パラグラフライティングって何?Webライターに役立つの?って話

Webライティングの情報収集のため「~ライティング」を検索していたところ、見慣れないワードを見つけました。

みなさんは「パラグラフライティング」って知っていますか?

僕は「また新たなワードが生まれたのか」と思いましたが、実は以前からある言葉だそうです。

taku

僕が知らないだけでした。

そこで今回は「パラグラフライティングって何?」をテーマに、活用する目的やメリットを解説します。

今回はできる限り「Webライターの視点」で、活用するコツや例文などを紹介します。

執筆者プロフィール

taku
  • Webライター(4年)
  • Webディレクター(1年)
  • 元システムエンジニア(9年)

未経験からフリーランスのWebライターに転身。
保有資格:SEO検定1級・FP3級
2つのブログを運営しています。

目次

パラグラフライティングとは?

パラグラフライティングとは、論文や報告書などの文章をわかりやすく構成するため手法です。

文章の段落や節ごとの「まとまり」を意識して、読者が理解しやすい文章構造を構築するのが目的です。

パラグラフ(paragraph)は、文章の「段落・節」を表す言葉。

一般的には、以下の3要素で構成します。

  1. 主題文
  2. サポート文
  3. 結論文

各要素をスムーズにつなげることで、一貫性のある文章にまとまります。

パラグラフライティングは、専門的な書類や学術的な論文のスムーズな理解を促すのに役立ちます。

調べてみると、大学の論文のように学術的な用途で活用されている印象があるね。

taku

段落ごとにトピックをまとめる文章構成は、ビジネスシーンでも情報共有や報告・提案に活用できそうです。

目次へ戻る

パラグラフの基本構造

パラグラフライティングには、基本的な構造の理解が欠かせません。

基本的な構造

主題文で始まり、サポート文で情報を展開。そして、結論文で締めくくるのが基本の構造です。

構造を適切に利用することで、読者が理解しやすいメッセージを伝えられます。

主題文の書き方(トピック・センテンス)

主題文(トピック・センテンス)は、パラグラフのメイン要素です。

パラグラフ全体の内容や論点を明確に示します。

主題文を効果的に書くためには、文章の要約をシンプルにまとめるのがポイントです。

文章の先頭で要約を伝えると、読者がパラグラフを読み進める動機付けとなります。

サポート文の書き方(サポーティング・センテンス)

サポート文は、主題文で提示した内容を具体的に補足します。

以下の要素で主題文を具体化しながら、文章に説得力を加えるのが重要です。

  • 根拠
  • 体験談
  • 具体例
  • 統計データ
  • 引用

また、サポート文は主題文に対して関連性があり、テーマからズレないように心がけるのも大切です。

結論文の書き方(コンクルーディング・センテンス)

結論文は、パラグラフの「まとめ」として機能します。

パラグラフ全体の要点を再確認したり、次の段落への橋渡しをしたりするのが一般的です。

結論文で要点を振り返ると、読者に強く印象を残せます。

目次へ戻る

パラグラフライティングの基本ルール

パラグラフライティングには、5つの基本ルールがあります。

上記のルールに沿って文章を書くと、要点を把握しやすい文章構造を構築できます。

また、文章全体の流れをまとめられるので、執筆者自身の書きやすさ・情報整理にも効果的です。

パラグラフには1つのトピックを当てはめる

1つのパラグラフには、1つのトピックを当てはめます。

Webライティングの観点で言うと「1つの見出しで1つのメッセージを伝える」ってことです。

パラグラフに複数のトピックが混在してしまうと、読者が本題(伝えたいメッセージ)を見失ってしまいます。

悪い文章例

パラグラフライティングのポイントは、1パラグラフに1トピックを意識すること。あと、1文目には要約をまとるのも効果的。1文目に要約をまとめておけば、補足や具体例をパラグラフのまとまりで解説しやすい。つまり、1パラグラフに1トピックが重要ってこと。

上記の悪い例文では「1パラグラフに1トピック」「1文目には要約を書く」の2トピックを解説してみました。

よほど回転の速い頭脳がなければ、複数の要素を同時に説明されても「1つずつ教えて!」となるはず。

だから、1つのパラグラフでは、1つのトピックに焦点を当てるのがポイントです。

パラグラフの1文目にトピックの要約をまとめる

パラグラフの1文目には、トピックの要約をまとめます。

極端に言えば、1文目だけ読めばパラグラフの内容を理解できるのが理想的です。

パラグラフライティングを用いる論文や専門書は、基本的には膨大な文章量でまとめられています。

文章全体を読むには時間がかかるので、先頭の1文で要点をスムーズに理解できる構成が欠かせません。

悪い文章例

とても悩んでいる。どうすれば読者に伝わるのかわからない。難しいテーマだから?文章力がないから?少し身近なテーマに当てはめて考察してみるのがいいかもしれない。あっ、パラグラフライティングの話です。

要約には結論や主張など、筆者が「もっとも伝えたいメッセージ」を含めるのが効果的です。

パラグラフには要約に関連する補足のみを書く

パラグラフライティングは、文章を以下の要素で構成します。

  • トピック・センテンス(要約)
  • サポーティング・センテンス(補足)
  • コンクルーディング・センテンス(まとめ)

