【Transcope:レビュー】SEOに強いAIライティングツールを使ってみた

当ページのリンクには広告が含まれています。

AIに文章を書いてもらっても、結局自分で修正しなきゃいけないよね…

文章執筆の効率化を期待して、AIライティングツールを活用する人が増えています。

しかし、SEOに満足できる文章を生成できず、あまり役に立たないと感じることもあるのではないでしょうか。

そこで今回は、SEOに強いAIライティングツール「Transcope(トランスコープ)を使ってみました。

実際にTranscopeで生成した文章例をもとに、使用感やおすすめの使い方などを解説します。

taku

ほかのAIライティングツールとの比較・使い分けも考察してみました。

執筆者プロフィール

taku
  • Webライター(4年)
  • Webディレクター(1年)
  • 元システムエンジニア(8年)

未経験からフリーランスのWebライターに転身。
保有資格:SEO検定1級・FP3級
2つのブログを運営しています。

目次

SEOに強いAIライティングツール「Transcope」

(出典:SEOに強いAIライティングならTranscope

Transcopeは、SEO効果に優れた文章を生成するためのAIライティングツールです。検索結果に上位表示されているサイトのキーワードや見出し構成といった情報をもとに、AIが文章を自動生成してくれます。

また、競合分析や誤字脱字チェックなど、Webサイトやブログのコンテンツ制作に役立つ機能も充実。セルフでは時間のかかる作業をAIにおまかせすれば、コンテンツ制作の効率化にもつながります。

おもな特徴・機能

Transcopeの特徴
  • GPT-4を利用した文章生成が可能
  • 競合サイトの分析結果をもとに文章生成が可能
  • URLや画像などのさまざまな入力形式に対応
  • 他社と類似した文章が生成されにくい
  • 無料プランも利用可能

Transcopeは、OpenAI社のAPI「GPT-4」を利用しています。話題のChatGPT(有料)でも使用されているGPT-4は、2023年6月現在の最新APIです。

Transcopeの優れているポイントは、GPT-4の性能をSEOに発揮するための仕組みが備わっていること。競合サイトの分析や多彩なフォーマットへの対応は、Transcopeならではの強みでもあります。

Transcopeの機能一覧
  • キーワードやURLからコンテンツ生成
    • キーワードやURLを入力してコンテンツを生成。文章の条件を与えることや検索結果からコンテンツを生成することも可能。既存文章の要約・リライトもできます。
  • 画像ファイルからコンテンツ生成
    • アップロードした画像ファイルから文字情報を読み取ってコンテンツを生成。また、文字情報がない画像でも、属性を推測してキーワードを抽出できます。
  • CSVからコンテンツ生成
    • 大量のコンテンツを一括で生成。CSVをアップロードしてコンテンツを生成できます。
  • 競合分析を基にしたAIライティング
    • 検索キーワードやURLで競合分析を実施。上位表示サイトでよく利用されている重要キーワードを含んだ、Googleで上位表示されやすいコンテンツを手軽に生成できます。
  • 見出し構成から長文をAIライティング
    • Transcopeが提案したタイトル・見出しから、数千文字以上のSEOに強いコンテンツを生成。また、選んだ見出しごとに、書いてほしい文章を具体的に指示できます。
  • 生成されたコンテンツのAIリライト
    • 生成したコンテンツをAIがリライト。競合分析結果から、上位表示サイトでよく利用されている重要キーワードを含めた文章にリライトします。
  • サジェストで利用されているキーワードを提案
    • Google・Amazon・楽天・Yahooショッピングで、サジェストとして利用されているキーワードを提案。サジェストキーワードをもとに、コンテンツ生成できます。
  • 生成されたコンテンツのブックマーク
    • 生成されたコンテンツから、お気に入りのコンテンツをブックマークに登録できます。
  • 手入力された文章の自動誤字脱字チェック
    • 生成されたコンテンツに手入力で加筆修正した文章を解析。誤字脱字を検出して、自動で校正できます。
  • 生成されたコンテンツの各種チェック機能
    • 生成したコンテンツが競合サイトのコピペになっていないか、薬機法に抵触していないかをチェックできます。
  • サイトのGoogle検索順位調査
    • サイトの検索キーワードごとに、Googleの検索順位を調べられます。
  • 画像上の不要な文字を削除
    • 画像上の不要な文字やオブジェクトを、マウスでなぞるだけで削除。Photoshopを利用できない人でも使用できます。

