リード文の書き方を5ステップで解説|テンプレートあり【コピペOK】

リード文(導入文)の書き方にいつも迷っちゃうんだよね…。

taku

リード文の書き方に悩んだときは、5つのステップを意識してみよう!

Web記事のリード文(導入文)は、読者が本文を「読んでみようかな?」と判断する重要な役割です。

そこで今回は「5ステップでわかるリード文の書き方」をテーマに、重要な理由や書くときのコツを解説します。

まとめの見出しには、学習効果を高めるための「理解度チェック」も用意しています。

taku

焦らずにじっくりと理解を深めながら読み進めてみてください!

執筆者プロフィール

taku
  • Webライター(4年)
  • Webディレクター(1年)
  • 元システムエンジニア(8年)

未経験からフリーランスのWebライターに転身。
保有資格:SEO検定1級・FP3級
2つのブログを運営しています。

目次

リード文が重要な理由

記事の冒頭部分であるリード文は、本文以上に重要と言われています。

検索からたどりついた読者が最初に読む文章であり、記事全体の「第一印象」を左右する重要な要素です。

読者と記事をつなぐ役割がある

読者と記事をつなぐ役割がある

リード文が重要視される理由は、読者と記事をつなぐ役割があるからです。

リード文は「導入文」とも呼ばれ、読者を記事本文へと導くための文章を指します。

読者を本文へ導くためには、記事に興味をもってもらうのが重要です。

リード文を読んだ段階で「この記事は役に立ちそうだな」と読者の心を惹きつけましょう。

読者の心を惹きつけるためには、リード文にどのような役割を果たしてもらうといいのかな?

リード文の重要な役割
  • 読者の共感を得る
  • メリットを提示して期待を高める
  • 記事の内容を簡潔に伝える(本文へのハードルを下げる)
taku

上記のポイントを意識すると、読者と記事の距離を近づける優秀なリード文が書けますよ。

読者に記事を読むメリットを伝えられる

読者に記事を読むメリットを伝えられる

読者に「記事を読むメリットがある」と伝えるのも、リード文の重要な役割です。

記事から得られるメリットが悩みの解決に役立つとわかれば、読者は本文まで読み進めたくなります。

記事に価値を感じてもらうには?
  • 共感を得る(自分に向けられた記事であると認識してもらう)
  • 根拠や理由を示す(記事の内容を信頼してもらう)

上記のように記事を読むメリットを提示すれば「自分の悩みを解決できそう!」と読者の期待が高まります。

まさにリード文は、読者に記事の価値を売り込むセールスマンのような存在です。

読者が記事を読むかどうかの判断材料となる

読者が記事を読むかどうかの判断材料となる

記事の冒頭部分であるリード文は、読者が最初に閲覧する重要なコンテンツです。

リード文が記事の第一印象を左右するため、読者が本文を読み進めるかどうかの判断材料でもあります。

記事の第一印象がよくないと、読みたい気持ちが冷めちゃうかも。

taku

読者は「知りたい答えがあるか」「読む価値があるか」をできるだけ早く判断したいと考えているだろうね。

情報を検索している読者は、自分が求めている答えにたどり着きたがっています。

その答えがあるかどうか(読み進めるべきかどうか)をスムーズに判断できるリード文であれば、読者を満足させられるはずです。

リード文の印象を良くするには
  • 記事の概要や得られるメリットを示す
  • わかりにくい言い回しや難しい専門用語を避ける

目次へ戻る

リード文の書き方を5ステップで解説

読者が満足できるリード文には、重要な5つの要素が含まれています。

それぞれの要素を意識しながら、リード文を5つのステップで書いてみましょう。

読者の悩みを想定する

読者の悩みを想定する

まずは、読者の悩みを想定して、共感できる言葉を示します。

下記のように、悩みに問いかけたり共感を求めたりしながら読者の心をつかみましょう。

「こんなことに悩んでいませんか?」
「最近とある問題で困っていました…」

リード文で共感を得られると、読者自身が記事を自分事と認識して読み進めてくれます。

記載例|ダイエット記事の場合

悩みに共感する一言

「痩せたいと悩んでいませんか?」

さらに深く共感を得るには?

