまう人もいるかと思います。

そこで今回は、個人的に「読んでよかった」と思えた5冊を厳選したので、ぜひ参考にしてみてください。

taku

Webライターの経験がある「taku」が解説します。

この記事でわかること
  • 初心者向けの本の選び方
  • 初心者Webライターにおすすめしたい5冊
  • 本を読んだらすべきこと(アウトプット)
タップできる目次

本の選び方|初心者は覚えたいことにリンクしよう

本の選び方|初心者は覚えたいことにリンクしよう

Webライター初心者であれば、覚えたいことに合わせた本を選びましょう。

とはいえ、書店にはさまざまな本が並んでいます。

どの本を選べばいいのか迷ってしまうのではないでしょうか。

選ぶべき本のジャンル
  • 文章力
  • Webライティング
  • SEO
  • コピーライティング
  • ブログ運用術

これから参考書籍の購入を検討する場合は、まず上記のジャンルから1冊ずつ選ぶことをおすすめします。

1冊の本を何度も読み返しながら、知識を深く学ぶことが理想的です。

僕も読書が好きなので、何冊かを読み比べしたこともあります。

しかし、根底とするテーマはどれも同じなので、結局のところ1冊に落ち着いてしまいました。

taku

買い替えるなら「1冊目に読み飽きたとき」かな?

文章力を学ぶ

文章力を学ぶことは、Webライターには欠かせません。

読者に伝えたい情報やアイデアを、文章で正確に届けるスキルが必要となるからです。

言葉を間違えてしまうと、読者に情報が正しく伝わりません。

難しい言葉を選んでしまうと、読者は情報をスムーズに理解できません。

Webライターには、正しい言葉を選び、要点をシンプルに伝える文章力が求められます。

文章力を学べる1冊|文章力の基本「簡単だけど、だれも教えてくれない77のテクニック」

Webライティングを学ぶ

「Web記事」を書くWebライターには、Webライティングのスキルが求められます。

書籍や新聞のような「紙媒体」ではなく、Webサイトに掲載する記事の特性を知っておくべきです。

違いWeb記事紙媒体
情報量上限なし上限あり
読み方縦読み(上から下へ)横読み(右から左へ)
おもな目的情報収集読むこと
Web記事と紙媒体のおもな違い

Webライティングに特化した本なら、Web媒体の特性に合わせた書き方を学べます。

Webライティングを学べる1冊|沈黙のWebライティング

SEOを学ぶ

Webライターには、SEOの知識も求められます。

Web上に公開する記事は、検索順位の上位に表示されることも重要な観点となるからです。

SEOとは

「Search Engine Optimization」の略称であり、検索エンジン最適化を指す言葉。

検索エンジンに対して最適化した記事で、検索順位の上位表示を目指す取り組み。

執筆した記事を一人でも多くの読者に届けるためには、SEOの知識が欠かせません。

SEOを学べる1冊|最新版!これからのSEO内部対策本格講座

コピーライティングを学ぶ

商品やサービスを紹介する記事では、読者の興味・関心につながるようなコピーライティングが役立ちます。

コピーライティングとは、商品やサービスの魅力を伝えるキャッチコピーを活用した執筆テクニックです。

コピーライティングの一例
  • 「読んでよかった。」そう感じたとっておきの本を紹介します。
    (ポジティブな要素を伝える)
  • いま流行りの○○。本当に正しいの?
    (問題点を提示する)
  • 3つ以上当てはまる人は「いますぐ」読んでください。
    (不安をあおる)

文章で感情を揺さぶることは、読者に「読んでみようかな?」と行動を促す効果が期待できます。

コピーライティングを学べる1冊|売れるコピーライティング単語帖

ブログ運用術を学ぶ

ブログ運用術を紹介する本も、Webライターの仕事に活用できます。

ブログ運営は記事を書くだけでなく、検索順位や集客活動といったサイト運営者側の観点も必要です。

ブログ運営で記事制作のすべてを体感できる

ブログを立ち上げる(サイト運営者の立場)