料金プラン

料金プラン月額料金(税込)機能
Free無料4000文字/月のコンテンツ生成
一部機能制限あり
検索順位調査:3ワードまで
サポート:メール・商談
Basic10,000円/月4万文字/月のコンテンツ生成
全機能利用可能
検索順位調査:10ワードまで
サポート:メール
Pro35,000円/月20万文字/月のコンテンツ生成
全機能利用可能
検索順位調査:100ワードまで
サポート:メール・打ち合わせ
Enterprise60,000円/月60万文字/月のコンテンツ生成
全機能利用可能
検索順位調査:1000ワードまで
サポート:メール・打ち合わせ
Transcopeの料金プラン
料金プラン
(税込)
機能
Free
無料
4000文字/月のコンテンツ生成
一部機能制限あり
検索順位調査:3ワードまで
サポート:メール・商談
Basic
10,000円/月
4万文字/月のコンテンツ生成
全機能利用可能
検索順位調査:10ワードまで
サポート:メール
Pro
35,000円/月
20万文字/月のコンテンツ生成
全機能利用可能
検索順位調査:100ワードまで
サポート:メール・打ち合わせ
Enterprise
60,000円/月
60万文字/月のコンテンツ生成
全機能利用可能
検索順位調査:1000ワードまで
サポート:メール・打ち合わせ
Transcopeの料金プラン

Freeプランでは、Google検索結果に基づいたコンテンツ生成、自動誤字脱字チェック、コピペチェック、薬機法チェックが利用できません。

Transcopeで文章を生成してみた

今回は、キーワード「ai ライティング seo」で文章を生成してみました。

また、Transcopeでの文章生成には、おもに2種類の方法があります。

Transcopeでの文章生成方法
  • コンテンツ生成
    • おもに1000文字未満の文章生成に使用する
    • サイトURLや画像からも文章を生成できる
  • ドキュメント生成
    • 1000文字以上の長文生成に使用する
    • 記事タイトルや見出し構成も生成できる

以降の見出しでは、それぞれの方法で実際に文章を生成しながら「ログイン~文章生成」の流れを紹介します。

taku

すべて無料プランの範囲で実施しています。

Transcopeの使い方①|会員登録・ログイン

まずは、Transcopeへログインします。

初めてログインする場合は、無料の会員登録が必要です。

会員登録は「メールアドレスの登録」または「Googleアカウントでログイン」のみで完了します。

所要時間は、約1分程度でした。

個人情報の入力が不要なので、スムーズに完了します。

Transcopeの使い方②|コンテンツ生成

コンテンツ生成では、以下5種類の情報から文章を生成できます。

  • フリーテキスト:単語や文章からコンテンツを出力
  • URL:Webページのタイトルや見出しからコンテンツを出力
  • 画像:画像の文章情報からコンテンツを出力
  • Google:キーワードの検索結果からコンテンツを出力
  • CSV:CSVファイルからコンテンツを一括出力

今回は「フリーテキスト」を選択して、任意のキーワードから文章を生成してみます。

フリーテキストには「ai ライティング seo」を入力。また、以下のオプションを設定します。

雰囲気コンテンツのテーマに合わせて指定可能(フリーワード可)
文字数生成する文章の文字数を指定
提案数生成する文章のパターン数を指定
言語日本語・英語・中国語から指定
出力形式文章・キャッチコピー・HTMLから指定
追加条件AIに対する追加の指示を入力
入力例)”対策”という言葉を使うこと
オプション一覧
雰囲気コンテンツのテーマに合わせて指定可能
(フリーワード可)
文字数生成する文章の文字数を指定
提案数生成する文章のパターン数を指定
言語日本語・英語・中国語から指定
出力
形式
文章・キャッチコピー・HTMLから指定
追加
条件
AIに対する追加の指示を入力
入力例)”対策”という言葉を使うこと
オプション一覧

オプションの入力まで完了したら、コンテンツの生成を実行します。

コンテンツの生成が完了すると、提案数に指定した数だけ文章が出力されます。

提案によって文章の表現方法が異なるので、それぞれの良いところを組み合わせて構築するのもおすすめです。

taku

各パターンごとに、約1000文字ほどの文章が生成されました。

生成した文章:パターン①(タップで開く)

インターネットの世界では、優れた情報が瞬時に伝わることが求められます。そのため、検索エンジン最適化(SEO)は非常に重要な要素となっております。AIライティングを活用することで、SEO対策も効果的に行えることが分かってきました。

