文字単価の安いWebライターから抜け出す方法【信頼がすべて】

単価の安いWebライターを抜け出すためには、クライアントの信頼を得るスキルと実績が必要不可欠です。

クライアントから信頼されるようなスキルと実績があれば、単価交渉や高単価案件の受注につながるチャンスを得られます。

「信頼を得る」と聞くと大変そうなイメージが浮かぶかもしれませんが、やるべきことは「コツコツとていねいに仕事する」だけです。

今回紹介する対策をチェックしながら、初心者からのステップアップを目指してみてください。

目次

Webライターが単価を上げる2つの方法

Webライターが単価を上げる方法は、基本的に以下の2種類が挙げられます。

  • クライアントに単価交渉する
  • 現状より高単価の案件を受注する

それぞれの方法には、異なるアプローチが必要です。初心者から抜け出し、一歩先を目指したいWebライターは、ぜひチェックしてみてください。

単価交渉に必要なこと

単価交渉にはクライアントの評価が必要

単価交渉に必要なことは「クライアントの評価を得ること」です。単価交渉の相手となるクライアントに貢献することで、初めて単価アップのチャンスを得られます。

クライアントにとって、単価を上げることはデメリットです。だからこそ業務をこなしながら、単価を上げるメリットがあるかどうかを評価してもらう必要があります。

クライアントによっては、単価アップの制度を設けている場合もあります。条件を満たすことで単価アップできるため、交渉に苦手意識がある場合は制度の活用もおすすめです。

単価交渉を成功させるための戦略

単価交渉を成功させるためには、クライアントの依頼に貢献することが大切です。

「貢献する」と聞くとハードルが高く感じてしまうかもしれませんが、やるべきことは難しいことではありません。

  • 継続して案件を納品する
  • 添削の指摘を減らす

高品質な記事を継続的に納品してくれるWebライターは、クライアントが手放したくない存在です。

クライアントの困りごとを把握して「替えのきかない存在」となることで、単価交渉を優位に進められるでしょう。

継続して案件を納品する

継続して案件を納品することは、単価交渉を実現するうえでの最低条件です。少なくとも10本程度の記事を納品することで、クライアントはWebライターのスキルや貢献度を評価できます。

クライアントの依頼通りに案件をこなすことは、仕事をするうえで「あたりまえ」のことです。しかし、長期間継続して貢献し続けることは、Webライターとして簡単なことではありません。

単価交渉を検討する場合は、継続して案件を納品することでクライアントに貢献する実績づくりから始めましょう。

添削の指摘を減らす

納品記事の指摘が少ないWebライターは、クライアントに良い印象を与えます。指摘の少ない記事は、クライアントの添削や編集の負担を減らすからです。

複数のWebライターに発注するクライアントは、それぞれの特徴やスキルなどを細かく把握しきれません。しかし、納品記事の指摘が少ないかどうかは、意外とハッキリ印象に残ります。

ぎょぎょぎょ

本当に困ったときのスーパーマンのような存在です。

どれだけ実績のあるライターでも、添削の指摘がなくなることはありません。それでも、指摘を減らそうと改善する姿勢は、文章を見ると伝わります。

「前回よりも一つでも指摘を減らす」を心がけて、クライアントに評価される記事を納品しましょう。

クライアントに交渉する【具体策あり】

10本以上の記事を納品し、クライアントとコミュニケーションする機会が増えてきたら、単価アップの交渉を検討してみましょう。

しかし、いざ単価交渉しようと思っても、具体的に何をすればよいのか、どのようなきっかけで相談すればよいのかわかりません。

そこで、相談の流れとして使える具体例を一つ紹介します。

紹介する相談内容は「案件の辞退」を交渉材料としています。案件の現状に満足している場合は、別の手段を検討しましょう。

ステップ①

以下の内容でクライアントに相談する。

ライター業務に慣れてきたので、ステップアップしたいと考えています。
今後の収入アップも検討したいため、今回のご依頼は辞退させてほしいです。

ステップ②

クライアントの回答を確認する。

【辞退を承諾】

そのまま辞退して、高単価の別案件を探す。

【単価アップを条件に引き止めの相談】

案件を継続する。

【単価アップ以外の条件で引き止めの相談】

条件を簡単にクリアできそう:案件を継続する(条件クリアを目指す)
条件のクリアが難しそう:案件を辞退する(別案件を探す)

相談内容としては、以下のニュアンスを伝えることが重要です。

  • ライターとしてステップアップしたい
  • 収入アップしたい願望がある
  • 別案件を探そうと検討している

前向きにステップアップを検討するWebライターは、クライアントも手放したくないはずです。納品実績の評価があれば、引き止めるための条件を提示してくれるでしょう。

提示された条件を達成できる見込みがなければ、相談の流れで辞退することをおすすめします。単価アップを交渉できる実績があれば、高単価の別案件を受注できるでしょう。

また、相談内容としてよくある「別案件が忙しくなりつつあるので…」の謳い文句は、おすすめできません。クライアントには気をつかってくれる人も多いので、素直に承諾されてしまう可能性があります。

ぎょぎょぎょ

忙しいのに無理には引き止められないよね…

高単価案件の受注に必要なこと

高単価案件の受注にはアピールできる実績が必要

高単価案件の受注に必要なことは「アピールできる実績とスキルを得ること」です。

高い報酬を払ってでも依頼したいと思わせるような、特出した魅力をアピールしましょう。

  • 読者が満足するWebライティングスキル
  • 検索順位の成果が出るSEOライティングスキル
  • 納期や報連相を順守できるビジネススキル
  • 特定分野の知見を活かした専門スキル