ブログや記事の構成を考える(クライアントの立場)

ブログ記事を書く(Webライターの立場)

ブログ運営で得られた集客や売上の成果は、執筆案件を発注するクライアントが求めているものと変わりありません。

taku

成果や実績は、案件に応募するときのアピールにも効果的ですよ。

ブログ運用術を学べる1冊|読まれる・稼げるブログ術大全

Webライター初心者の勉強におすすめしたい5冊

Webライター初心者の勉強におすすめしたい5冊

以下の5冊は、Webライターを始めたての頃に購入した本です。

Webディレクターとなった現在でも、参考書籍として活用しています。

  1. 【文章力を学べる1冊】
    文章力の基本「簡単だけど、だれも教えてくれない77のテクニック」
  2. 【Webライティングを学べる1冊】
    沈黙のWebライティング
  3. 【SEOを学べる1冊】
    最新版!これからのSEO内部対策本格講座
  4. 【コピーライティングを学べる1冊】
    売れるコピーライティング単語帖
  5. 【ブログ運用術を学べる1冊】
    読まれる・稼げるブログ術大全

文章力を学べる1冊|文章力の基本「簡単だけど、だれも教えてくれない77のテクニック」

本書は「わかりやすく、伝わる文章」を書くための基本を学べる1冊です。

文章を書くときに実践したい77のテクニックを「例文と改善案」の構成で解説しています。

テクニックを一つずつ理解しながら読み進められるので、これから知識を深めたい初心者にもおすすめです。

読んでよかったと思えたポイント
  • 「わかりやすい文章=ムダのない文章」と気づけた
  • テクニックごとに例文があるので具体的な使い方をイメージしやすい
  • シンプルにまとまっているので何度も読み返しやすい

わかりやすい文章を書くためには、無駄を省いたシンプルな内容を意識することが大切。

上記を意識できたことが、個人的に「読んでよかった」と思えたポイントでした。

Webライティングを学べる1冊|沈黙のWebライティング

本書はWebライティングのノウハウを「マンガ仕立て」のストーリーで学べる1冊です。

Webサイトで成果を上げるための「実践的な文章の書き方」を、ストーリーを楽しみながら学べます。

Webライティングに不慣れな初心者の「入門編」の1冊としてもおすすめです。

読んでよかったと思えたポイント
  • 「Webに掲載すること」を意識した文章の書き方がわかった
  • マンガ仕立てなので不慣れなテーマでも理解できた
  • SEOにつながる知識が自然に身についた

各章には、要点をまとめた「解説ページ」や「まとめページ」もあります。

初見ではストーリー全体を読み、読み返すときは解説だけおさらいすると良いでしょう。

taku

マンガは「もし自分がブログ運営するなら…」と想像しながら読むと参考になりますよ。

SEOを学べる1冊|最新版!これからのSEO内部対策本格講座

本書は「SEOの内部対策」がテーマの1冊です。

Webサイトは検索エンジンに向けて構成することも大切であり、そのために「何をすべきか」を理解できます。

読んでよかったと思えたポイント
  • SEOの内部対策について「やるべきこと」を把握できた
  • 記事を「検索エンジンに最適化すること」への意識が高まった
  • 自分のブログにある改善点を見つけられた

SEOの内部対策は、初心者には難しさを感じてしまうテーマです。

一度読むだけでは理解できないので、何度も読み返しながら少しずつ知識を増やしましょう。

本書は2017年に出版された本ですが、今後も変わることがないであろう根本的な対策が書かれています。

Webサイトやブログの「強固な土台作り」に役立つ1冊です。

コピーライティングを学べる1冊|売れるコピーライティング単語帖

本書は、コピーライティングに役立つワードとフレーズをまとめた単語帳です。

人間の心理に寄り添った「心を動かすフレーズ」を辞書のように引き出せます。

読んでよかったと思えたポイント
  • コピー(宣伝文句)の本質を理解できた
  • 例文が豊富なので実業務でも参考になった
  • 行動を促す文章のヒントを得られた(PASONAの法則)