まずはじめに、AIライティングとは何かを整理しましょう。AIライティングとは、人工知能を使って文章を生成する技術です。これにより、効率的で質の高いコンテンツ作成が可能になります。

では、AIライティングがSEO対策にどのように役立つのでしょうか。まず、キーワード選定です。AIは大量のデータを瞬時に解析する能力を持っていますので、適切なキーワードを選ぶことができます。その結果、ユーザーが検索エンジンで入力するキーワードにマッチしたコンテンツを作成することができ、検索エンジンの上位表示に繋がります。

また、AIライティングは、独自の視点で情報を組み立てることができます。人間が持っている先入観や偏見を排除し、純粋にデータを基に文章を構成するため、質の高いコンテンツが生まれます。これは、グーグルなどの検索エンジンにおいて、良質なコンテンツが評価されるため、SEO対策に効果的です。

さらに、AIライティングによるコンテンツ作成は効率的です。人間が行うライティング作業と比べ、AIによる文章生成は圧倒的に短い時間で行うことが可能です。時間を節約することができれば、その分多くのページを作成し、SEO対策の幅を広げることができます。

しかし、AIライティングにも注意点があります。AIが生成した文章はチェックを怠ると、意味が通らない文章や誤った情報が混入することがあります。また、SEO対策には、リンクや画像などの要素も重要であるため、AIライティングだけに頼らず、ユーザビリティの向上にも目を向けましょう。

最後に、AIライティングとSEOは密接な関係があります。今後、AI技術の進化により、さらに効果的なSEO対策が期待できるでしょう。しかし、AI技術はあくまでツールであり、効果的なSEO対策を行うためには人間の知恵や努力が欠かせません。AIライティングを上手く活用しつつ、適切なSEO対策を行うことで、インターネット上での情報発信力を高めていくことが大切です。

生成した文章:パターン②(タップで開く)

インターネット上で情報を発信する際、AIライティングとSEO対策は密接に関連しております。これらの技術を理解し、適切に活用することで、検索エンジンでのファインダビリティが向上し、より多くのユーザーがあなたのコンテンツに辿り着くことができるようになるでしょう。

AIライティングは人工知能を用いた文章生成技術です。これにより、手間と時間を大幅に削減し、効率的に執筆作業を進めることが可能となります。また、AIは常に最新のSEO対策を分析し、適切なキーワードを用いた文章構成を提案し、あなたの文章が検索エンジン上でより高い評価を受けることをサポートします。

SEO対策は、検索エンジンのアルゴリズムに基づいてコンテンツを最適化する手法です。これを行うことで、検索結果の上位に表示され、ターゲットとするユーザーに達する確率が向上します。SEO対策にはいくつかの要素がありますが、その中でも特に重要なポイントは以下の通りです。

  1. キーワード選定
    ターゲットとするキーワードは、ユーザーが検索する際に入力する言葉です。これを適切に選定し、ページタイトルや見出し、本文に織り込むことで、検索エンジンがページ内容を理解しやすくなります。
  2. 内部リンク
    ページ間で適切な内部リンクを張ることで、検索エンジンがサイト内のコンテンツを効率的にクロールし、全体的な評価を高めることができます。
  3. 外部リンク
    他の信頼性の高いサイトからリンクされることで、検索エンジンはそのページが価値ある情報であると判断し、評価を上げることができます。
  4. コンテンツの更新
    定期的にコンテンツを更新し、最新の情報を提供することで、検索エンジンから好まれるとともに、ユーザーにも魅力的なサイトとなります。

AIライティングとSEO対策は、それぞれ切り離して考えることができないものです。効果的なコンテンツ戦略を展開するためには、両者を組み合わせ、柔軟に対応することが求められます。今後のデジタル情報発信において、AIライティングとSEO対策を適切に取り入れ、多くのユーザーに情報を届けることができるよう心掛けていきましょう。

また、出力した文章に対して、改善や校正も実行できます。

たとえば、改善を実行する場合には、文章の雰囲気やボリュームを変更可能です。

Transcopeの使い方③|ドキュメント生成

ドキュメント生成では、記事タイトルや見出し構成を含めた長文が生成できます。

ドキュメント生成のおもな流れ
  1. 対策したいキーワードを指定
  2. キーワードに対する競合分析からタイトル・構成案を生成
  3. 必要に応じてタイトル・構成案を修正
  4. タイトル・構成案から記事本文を生成
  5. 5000文字ほどの文章が完成!