「糖質制限にチャレンジしたのに、リバウンドに困っていませんか?」

taku

ターゲットを絞った表現は、読者の共感をより深く得られますよ。

記事で提示する解決方法と読者の悩みがズレていると、読者の気持ちが離れてしまいます。

読者に「あなたのことを理解してますよ」という気持ちを伝えられるように意識してみましょう。

記事から得られるメリットを示す

記事を読めば得られるメリットを示す

記事を読むと得られるメリットも伝えましょう。

読者にメリットを示すと「じゃあ読んでみようかな」という気持ちになります。

具体的には、STEP①で提示した悩みの解決方法を簡潔に示します。

そして、記事を読むべき理由として、解決すると得られるメリットを提示しましょう。

記載例|ダイエット記事の場合

解決方法を提示する

「リバウンドしないダイエットには、食事方法の改善が必要不可欠です。」

メリットを提示する

「太らない食事方法を理解すれば、無理な食事制限をしなくても、リバウンドしない健康的な食生活が続けられます。」

taku

記事から得られるメリットを伝えて、読者に本文への興味をもってもらいましょう。

デメリットの提示も効果的|読まないと損をする

読者の心をひきつけるには、記事を読まないと発生するデメリットを示すのも効果的です。

「この記事を読まないと損しますよ」と書かれていたら、ついつい読み進めちゃうかも。

デメリットの提示例

食生活で糖質やカロリーを制限しているなら、すぐに当記事を読んでください。

不適切な食事制限は、代謝が落ちて痩せにくい身体となってしまう原因です。

人間には「損失回避バイアス」と呼ばれる利得よりも損失のほうが大きく感じる心理的傾向が働きます。

ただし、不安をあおるようなデメリットは、読者にネガティブな印象を与えてしまうので注意が必要です。

taku

デメリットの重要度が高い場合を除き、基本的にはメリットを優先しましょう。

解決できる理由や根拠を示す

記事を読めば解決できる理由や根拠を示す

読者に記事の内容を信用してもらうため、解決できる理由や根拠を提示しましょう。

読者は「書いてある内容が本当に正しいのかな?」と、基本的に疑いや不安をもっています。

taku

たとえば、下記の記事を選ぶ場合、どちらを参考にしたいと思いますか?

  • 現役携帯ショップ店員がおすすめする「最新スマホ5選」
  • 雑記ブロガーがおすすめする「最新スマホ5選」

記事の内容を信用してもらうためには「誰が書いたのか」「どこから得た情報なのか」といった信ぴょう性を裏付ける理由や根拠が必要です。

記事の根拠となる「執筆者の権威性」や「情報源の信頼性」をわかりやすく伝えましょう。

信ぴょう性を裏付ける理由や根拠の一例
  • 専門的な資格や肩書き
    (例:ジムトレーナー、FP2級など)
  • 特定分野での実績
    (例:-20㎏のダイエットに成功、副業で月収10万円超え達成など)
  • 信頼できる情報源
    (公的機関、論文、専門家の著書など)
肩書も実績もない場合はどうすればいい?