本書ではコピーライティングのノウハウにもふれていますが、どちらかというと「便利なフレーズをまとめた単語帳」として活用するのが理想的です。

ただし、キャッチコピーには「人によって捉え方が異なる」といった注意点があります。

本書のフレーズはあくまでも参考例として、自分なりに表現を変えたり取捨選択したりといった工夫も心がけましょう。

ブログ運用術を学べる1冊|読まれる・稼げるブログ術大全

本書は月間125万PVを誇るプロブロガー「ヨス」さんが、楽しく続けながら「読まれる・稼げる」ブログのノウハウを紹介する1冊です。

Webライティングのノウハウを学びたい場合は、ブログ運用術の本も参考になります。

個人ブログに挑戦しようとしている人なら一石二鳥です。

読んでよかったと思えたポイント
  • ブログの始め方を学べた
  • 読者を意識した文章の書き方を学べた
  • ブログで収益を得られるようになった

本書の特徴は「ブログを楽しく続けよう」といったコンセプトにあります。

結果にこだわった必勝法ではなく、継続することで「得られる喜びがたくさんあるよ!」といった前向きな内容が印象的です。

taku

7名のブロガーさんへのインタビューもあり、モデルケースとしてとても参考になりました。

本を読み終わったら|実践(アウトプット)してみよう

本を読み終わったら|実践(アウトプット)してみよう

勉強のために本を読むことは、知識の習得に効果的です。

しかし、本を読むだけでは、スキルの習得にはつながりません。

Webライターとして活躍するためのスキルを身につけたい場合は、本から学んだ知識を実践(アウトプット)してみましょう。

知識は実践してはじめてスキルとなる

本を読んで学んだ知識は、文章を書きながらアウトプットしましょう。

注意すべきポイントは、ひたすら文章を書くのではなく、学んだ知識を実践することです。

とはいえ、学んだ知識を効果的に実践することは、簡単ではありません。

そこで、本を読みながら、要点をまとめたチェックリストを作成することをおすすめします。

文章をたくさん書いて定着化させよう

スキルを定着させるためには、何度も実践を繰り返すことが大切です。

実践する手段の一例
  • Webライターの案件を受注する
  • 個人ブログを運営する
  • Noteに記事を投稿する

Webライターなら、案件を受注することで実践する機会を得られます。

また、個人ブログを運営すれば、納期を気にせず自由に記事を執筆可能です。

taku

「覚えたつもり」でも、実践してみると意外に知識を使いこなせていないことに気づきますよ。

【番外編】ずっとやりたかったことを、やりなさい。

最後に、Webライターの仕事とは直接関係ありませんが、個人的におすすめしたい1冊を紹介します。

本書『ずっとやりたかったことを、やりなさい。』は、本当に「やりたかったこと」を思い出し、夢の実現に向けた1歩を踏み出せる1冊です。

読んでよかったと思えたポイント
  • 自分のやりたいことに対して正直になれた
  • 周りのネガティブな意見が気にならなくなった
  • 一切の迷いなく「行動してみよう」と考えられるようになった

僕にとっては「フリーランスになろう」「ブログをやってみよう」と考えるきっかけとなった本です。

社会人は自分の環境や周囲の意見を気にして、本当にやりたいことがいつの間にか心の片隅に追いやられてしまいます。

「やらなきゃいけないこと」と「やりたかったこと」のギャップに悩んだとき、ぜひ読んでほしい1冊です。

本から学ぶこともたくさんある|まずは1冊だけ選んでみよう

本から学ぶこともたくさんある|まずは1冊だけ選んでみよう

Webライターの仕事をスタートしてから現在まで、本を読んで学んだことはとても役に立っています。

本を使った学習のコツは、少しずつ読み進めることです。

「1日30分」と時間を決めて、ゆっくりでも深く学ぶことを心がけましょう。

taku

まずは気になる1冊だけ選んでみてください。

できることを少しずつ増やしながら、本で学んだことをライター業務やブログ運営で活用してみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次