今回は「AIにおまかせする」を選択し、任意のキーワードから文章(記事)を生成してみます。

上位表示させたい検索キーワードへ「ai ライティング seo」を入力。

「分析を開始する」ボタンをクリックします。

記事タイトルと見出し構成を生成するため、競合サイトの分析が実行されます。

競合分析はバックグラウンドで実行されるため、画面から離れても問題ありません。

また、分析完了時には、会員登録時に指定したメールアドレスに通知が届きます。

taku

約3分ほどで完了通知のメールが届きましたよ。

競合分析が完了すると、結果に基づいた「記事タイトル」「見出し構成」が表示されます。

まずは、記事タイトルの候補から、任意のタイトルを選択しましょう。

taku

AIが生成したとは思えないようなキャッチャーなタイトルで驚きました。

競合分析結果からは、見出し構成も自動生成されます。

画面キャプチャでは一部しか表示できていませんが、合計16個の見出しが生成されていました。

画面右側の入力欄では、見出し構成の細かな編集も可能です。

編集できること
  • 見出し階層の変更
  • 見出しタイトルの変更
  • 見出し配下の本文文字数の指定
  • 見出し配下の本文に対する指示(オプション)

記事タイトルと見出し構成がまとまったら、「保存する」ボタンをクリックして文章生成を開始しましょう。

ドキュメントの生成には、数分ほど時間がかかります。

生成処理はバックグラウンドで実行されるので、画面から離れても問題ありません。

taku

約5分ほどで完了通知のメールが届きました。

ドキュメントの生成が完了すると、一覧のステータスが変更されます。

生成されたドキュメントには、各見出しと配下の文章が生成されていました。

taku

たったの5分で、約5000文字の記事が生成できちゃいました!

生成した文章(タップで開く)

AIが切り開く新時代!効率的なAIライティングSEOツールの活用法と事例紹介

AIライティングSEOの革新的な可能性

近年、AI(人工知能)を活用したSEOライティングが急速に発展しています。AI SEOは、検索エンジンやユーザーのニーズに適応した高品質なコンテンツを効率的に生成することが可能です。また、AI技術を用いたライティングツールは、キーワードや検索ボリュームを考慮した文章を作成することができます。これにより、ビジネスからブログ運営者まで、幅広い分野でAI SEOの活用が進んでいます。

さらに、AI SEOライティングツールは、専門知識や長時間のリサーチが不要になるため、時間を節約しながらクオリティの高いコンテンツ作成が可能です。これにより、企業や個人のマーケティング活動が効果的に展開でき、業績の向上が期待できます。

AIライティングSEOの基本とは

AIライティングSEOとは、AI技術を利用して検索エンジン対策に最適なコンテンツを生成することで、Googleなどの検索エンジンでより高い順位を得る方法です。AIライティングツールは、SEO対策に重要となるキーワードやタイトルを適切に取り入れるだけでなく、ユーザーの質問に対する解答も的確に行うことができます。

また、AI SEOライティングでは、Webサイトのコンテンツの質を向上させることが目的です。そのため、効率的なライティングプロセスを実現することで、ビジネスや個人のブログ運営におけるSEO対策を強化することが可能になります。

AIライティングツールの機能とメリット

AIライティングツールは、様々な機能を有しており、具体的なメリットがいくつかあります。まず、AIライティングツールは、短時間で高品質なコンテンツを生成できることが大きな魅力です。これにより、従来の手作業に比べて効率的に文章を作成することが可能です。

また、AIライティングツールは、入力されたキーワードをもとに最適なコンテンツを生成し、検索エンジンのアルゴリズムに対応した最新のSEO対策を適用することができます。これにより、高い検索順位とユーザー満足度を両立させることが可能となります。

さらに、AIライティングツールは、テキストだけでなく、画像やデータ分析など、多様なコンテンツ作成にも対応しています。それにより、企業や個人のSNSやメールマーケティングなど、幅広いチャネルでの活用が可能です。

Googleとの相性を考慮したAIライティング

AIライティングSEOでは、Googleとの相性を重視することが重要です。Googleは定期的に検索アルゴリズムを更新しており、AIライティングツールもそれに合わせた最適なコンテンツ生成が求められます。この点を考慮することで、検索ユーザーのニーズにより適切に応える高品質なコンテンツが生成できます。