クライアントにアピールできるスキルはさまざまです。一つでも多くのスキルを身につけることで、他ライターを上回る魅力を伝えられるでしょう。

案件受注を成功させるための戦略

高単価案件の受注には、提案文に記載できるアピールポイントの習得が欠かせません。高い報酬に見合ったWebライターであることを伝えると、案件受注の成功に近づきます。

とくに以下3つの取り組みは、クライアントの評価を高める重要なポイントです。

  • SEOライティングを習得する
  • 専門分野の知識を深める
  • クライアントの観点を理解する

高単価案件の応募者は、基礎的なライティングスキルを身につけています。ライバルたちより一歩先に踏み出すためにも、特出したアピールポイントの習得に取り組みましょう。

SEOライティングを習得する

SEOライティングを習得することは、案件受注のアピールポイントとして効果的です。高単価案件を依頼するクライアントは、検索順位の上位表示を一つの目標としています。

SEOライティングはWeb記事を検索順位に上位表示するために必要であり、アクセス数やCV(コンバージョン)などの成果につながる重要な施策です。

詳細については別記事でも紹介しています。よかったら参考にしてみてください。

専門分野の知識を深める

文字単価を上げるためには、専門分野の知識を深めることも効果的です。専門分野に特化した案件は対応できるライターが少ないことから、文字単価が高い傾向にあります。

とくにIT系や金融系、美容系などの分野は、ライティング業務の案件が豊富です。興味のあるジャンルを学習しながら、ライティング業務に活かすことをおすすめします。

可能であれば、専門分野の資格取得もおすすめです。資格や肩書があると権威性を示せるので、Webライターとしての価値が格段に向上します。

クライアント目線を意識する

クライアントは案件の応募者から、募集要件に合ったWebライターを選びます。つまり、どのようなWebライターを「採用したい」と判断するのか、自分自身も理解すると効果的です。

クライアントは、自社ページを競合他社より検索上位に表示したいと考えています。そして、競合他社には書けない記事を執筆するために、専門分野に詳しいWebライターを募集するのです。

  • 読者が満足するWebライティングスキル
  • 検索順位の成果が出るSEOライティングスキル
  • 納期や報連相を順守できるビジネススキル
  • 特定分野の知見を活かした専門スキル

Webライターに必要なスキルは、大きく分けると上記の4種類です。

専門スキルについては、クライアントによって要求が異なります。しかし、それ以外のスキルは文字単価にかかわらず、どのクライアントも高品質を求めることに違いはありません。

少し難しいかもしれませんが「もし自分がクライアントの立場だったらどうする?どう考える?」といった視点で考えることも、単価につながる評価を得るためには大切です。

初心者Webライターを抜け出すために挑戦したいこと

初心者Webライターを抜け出すために挑戦したいこと

初心者Webライターから抜け出すためには、新しい取り組みに挑戦することも重要です。

コツコツと実績やスキルを積み重ねることも大切ですが、大きな変化を得るための取り組みにもチャレンジしてみましょう。

Webメディアの求人に応募してみる

ライティング業務は、クラウドソーシングサイト以外の方法でも受注できます。

Webメディアや法人企業は、以下の方法で案件募集を掲載することもあります。

  • 自社メディアの採用ページ
  • SNSの公式アカウント

また、専属ライターとして契約できれば、比較的高単価の執筆業務を担当できることもあります。

専属ライターは契約クライアント以外の案件を受注できませんが、一つの執筆業務に集中できるメリットを得られるでしょう。

執筆以外のスキルも習得してみる

Webライターは、執筆以外の方法でも収入アップを期待できます。とくに以下のスキルを習得できれば、Webライターとして業務の幅が広がるでしょう。

  • 構成作成
  • 画像制作
  • 写真撮影・編集
  • 動画編集
  • Webデザイン制作(HTML・CSSなど)

複数のスキルがあるWebライターがいれば、クライアントもわざわざ複数人を雇う手間を省けます。記事制作全般の対応スキルを身につけたい場合は、構成作成や画像制作の知識も必要不可欠です。

とくに個人ブログを運営している場合は、執筆以外のさまざまなスキルを活用する機会が多々あります。

ぎょぎょぎょ

できることが増えると楽しさが倍増しますよ!

キャリアアップを目指してみる

Webライターとしての実績を積み重ねることで、別職種へのキャリアアップも可能です。

Webライターから目指せる職業おもな業務・役割
Web編集者Webライターが執筆した記事をサイトで公開できるよう編集する役割(添削、修正、入稿など)
Webディレクター記事制作をプロジェクト管理する役割(ライターの手配、進捗管理、クライアント対応など)
WEBマーケターWebを使って企業の売上アップや販売促進に貢献する役割
WEBコンサルタントWebを使って情報発信したい企業へのアドバイスやサポートする役割

フリーランスであれば、編集者やディレクターをしながらライティング業務も継続できます。記事制作全体にかかわることで、ライティングの視野が大きく広がるでしょう。

単価の安いWebライターはクライアントに信頼される実績を得よう

単価の安いWebライターはクライアントに信頼される実績を得よう

単価の安いWebライターから抜け出すためには、クライアントに信頼される実績を得ることが重要です。実績を得てスタートラインに立つことで、初めて単価交渉や高単価案件の受注といった選択肢が見えてきます。

単価交渉や高単価案件の受注は、それぞれ達成するためのアプローチが異なります。しかし、いずれの方法も毎日誠意をもって案件に取り組めば、自然に達成できることです。

実績やスキルの乏しい初心者は、どうしても安い報酬で仕事する時期があります。焦らず実績を積み重ねることで、ステップアップするチャンスを掴めるでしょう。

高収入で稼いでいるWebライターはたくさんいます。この記事で紹介したことも参考にしながら、まずは自分にできそうなことから挑戦してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次