PREP法とは|Webライターが活用するメリットと例文を解説

PREP法って何?法律のこと?

WebライティングにおけるPREP法は、読者に結論をわかりやすく伝えるための文章論法です。

結論を伝え、理由を説明し、具体例で理解を後押しして、再び結論で締める。

このように情報を「型」にはめて伝えることで、書き手も読み手もスムーズに文章を構築できます。

まさにPREP法は、Webライティングの必修科目とも言えるような存在です。

今回はいくつかの例文を用いながら、Webライターが活用したいPREP法のポイントを解説します。

ぎょぎょぎょ

Webライターの経験がある「ぎょぎょぎょ」が解説します。

この記事でわかること
  • PREP法とは
  • PREP法を活用した2つの例文
  • Webライティングで意識すべきこと
目次

PREP法とは|要点を伝える文章論法

PREP法とは|要点を伝える文章論法

WebライティングにおけるPREP法は、読者に結論をわかりやすく伝えるための文章論法です。

「要点→理由→具体例→要点」の順序で文章を構成します。

P:Point(要点)
R:Reason(理由)
E:Example(具体例)
P:Point(要点のまとめ)

PREP法を活用することで「頭ではわかっているのに文章にすると伝わらない…」といった悩みを解消できます。

PREP法を活用する3つのメリット

PREP法を活用する3つのメリット

PREP法を活用することで、おもに以下3つのメリットを得られます。

  1. 要点をスムーズに伝えられる
  2. 伝えたいことを整理できる
  3. 読者の理解度が増す

順序立てて文章を構成することで、読者は自然な流れで内容を理解できます。

そして、Webライター自身も文章を型にはめることで、頭の中の情報をロジカルに整理できるでしょう。

1.要点をスムーズに伝えられる

PREP法を活用すれば、読者に要点をスムーズに伝えられます。

結論から伝える文章構成が、読者のニーズを冒頭で解決できるからです。

ほとんどの読者は、Web記事をじっくりと読みません。

見出しや文章の冒頭など、目に留まる箇所だけを流し読みします。

冒頭に結論を記載することは、読者に「求めている情報がココにあるよ!」と伝えるのに効果的です。

2.伝えたいことを整理できる

PREP法を活用することで、Webライター自身も伝えたいことを整理できます。

頭の中にある情報を「要点→理由→具体例→要点」の構成に当てはめられるからです。

詳しい情報を伝えようとするほど、文章がまとまらないこともある…

頭の中の情報が増えるほど、書くべき順序や取捨選択にストレスが溜まってしまうでしょう。

型にあてはめられるPREP法であれば、文章を4ステップに分けて執筆できます。

各ステップの論点に集中できるため、伝えたいことを無駄なくスムーズに整理できるはずです。

3.読者の理解度が増す

PREP法の「要点を最後に繰り返す構成」は、読者の理解を深める効果が期待できます。

要点を最後に振り返ることで、読者の頭に結論が印象強く残るからです。

ただし、冒頭と末尾の結論がズレてしまうと、読者は内容の理解に迷いが生じてしまいます。

冒頭と末尾の結論がズレてしまう悪い例文

私はコーヒーが好きです。

とある喫茶店でコーヒーの美味さを知って以来、すっかりハマってしまいました。

最近は作業に集中したいときやリラックスしたいときに欠かせない存在です。

集中したいのにできないことに悩んでいる人は、コーヒーを飲んでみることをおすすめします。

上記は「コーヒーが好きであること」を紹介する流れから「集中するならコーヒーがおすすめ」に結論がズレた例文です。

結局「何が言いたかったんだろう?」と読者が疑問に感じてしまいます。

PREP法は結論をズラさないことが重要です。

結論を繰り返す文章構成は印象に残りやすく、読者の理解を深めることに効果があります。

PREP法を活用したWebライティング|2つの例文を紹介

ここからはWebライティングの参考例として、PREP法を活用した2つの例文を紹介します。

例文①:具体例を充実させることがポイント
例文②:具体例に引用を使うことも効果的

各例文では、重要視したいポイントも補足しながら解説してみます。

例文①:具体例を充実させることがポイント

P

PREP法は具体例を充実させることがポイントです。

R

結論や理由は基本的にシンプルな文章で構成することから、具体例がアッサリしてしまうと内容が全体的に浅く感じられてしまいます。

E

PREP法で書く文章の文字数は「1:2:4:1」の割合が目安

P(要点):25文字
R(理由):50文字
E(具体例):100文字
P(要点のまとめ):25文字

具体例には、表やリストを使用することも効果的です。

P

「要点と理由はシンプルに、具体例は具体的に」を心がけています。

ぎょぎょぎょ

「具体例の充実がポイント」であることをPREP法で書いてみました。

PREP法の基本は「結論をシンプルに伝えること」です。

そのため、文章は可能な限りムダを省く(文字数を減らす)ことが求められます。

しかし、中身がスッカラカンな文章では読者が納得しません。

結論や理由の文字数を増やすと伝わりづらさが増してしまうので、具体例を充実させましょう。

ぎょぎょぎょ

結論や理由は「早く知りたい」、具体例は「深く知りたい」のニーズを満たすもの。

例文②:具体例に引用を使うことも効果的

P

