Webライターの稼げるジャンル7選|狙うべき専門分野と選び方を解説

収入アップを目指したいWebライターは、稼げるジャンルに注目しましょう。専門的な知識や経験を必要とするジャンルは、書く人を選ぶため単価が上がる傾向にあります。

しかし、不得意なジャンルや興味のないジャンルを書こうとしても、手間や時間がかかり苦労してしまうでしょう。

そこで今回は「ジャンル選びに失敗しないためのコツ」と「おすすめの稼げるジャンル」を紹介します。

目次

Webライターが稼げるジャンルを選ぶコツ

Webライターが稼げるジャンルを選ぶコツ

Webライターが収入アップを目指すためには、稼げるジャンルを選ぶことが重要です。

しかし、Webライティングのジャンルはさまざまであり、どのジャンルを選べば良いのか迷ってしまいます。

ジャンル選びで重要なポイントは、以下の2点です。

  • 専門性が高いジャンルを選ぶ
  • 知識や興味があるジャンルを選ぶ

専門性が高いジャンルは、文字単価が高い傾向にあります。経験や知識を必要とするため、執筆できるライターが少ないことがおもな要因です。

知識や興味があるジャンルを選べば、執筆や調査にかかる時間や負担を軽減できます。特化したジャンルを極めると、Webライターとしての権威性も増すでしょう。

つまり「専門性が高くて知識や興味もあるジャンル」が理想的といえます。

ぎょぎょぎょ

そんな都合の良いジャンルあるのかな?

専門知識が必要なジャンルは高単価

専門知識が必要なジャンルは、比較的高単価な傾向にあります。誰でも書けるジャンルではないため、対応できるだけでも貴重な存在です。

専門分野の執筆では「正確な情報を伝えること」を重要視します

あいまいな知識では執筆できない難しさはありますが、時間のコストを減らして高収入を得られるメリットが魅力的です。

ぎょぎょぎょ

専門知識が必要なジャンルは高単価だけど難しい!

経験や知識があるジャンルは執筆しやすい

経験や知識があるジャンルは、執筆や調査の時間を短縮できる「書きやすさ」が魅力です。

Webライターは単価を上げられなくても、執筆時間を短縮することで収入アップを期待できます。

知らないジャンルの記事を執筆すると、リサーチするだけでも想像以上の負担を感じます。

初心者の場合はモチベーションを保つことも大切なので、経験や知識がある書きやすいジャンルを選びましょう。

興味があるジャンルは調査の負担を減らせる

記事の執筆には、知識の有無にかかわらずリサーチが欠かせません。しかし、興味のないジャンルをリサーチすることは、理解することに苦労するだけでなく調べ方にも苦戦します。

ぎょぎょぎょ

キーワードの意味すら知らないこともよくある…

興味があるジャンルであれば、キーワードを知らなくても無意識に答えを「想定」できます。結果を想定できるかどうかは、リサーチの遠回りを防ぐことに効果的です。

キーワード(答え)を知らない人は「問題の解き方」からリサーチします。しかし、キーワードを知っている人(想定している人)は、問題の答えをリサーチして「答え合わせ」をするでしょう。

ぎょぎょぎょ

興味があるジャンルなら、知らないことでも楽しく調査できますよ!

おすすめの稼げるジャンル7選|高単価を狙える専門分野

以下のジャンルは専門知識が必要ですが、高単価の案件が豊富です。

  • 金融
  • 不動産
  • IT系
  • 美容
  • 医療
  • 転職
  • 恋愛・マッチング

得意なジャンルや興味のあるジャンルがあれば、積極的に挑戦することをおすすめします。

Webライターとしての収入を安定させるためにも、武器となるジャンルがあると便利です。

いずれのジャンルも「正確な情報を伝えること」が必須となります。あいまいな知識では対応できないため、日頃から情報収集する習慣づくりも大切です。

ジャンル1.金融

金融ジャンル

金融(お金に関するジャンル)は、専門性と説得力を求められる高単価なジャンルです。

金融ジャンルのおもな記事テーマ
  • クレジットカード
  • ローン
  • 投資信託
  • 資産運用
どんな人におすすめ?
  • FPの資格保持者
  • 銀行や証券会社の職務経験者