つまり、1文目に要約を示したら、あとは「補足」「まとめ」を書くだけです。

taku

“書くだけ”なんて簡単に言いましたが、文章執筆で意識すべき重要なポイントです。

とくに論文や報告書は、各要素のボリューム(文字数)が増えがち。

関連する情報を絞らないと読んでいる途中で「何の説明だっけ?」と頭が混乱してしまいます。

パラグラフ自体のボリュームが増えるほどに、読者が「1つのトピックに集中できる状態」を維持する工夫が必要です。

悪い文章例

パラグラフライティングは、要約・補足・まとめの流れで文章を構成するのが基本。Webライター的には、PREP法と似ていると感じますよね。PREP法は、要点・理由・具体例・まとめの流れで伝える文章論法です。パラグラフライティングを書くときも、流れに沿ってトピックを絞りましょう。

パラグラフ間のつながりを意識する

パラグラフライティングは、1文目の要約(トピック・センテンス)を読むだけでメッセージを伝えるのが理想です。

つまり、パラグラフごとのトピック・センテンスに「論理的なつながり」が求められます。

わかりやすく言い換えると、各パラグラフの1文目を抜き出せば、記事全体の要約にまとまるはずです。

パラグラフライティングは、ルールに沿って書くのがポイント。ルールに沿って文章を書くと、要点を把握しやすい文章構造を構築できます。

まず、1つのパラグラフには、1つのトピックを当てはめます。Webライティングの観点で言うと「1つの見出しで1つのメッセージを伝える」ってことです。

また、パラグラフの1文目には、トピックの要約をまとめます。1文目だけ読めばパラグラフの内容を理解できるのが理想的です。

そして、パラグラフには要約に関連する補足のみを書きましょう。要約・補足・まとめの流れで文章を構成するのが基本です。

マーカー箇所がトピック・センテンス(1文目)です。

1文目を抜き出すと?

パラグラフライティングは、ルールに沿って書くのがポイント。まず、1つのパラグラフには、1つのトピックを当てはめます。また、パラグラフの1文目には、トピックの要約をまとめます。そして、パラグラフには要約に関連する補足のみを書きましょう。

全体の要約にまとまる。

パラグラフライティングを意識した文章なら、先頭だけを読めば概要がわかり、全体を読めば詳細を理解できます。

また、飛ばし読みする場合を想定して、必要に応じて「接続詞」を入れるのも効果的です。

「”また”の接続詞は場面の転換、”そして”で結論を迎える」のように、接続詞を有効活用すれば文章の流れがスムーズに伝わります。

接続詞の入れすぎは「文章の冗長化」を招く要因なので、必要最低限にとどめるのもポイントです。

接続詞の種類と使い方はこちら

パラグラフの読みやすい長さを意識する

パラグラフライティングは文章をわかりやすく構成するため手法であり、読みやすい長さ(文字数)を意識するのも重要です。

どれだけ構成を整えても、ダラダラと長文を書いてしまうと読みにくさを感じてしまいます。

とはいえ「読みやすい長さ」に明確な基準はありません。

そこで、Webライティングをベースに考え、約80~100文字を目安とします。

  • 要約:20~30文字(1文)
  • 補足:40~50文字(2~3文)
  • まとめ:20~30文字(1文)

文章に求められる文字数は、掲載する媒体や記事のテーマによって異なります。

数字を意識しすぎないように「必要最低限の要素にまとめる」「自分自身が読みやすいかどうか」を心がけるのも大切です。

目次へ戻る

PREP法と何が違うの?どちらを使えばいいの?

パラグラフライティングって「PREP法」に似てない?

先頭で要点を伝えて、以降の文章で補足(理由・具体例)を伝えるのは、PREP法と同じ仕組みです。

それもそのはず。

どちらも文章をわかりやすく構成するために「同じ目的」で活用するから。

じゃあ、Webライティングでは、どちらを使えばいいのか。

結論

どちらも使っていいし、どちらか片方でもいい。

具体的には、以下のように使い分けるのが効果的です。

  • 記事全体の構成は「パラグラフ」で整理する
  • パラグラフごとの「文章」はPREP法で書く

パラグラフライティングとPREP法は、どちらも文章を読みやすくまとめるのが目的。

目的が同じなので、無理に両方を使うのではなく、用途に応じて使い分けるのが効果的です。

taku

個人的には「パラグラフライティング」にこだわって記事を執筆しなくてもいいかなって印象でした。

PREP法の活用方法はこちら

目次へ戻る

積極的にスキルの引き出しを増やそう

今回は、Webライター向けに「パラグラフライティング」を解説してみました。

正直なことを言うと、パラグラフライティングを理解しなくても執筆業務に困ることはありません。

ただし、文章校正の手法を学び、スキルの引き出しを増やすことには価値があります。

文章力を向上させるためには、継続的なアウトプットが欠かせません。

しかし、同じような文章を「ただ書いているだけ」では、スキルの幅が広がりません。

書籍の要約をまとめる、短いエッセイを書く。

パラグラフライティングを意識したアウトプットには、さまざまな方法があります。

文脈の表現方法を学びながら、スキルの引き出しを増やしてみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次