肩書や実績がなくて悩んでしまう場合は、これまでの経験から小さな成果を探してみましょう。

たとえ小さな成果でも、初心者からすれば参考になる身近な目標です。

また、ささいでもリアルな体験談を知りたがる読者は少なくありません。

例)ブロガーの場合
  • ブログ未経験からスタート
  • 3ヶ月の継続と収益化を達成

上記の肩書きは、経験者からすれば小さな実績です。

しかし、これから挑戦しようとしているブログ初心者にとっては、身近な目標であり、気になる体験談でもあります。

叶えられる未来を示す

記事を読むことで叶えられる未来を示す

記事を読むと叶えられる、読者の生活がよりよく変化した未来を示しましょう。

悩みを解決した未来が読者に伝わると「実現したい!」の気持ちが高まり、本文を読み進めたくなります。

よりよく変化した未来「ベネフィット」

読者の未来を示すのは、STEP②で提示するメリットと似ています。

しかし、メリットは、記事を読むと得られる知識や効果などの「情報」です。

STEP④では、メリットから得られるポジティブな変化や恩恵である「ベネフィット」を書きます。

ベネフィットはマーケティング用語であり、簡潔に説明すると「いい感じになった未来の様子」です。

記載例|ダイエット記事の場合

メリット

「太らない食事方法を理解すると、リバウンドしない健康的な食生活が続けられます。」

ベネフィット

「スリムなスタイルをキープできれば、おしゃれなファッションをさらに楽しめます。」

いい感じの未来がイメージできるように、読者の気持ちが盛り上がるようなベネフィットを書いてみましょう。

記事本文の概要を伝える

記事本文の概要を伝える

リード文の締めでは、記事全体のテーマ(概要)を簡潔に伝えましょう。

本文の概要を伝えると、読者が記事のテーマを理解できます。

例)概要の伝え方

「今回は初心者に向けて、〇〇の書き方について解説します」

「失敗を防ぐための〇〇の注意点とコツを紹介します」

また、読者の行動を後押しするようなひと言も効果的です。

「自分にもできるかも!」と、本文を読み進めるモチベーションが高まります。

例)読者の背中を押すひと言

「すぐに実践しやすい3つの手順にまとめました」

「〇分で読み終わりますので、ぜひチェックしてみてください」

目次へ戻る

リード文を書くためのコツ

リード文をうまく書くためには、以下のコツを意識しましょう。

より洗練されたリード文を書くためにも、3つのコツをぜひ活用してみてください。

200~400文字でシンプルにまとめる

200~400文字程度でシンプルにまとめる

リード文は、200~400文字でシンプルにまとめましょう。

リード文が長すぎると読者が飽きてしまい、本文を読む前にページから離脱してしまうからです。

検索してきた読者は、悩みや疑問をできるだけ早く解決したがっています。

つまり、だらだらと長文で書いたリード文は逆効果です。

本文へとスクロールしてもらうのを意識して、簡潔でわかりやすいリード文を心がけましょう。

taku

記事の本文に書くべき内容を記載してしまうと、リード文が長くなりがちです。

読者の悩みを具体的に想像する

読者の悩みを具体的に想像する

「自分に当てはまる」と感じる悩みが具体的に書かれていれば、リード文が読者の心により深く刺さります。

例)仕事への悩み

悪い書き方

「仕事を辞めたいと悩んでいませんか?」

よい書き方

「上司のキツい言動や自分勝手な後輩のフォローなど、職場のストレスに嫌気がさしていませんか?」

後者のように情景が浮かぶような書き方は、読者が自分の悩みとして共感しやすくなります。

また、読者の悩みを具体的に想定する方法は、下記の2種類が一般的です。

  1. 悩んでいる人の声をリサーチする(アンケートやSNSの口コミなど)
  2. ペルソナを設定する(人物像を明確にした一人の悩みを想定する)