また、Googleはユーザーに適切な情報提供を実現するため、コンテンツの質に重点を置いています。そのため、AIライティングツールを使用する際は、適切なキーワードや質問への回答を行いながら、ユーザー満足度を高めることが課題となります。これらの観点から、AIライティングとGoogleとの相性を最適化することで、SEO効果を最大限に引き出すことが可能となります。

AIライティングSEOツールの効率的な活用方法

AIライティングSEOツールは、Webサイトやブログなどのコンテンツ作成を効率的に行うためのサービスです。この記事では、AIライティングSEOツールの効率的な活用方法について解説します。まず、キーワード分析を行い、適切なキーワードを選びます。次に、AIライティングツールを利用して、選択したキーワードを含む文章を生成します。この方法で、効果的なSEO対策が可能となります。また、Googleや他の検索エンジンからの評価も高く、サイトの順位が上がることが期待できます。最後に、独自の文章生成機能を活用し、SEO対策を加速させることができます。

キーワード分析とAIライティングツールの連携

キーワード分析は、SEO対策において重要なポイントです。適切なキーワードを選ぶことで、ユーザーにとっても求めている情報が見つかりやすくなります。AIライティングツールを活用することで、選択したキーワードを含む文章を自動で生成できます。これにより、効率的なコンテンツ作成が可能となり、企業や個人が運営するWebサイトやブログでのSEO対策がより効果的に進められます。

コンテンツ作成の効率アップを実現

AIライティングツールは、コンテンツ作成の効率化を実現します。短時間で高品質な文章を生成することが可能であり、これにより時間を節約し、より多くのコンテンツを作成することができます。さらに、文体をカスタマイズする機能もあり、SNSやメールなどのさまざまな用途に対応する文章を生成することができます。

独自の文章生成でSEO対策を加速

独自の文章生成機能を備えたAIライティングツールを活用することで、SEO対策を加速させることができます。これらのツールは、一般的な文章生成方法とは異なるアプローチを採用し、より効果的なSEO対策を目指します。また、ユーザーのニーズに合わせたコンテンツを簡単に作成することができ、検索エンジンからの評価も高まります。

ChatGPTを活用したAIライティングの事例

ChatGPTは、OpenAIが開発したAIライティングツールで、多くの企業や個人が利用しています。このツールを利用すると、キーワード分析から文章生成まで、効率的に行うことができます。また、独自のテキスト生成機能を活用し、様々な書式や文体でのコンテンツ作成が可能です。いくつかの事例を紹介します。

1. マーケティング会社が、広告キャンペーン用のコンテンツを短時間で作成

2. 個人が運営するブログで、ユーザーが興味を持つ可能性のある記事を効率的に生成

3. 企業が、TwitterやSNSでのコンテンツを素早く作成し、発信する

これらの事例からも、AIライティングツールを効果的に活用することで、SEO対策を加速させるとともに、コンテンツ作成の効率を高めることができると言えます。

ブログ運営での成功事例

ブログ運営で成功を収めるためには、検索エンジン対策やキーワードの最適化が必要不可欠です。この分野では、AI SEOライティングツールを活用することにより、効率的に高品質なコンテンツを生成し、Googleの順位を改善する事例が多く見られます。特に、画像やテキスト等のコンテンツ素材をマーケティング戦略に適用しながら、結果の分析や改善に努めることが成功への鍵となります。

また、一部サービスでは、無料でAIライティングツールを利用できるプランも提供されており、月額制のサービスやChatGPTによる生成コンテンツが好評を博しています。これらのツールを適切に活用し、独自の分析やデータを取り入れることで、ユーザーに対して有益で魅力的なブログ記事を提供している事例が多く存在します。

SNSマーケティングでの効果的な利用法

SNSマーケティングにおいて、AI SEOライティングツールを効果的に利用する方法が注目を浴びています。Twitterや企業の公式アカウントでは、検索エンジン最適化の対策を意識したキャッチーなタイトルや説明文の生成が一部で行われており、効果が実感できる事例が増えています。

また、独自のデータや統計情報をもとに、創造的なキャンペーンやイベントのアイデアを考案する際にも、AIライティングツールが積極的に活用されています。これにより、ターゲットユーザーへのアプローチや広告の配信効率が向上し、企業やブランドの知名度を高めることが可能となっております。

さらに、AIライティングツールを用いたSNSマーケティングでは、ユーザーの関心を引くような画像や動画、スペシャルコンテンツの制作が容易になっており、これらを組み合わせて効果的なマーケティング戦略を展開する事例が増えています。