PREP法の具体例には、権威性のある文献を引用することも効果的です。

R

権威性のない具体例は、読者の信用を失うリスクが伴うこともあります。

E

私は○○を心がけています。
なぜなら××だからです。
有名な△△はこう言っていました。
その言葉を聞いて、私は○○をより強く意識しようと感じました。

著名人の言葉を引用して発言の説得力を強めることは、ビジネスシーンでの報告やスピーチでもよくある手法です。

P

信用できる情報元に限られますが、権威性のある文献を引用することで具体例を充実させられます。

ぎょぎょぎょ

「具体例に引用を使うことも効果的」であることをPREP法で書いてみました。

文章の内容を充実させようと大げさなことを書いてしまうと、読者に疑いの目で見られてしまうリスクがあります。

とくに権威性のないWebライターは、その傾向が顕著です。

引用には「パクリ」のようなマイナスイメージを感じるWebライターもいます。

しかし、公的で信用できる情報であれば、信頼を得るためにも積極的に活用すべきです。

ぎょぎょぎょ

引用する場合は「引用元」の記載を忘れずに!

Webライティングで意識すべきこと|PREP法はひな型でしかない

PREP法を活用したWebライティングでは、以下のポイントを意識しましょう。

  • とにかく結論から書くこと
  • PREP法にこだわりすぎないこと
  • 構成はシンプル・内容は具体的に

とにかく結論から書くこと

とにかく結論から書くこと

PREP法に慣れるコツは、とにかく結論から書くことです。

結論さえ書いてしまえば、以降の文章は「なんで?→たとえば→だから」とつなげられます。

読者がWeb記事に求めることは「結論」です。

結論のないWeb記事は、読者にとって読む価値がありません。

もちろん、結論に対する理由や具体例も大切です。

しかし、必須項目ではなく、文章の説得力を増すための「付加価値」として認識しましょう。

PREP法にこだわりすぎないこと

PREP法にこだわり、文章を構成に無理やり当てはめる必要はありません。

あくまで結論をシンプルに伝える文章論法の一つであり、必要に応じた使い分けが大切です。

たとえば「事実」を伝える場合は、理由や具体例が不要となることもあります。

WordPressの有料テーマ「SANGO」の購入価格は1万1,000円(税込)です。

有料テーマ「SANGO」の購入価格を知りたい読者であれば、上記の文章でニーズを満たせます。

ほかの有料テーマと比較検討したい読者には、具体例として料金表を提示すると良いでしょう。

伝えたい内容次第では、PREP法に当てはまらないこともあります。

理由や具体例がどうしても浮かばないときは、思い切って省略してみましょう。

構成はシンプル・内容は具体的に

構成はシンプル・内容は具体的に

あらためて繰り返しますが、PREP法の基本は「結論をシンプルに伝えること」です。

つまり、結論以外は具体的な内容を求められます。

あくまでもPREP法は「文章構成をまとめる手法」であり、活用すれば内容が充実するわけではありません。

PREP法の例文①

私はWebライティングに自信があります。
なぜならWebライターの経験があるからです。
たとえばエンジニア向けサイトの記事を執筆した実績があります。
過去に学んだ経験がスキルとなり、Webライティングの自信につながっています。

PREP法の例文②

私はWebライティングに自信があります。
なぜなら年間100本ペースでWebライティングに携わった実績があるからです。
Webメディア「○○」様では、実績を評価され専属契約をいただきました。
専属契約に至るまでには時間がかかりましたが、以下の取り組みを地道に重ねたことが結果につながったと感じています。

・よくある指摘をチェックリスト化してミスを減らした
・文章の欠点やクセを相談しながら改善点を見つけた
・資格取得に向けて週に1度勉強する時間を設けた

クライアント様からも「成長が見える」との評価をいただいており、読者に価値を届けるWebライティングには自信があります。

上記2つの例文は、どちらも同じテーマをPREP法で書きました。

前述の「例文①」はシンプルにまとまっていますが、根拠が薄くて内容に納得できません。

PREP法はあくまで「シンプルに書くための手段」と考え、内容は具体的に記載しましょう。

ぎょぎょぎょ

自分にとっては「些細なエピソード」と感じることでも、読者にとっては気づきにつながることもありますよ(読者は基本的に「初心者」だから)

伝えたいことはPREP法で整理しよう|合言葉は「結論から」

伝えたいことはPREP法で整理しよう|合言葉は「結論から」

Webライティングにおいて、PREP法の知識は必要不可欠です。

結論をスムーズに伝えられる便利な論法を使わない理由はありません。

まとめの一言

PREP法で重要なことは、とにかく「結論」から書くこと。

結論さえ書いてしまえば、以降は「理由は?」「具体例は?」とロジカルに文章を組み立てられる。

慣れない時期は文章執筆にどうしても苦戦します。

理由や具体例の書き方に苦戦してしまう場合は、一言ずつ書くことから始めてみてください。

一言では「物足りないな」と感じたら、少しずつ付け足すように修正してみましょう。

ぎょぎょぎょ

この記事を書くのも結構苦労しているので、上手く書けなくても気にせずステップアップしましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次