悩んでいる人の行動や考えを理解すると、読者の深い共感を得られるリード文が書けるようになります。

記事本文のあとに書いても良い

記事本文のあとに書いても良い

リード文は、記事本文の執筆後に書くのもおすすめです。

リード文は記事全体の要約でもあるため、本文を書き終えてからのほうが内容をスムーズにまとめられます。

taku

本文を書き終えた後のほうが、伝えたい情報を整理できた状態でリード文が書けますよ。

記事を書くときは、冒頭のリード文から書き始めてしまいがちです。

しかし、固定概念を捨て、本文から書くことで記事制作が効率よく進むこともありますよ。

目次へ戻る

すぐに使えるリード文のテンプレート|コピペOK

ここからは、コピペですぐに使えるリード文のテンプレートを2つ紹介します。

taku

「製品を紹介する記事」を想定してテンプレートを作成してみました。

悩みや不安の共感を誘うパターン

テンプレート

「○○って本当に効果があるのかな?」
「○○に興味があるけど、自分にも合っているのかな?」

本記事では、上記のような悩みを解決します。

筆者である私自身も、××の悩みを数年間抱えていました。しかし、○○を活用することで改善効果を実感し、いまでも使い方を工夫しながら愛用しています。

そこで今回は、数年間利用してみた経験をもとに、○○を活用するメリットや効果的な使い方を解説します。

この記事でわかること
  • ○○を活用するメリット
  • ○○の効果的な使い方
  • ○○を使用するときの注意点

上記のテンプレートは、とある製品の購入に迷っている人を想定したリード文です。

テンプレートには、以下のような情報を組み込んでいます。

  • 活用すれば悩みを解決できる
  • 筆者も実際に活用してる
  • 使い方を工夫できる
taku

紹介する製品やサービスにあわせて文章を変更するだけで、幅広く使いやすいリード文ですよ。

記事の概要から伝えるパターン

テンプレート
この記事でわかること
  • ○○が必要な理由
  • 5ステップでわかる○○の使い方
  • ○○を使用するときの注意点
  • ○○のよくある質問

初心者でも手軽に××できると注目を集める○○。しかし、効果を実感できず「本当に必要なの?」と疑問を抱く声もあります。

そこで本記事では、○○の必要性や使い方をわかりやすく解説します。

○○を効果的に活用すれば、専門知識がなくても××に挑戦可能です。

ただし、適切な使い方を理解する必要があるので、本記事では5つのステップで詳しく解説します。

上記のテンプレートは、とある製品の必要性や使い方を紹介する記事のリード文です。

「使い方」「作り方」のように、方法を解説する記事では悩みへの共感が不要な場合もあります。

そのような場合には、あえて記事の概要(要約)を先頭に配置するのも効果的です。

taku

リード文に必要な「共感」「概要」「ベネフィット」などの要素は、順序を入れ替えても問題ありません。

今回のまとめ|理解度チェックでおさらいしよう!

今回は「5ステップでわかるリード文の書き方」をテーマに、重要な理由やうまく書くコツを紹介しました。

学習した内容を理解度チェックでおさらいしてみましょう。

理解度チェック(タップで開く)

空欄箇所を表示するには?
パソコン:マウスカーソルを当てる
スマホ :タップする

リード文が重要である理由
  • 読者と記事をつなぐ役割がある
  • 読者に記事を読むメリットがあることを伝えられる
  • 読者が記事を読むかどうかの判断材料になる
リード文の重要な役割
  • 読者の共感を得る
  • メリットを提示して期待を高める
  • 記事内容を簡潔に伝えて本文へのハードルを下げる
記事から得られるメリットに価値を感じてもらうには?
  • 共感を得る(自分に向けられた記事であると認識してもらう)
  • 根拠や理由を示す(記事内容を信頼してもらう)
リード文の印象をよくするポイント
  • 記事の概要や得られるメリットを示す
  • わかりにくい言い回し難しい専門用語を避ける
リード文の書き方|5ステップ
  • 共感・問い読者の悩みを想定する
  • メリット|記事を読めば得られるメリットを示す
  • 信頼性・権威性|記事を読めば解決できる理由や根拠を示す
  • ベネフィット|記事を読むことで叶えられる未来を示す
  • 概要|記事本文の概要を伝える
信ぴょう性を裏付ける理由や根拠の一例
  • 専門的な資格や肩書き
    (例:ジムトレーナー、FP2級など)
  • その分野での実績
    (例:-20㎏のダイエットに成功、副業で月収10万円超え達成など)
  • 信頼できる情報源
    (公的機関、論文、専門家の著書など)
リード文をうまく書くための3つのコツ
  1. シンプルにまとめる
  2. 読者の悩み具体的に想像する
  3. 記事本文のあとに書いても良い

リード文は、読者が記事の第一印象を決める重要な役割です。

読者に「読んでみようかな!」と感じてもらえるよう、魅力的なリード文にチャレンジしてみましょう!

Webライティングの初心者講座へ戻る

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次