企業広報やWebサイト制作への適用

企業広報やWebサイト制作にAI SEOライティングツールを適用することで、より効率的に優れたコンテンツを作成できることが実証されています。これにより、企業のウェブサイトやポータルサイトにおいても、適切なキーワードを用いた最適化が可能となり、サイトのアクセス数やコンバージョン率が向上する事例が見られます。

また、チャットボットや自動メール作成においても、AI SEOライティングツールが活用されることで、ユーザーとのコミュニケーションを円滑に進めることができます。さらに、独自に開発されたAI技術を企業内の様々な業務に応用することにより、コスト削減や効率化が実現される事例が増えています。

ただし、AIライティングツールを適用する際には、人間の専門家による品質チェックや内容確認が不可欠であることを念頭に置くことが重要です。これにより、AIと人間が連携してより高品質なコンテンツを制作し、企業広報やWebサイト制作において成功を収めることができます。

AIライティングSEOの今後の展望と注意点

AIライティングSEOの今後の展望では、OpenAIやGoogle等の研究開発によって、より高度な生成コンテンツや検索適用が期待されています。しかし、その一方で、利用ポリシーに関する厳格化やアップデートの適用が求められており、ツールを利用するうえでの注意点も増えています。

また、データのプライバシーや著作権に関する問題が取り沙汰されることもあり、ユーザーはその対策に十分な配慮が必要とされています。何より、AI SEOライティングツールが十分な効果を発揮できるよう、適切な導入や対応が重要であることを強調する必要があります。

AIライティングSEOの限界と人間ライターの重要性

AIライティングSEOは、確かに効率やコスト削減の面で大きなメリットをもたらしていますが、その限界も同時に指摘されています。例えば、機能や精度の進化にも関わらず、文章のニュアンスや感情表現においては人間ライターに劣ることが指摘されています。

さらに、ユーザーが求めるコンテンツやデザインの要求に応えるうえで、個々のニーズや事例に対応できることが重要であり、その点では人間ライターに比べてAI SEOライティングツールは限定的であると言わざるを得ません。

従って、AIと人間ライターが協働することが、より効果的なコンテンツ制作やマーケティング戦略の鍵となります。また、ライターが自らの専門知識や技術を磨きながら、AI SEOライティングツールを効果的に活用することで、最適なコンテンツ制作が実現されることでしょう。

無料ツールと有料サービスの選択ポイント

無料ツールと有料サービスの選択ポイントについて、以下に解説します。まず、無料ツールは検索エンジン最適化(SEO)対策を行う上で必要な基本的な機能が揃っており、無駄なコストを掛けずに活用できます。しかし、運営するサイトやブログの規模が大きくなった場合、無料ツールだけでは対応しきれなくなる場合があります。

ここで有料サービスが登場します。有料サービスは、一般的に無料ツールよりも高度な機能を提供します。さらに、専門的なサポートも受けられるため、効率的なSEO対策が可能です。ただし、利用料金がかかるので、事前にコストと効果を検討する必要があります。

無料ツールと有料サービスを選択する際のポイントは、以下のようになります。1. 自分の運営するサイトやブログの規模を考慮する。2. 必要な機能とサポートの範囲を把握する。3. 利用料金と効果のバランスを検討する。4. 評価や口コミをチェックし、信頼性のあるサービスを選ぶ。以上のポイントを確認することで、最適なSEOツールを選択できるでしょう。

プライバシーポリシーと著作権問題の対処法

プライバシーポリシーと著作権問題の対処法について、以下に詳しく述べていきます。まず、プライバシーポリシーは、ユーザーの個人情報を適切に管理し、適法かつ適切な方法で取り扱うことが重要です。WebサイトやSNSを運営する企業や個人は、プライバシーポリシーを明確に記載し、ユーザーに周知させる必要があります。また、適切な情報管理のために、関連法規や規定に対応し、定期的なチェックを行うことが求められます。

次に、著作権問題については、インターネット上のコンテンツを利用する際に注意が必要です。画像やテキストなど、他人の作品を無断で使用することは、著作権法に違反する場合があります。特に、企業や個人がビジネスで利用する場合は、著作権侵害による法的なトラブルを避けるため、以下の対処法が効果的です。1. 自分で作成したコンテンツを使用する。2. 著作権フリーの素材を提供するサービスを活用する。3. 利用許諾を得た素材を使用する。4. 著作権保護期間が経過した作品を利用する。

以上の対処法を実践することで、プライバシーポリシーと著作権問題に適切に対応し、安心してインターネット上で活動を行うことができます。

使用感レビュー|Transcopeは人をダメにする(めっちゃ楽)

実際にTranscopeを使ってみて、率直に感じたことは「めっちゃ楽」でした。

SEOの観点からも概ね問題のない文章が、ほんの数分で完成しちゃいました。

taku

「なんも考えなくていいや」って思ってしまった(笑)

とはいえ、Webライターの視点から「そのままWebに公開してもまったく問題なし!」とは言い切れません。

そこで、使用感をレビューしながら「良い・悪い」と感じたポイントをいくつか紹介します。

良いと感じた3つのポイント

  • たった数分で記事を生成できる
  • 簡単に使いこなせる
  • SEOに強いコンテンツを生成できる

Transcopeの使い方③|ドキュメント生成」の見出しで、5000文字程度の記事を生成しました。実際にTranscopeを活用して、記事を生成するまでのスピード感やクオリティは業務でも使えるレベルだと感じています。

また、初めての利用でしたが、とくに使い方に迷うこともありませんでした。振り返ってみれば、僕自身がやったことなんて「キーワードを指定して、ボタンを押しただけ」です。

taku

記事を制作するときに、ChatGPTを活用することがあります。ChatGPTの回答の質を高めるため、質問の仕方には悪戦苦闘することばかりです。

Transcopeには、ChatGPTで悩みがちな「質問の仕方を考える手間」を解消できることにもメリットがありました。しかも、上位APIのGPT-4を利用できるので、アウトプットのクオリティも段違いでした。

taku

実際に生成した文章も「概要→活用方法→具体例→注意点」の流れでスムーズに読みやすい記事構成でした。

悪いと感じた3つのポイント

  • 文章の修正・ファクトチェックが必要
  • 無料プランではできないこともある
  • 個人で利用するには割高かも

Transcopeで生成した文章を編集者の視点でチェックすると、やはり手直しが必要だと感じる箇所もちらほらと見つかります。

といっても、Transcopeに限らず、文章の修正やファクトチェックは、AIライティングツールを利用するうえで避けられません。

むしろ、修正やファクトチェックだけで済むから「楽になった」とポジティブに考えるべきなのかな?

taku

「自分が上司になったつもりで、部下のAIくんが作った文章をレビューする」って流れが、AIライティングの基本になるかもね。

AIライティングツールには「結局、自分でやらなきゃいけないことがある」と、ネガティブな感情をもつ人も多い気がします。個人的にも、AIが集めてきた情報の出どころがわかることが理想的です。

あと、無料プランでは、一部の機能に制限がありました。全機能を利用するには、有料プランへの加入が必要となるのですが…個人で利用するには「ちょっと高いかな」といった印象です。

とはいえ、Transcopeは「GPT-4(月額20ドル)」を採用しているので、若干割高になるのは仕方ないのかなとも思います。むしろ、機能の制限があるにしても、無料プランで使用できるのは太っ腹なのかもしれません。

ほかのAIライティングツールと比較・使い分け

AIライティングツールは、Transcopeだけではありません。

ここでは、個人的に利用したことのある「ChatGPT」「Catchy」との比較や使い分けを考察してみます。

AIライティングツール基本プラン(税込)
TranscopeFree:無料
Basic:10,000円/月
Pro:35,000円/月
Enterprise:60,000円/月
ChatGPT基本無料(GPT-3.5)
ChatGPT Plus(GPT-4):20ドル/月
CatctyFree:無料
Starter:3,000円/月
Pro:9,800円/月
料金プラン一覧
AIライティング
ツール
基本プラン
(税込)
TranscopeFree:無料
Basic:10,000円/月
Pro:35,000円/月
Enterprise:60,000円/月
ChatGPTGPT-3.5:無料
GPT-4(※):20ドル/月
※ChatGPT Plus
CatctyFree:無料
Starter:3,000円/月
Pro:9,800円/月
料金プラン一覧

ChatGPTとTranscopeの比較

(出典:ChatGPT

基本無料で利用できるChatGPTは、いまでは定番のAIチャットサービスです。Transcopeと同様にOpenAI社のAPIを使用しています。

ただし、ChatGPTの無料版とはAPIのバージョンが異なるため、アウトプットされるコンテンツの質に差があります。

ChatGPTの特徴
  • 基本無料で利用できる
  • 無料の場合はAPIがGPT-3.5
  • チャット型サービスなのでライティング用途では使いにくい
Transcopeの特徴
  • SEOに強いコンテンツを生成できる
  • 無料プランでもGPT-4を利用できる
  • AIライティングに特化したサービス

ChatGPTは、無料で手軽に利用できる反面、求める回答を得るのに苦戦しがちです。そのため、質問の仕方を工夫する必要があり、数千文字の記事を生成するには時間がかかります。

また、無料で利用する場合のAPIがGPT-3.5となるため、GPT-4と比較するとどうしてもクオリティの差が否めません。そこで、下記のような用途に応じて、それぞれ使い分けることをおすすめします。

ChatGPT
Transcope
  • 一部の見出しや導入文など、部分的な文章の生成に活用する
  • Transcopeで生成した記事の部分的なリライトに活用する
  • 類語や言いかえなど、文章表現を変えたいときに活用する
  • まとまった記事コンテンツの生成に活用する
  • SEOに自信がない場合の「改善点の発見」に活用する

CatchyとTranscopeの比較

(出典:Catchy – 国内最大級のAIライティングアシスタントツール

Catchyは、国内最大級のAIライティングツールです。キャッチコピーや記事制作など、目的に合わせた100種類以上のツールを利用できます。

Transcopeと同様に、Webライティングに活用できるツールです。しかし、どちらかといえばTranscopeのほうが、よりSEOに効果的な文章生成を実施できます。

Catchyの特徴
  • 現状はGPT-3.5ベース
  • 用途別に100種類の生成ツールを使用できる
  • 有料プランの料金が比較リーズナブル
Transcopeの特徴
  • SEOに強いコンテンツを生成できる
  • 無料プランでもGPT-4を利用できる
  • 上位サイトの分析結果を確認できる

Catchyは100種類の生成ツールがあり、用途に応じた文章生成が可能です。とくにキャッチコピーやセールスレターなど、短めの文章を生成することに優れています。

いずれもAIライティングに適したツールであり、無料プランも利用できるので、下記のような用途で使い分けてみるのも便利です。

Catchy
Transcope
  • タイトルや見出しで使えるキャッチコピーの生成に活用する
  • コスパよく記事を生産したい場合に活用する
  • 一部の見出しや導入文など、部分的な文章の生成に活用する
  • まとまった記事コンテンツの生成に活用する
  • 執筆済みの記事をよりSEOに強くするためのリライトに活用する
  • 競合調査やサイト分析の業務効率化に活用する

Transcopeのよくある質問

無料で使い続けられますか?

無料プランなら、毎月4000文字のコンテンツを生成できます。

ただし、余った文字数を翌月に繰り越しできないため注意しましょう。

いつでも解約できますか?

有料プランは、最低契約期間が1ヶ月に設定されています。

また、途中解約による返金は受け付けていません。

AIで文章生成することはペナルティにならないですか?

AIで文章生成すること自体に問題はありません。GoogleのAI生成コンテンツに関するガイダンスでも、文章の制作方法ではなく、ユーザーにとって役立つ高品質なコンテンツであるかどうかで評価することを明言しています。

ただし、AIで生成した文章は、一般的にはコンテンツの独自性が不足してしまいます。そのため、SEOの効果を最大限に発揮するためには、運営者ならではの体験談や権威性を加えることも重要であると考えるべきです。

【結論】TranscopeはSEOの効率化に優秀!

今回は、AIライティングツール「Transcope」を使ってみた感想を紹介してみました。

良いところ
悪いところ
  • たった数分で記事を生成できる
  • 簡単に使いこなせる
  • SEOに強いコンテンツを生成できる
  • 文章修正・ファクトチェックが必要
  • 無料プランではできないこともある
  • 個人で利用するには割高かも

検索上位のサイトを分析しながら文章生成してくれるので、アウトプットされたコンテンツに、ほんの少し手を加えるだけで十分に活用できるレベルだと感じました。

競合サイトの調査や分析は、想像以上に手間と時間がかかります。だからこそ「ちょっと修正するだけで済む」ことが、SEOを意識したコンテンツ制作で超重要!だったりもします。

GPT-4を無料で利用できるサービスは、Transcope以外にはまだまだ少ない現状です。AIライティングツールに興味がある人は、まずは無料プランからお試しで活用してみませんか。

\ まずは無料プランから /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次