金融ジャンルの記事は「情報の正確性」を重視する傾向にあり、情報の正誤を見極められる知識や経験もライティングスキル以上に求められます。

対応できるWebライターは少ない現状ですが、情報を求める読者が多いことから需要が高まっているジャンルです。未経験だけど興味がある人は、FPの資格取得から挑戦してみましょう。

ジャンル2.不動産

不動産ジャンル

大金のやり取りが発生する不動産は、販売単価の高さから高単価を期待できるジャンルです。

不動産ジャンルのおもな記事テーマ
  • マイホームの購入・売却
  • 不動産投資
  • リフォーム・リノベーション
どんな人におすすめ?
  • 宅建の資格保持者
  • 不動産での職務経験者

不動産の売買は大金が動くため、利用者は不安の大きさから事前情報を求める傾向にあります。そのため、不動産ジャンルを扱うWebメディア需要は高く、高単価で受注できる案件が豊富です。

専門知識がない場合でも、住宅を購入した経験や賃貸マンションに住んだ経験など、身近な体験を活かせる案件もあります。

ジャンル3.IT系

IT系ジャンル

エンジニアやプログラマーなど、IT系のジャンルは注目を集めています。

IT系ジャンルのおもな記事テーマ
  • エンジニア・プログラマーの働き方
  • プログラミングの必要スキル
  • 便利なツール・ガジェット
どんな人におすすめ?
  • IT系業種の職務経験者
  • プログラミングスキルの保有者

一言にエンジニアといっても、ジャンルの幅が広いため需要に供給が追い付いていない現状です。

職務経験がなくても、学習方法やスクールに通った経験などを活かせる記事もあります。エンジニアとしてスキルアップしながら、アウトプットとして記事執筆する方法もおすすめです。

ジャンル4.美容

美容ジャンル

美容ジャンルは女性を中心に需要が高く、案件数も豊富です。

美容ジャンルのおもな記事テーマ
  • エステ
  • コスメ
  • 脱毛
  • ダイエット
  • サプリメント
どんな人におすすめ?
  • テーマに関する業種の職務経験者
  • エステやコスメなどの利用経験者

美容ジャンルの記事でも「脱毛」ジャンルは、とくに需要が高く案件数も増えています。脱毛サロンを利用した経験があれば、自身の体験談を活かせるでしょう。

美容ジャンルは多くの女性が興味をもつことから、ライバルが多いデメリットもあります。ライバルから案件を勝ち取るためには「薬機法」について学んでおくと良いでしょう

薬機法とは

医薬品や医薬部外品、化粧品および医療用具について「製造・販売・流通・安全対策」の適正化をはかることを目的とした法律。「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」と呼ばれている。

記事で商品を取り扱う場合は、薬機法に基づいて紹介する必要があります。その認識があるかないかで、ライターとしての信頼度が変わるでしょう。

ジャンル5.医療

医療ジャンル

医療ジャンルは専門知識を保有するライターが少ないことから、案件の単価が高くなる傾向にあります。

医療ジャンルのおもな記事テーマ
  • 症状や疾患の解説
  • 医療費や関連保険の解説
  • 病院やクリニックの紹介
どんな人におすすめ?
  • 医療従事者としての経験がある人
  • 医者や看護師、薬剤師などの職務経験者

医療ジャンルの記事は人の健康にかかわるため、専門的で正確な知識が必須です。経歴や保有資格を重視されるため、未経験者では案件の受注が難しいでしょう。

基本的には監修者によるチェックのもとで執筆します。専門知識とライティングスキルを兼ね備えたライターは少ないので、経験を活かせる人は果敢に挑戦してみてください。

ジャンル6.転職

転職ジャンル

最近は働き方が多様化してきたことから、転職ジャンルの需要が高まっています。

転職ジャンルのおもな記事テーマ
  • 転職エージェントの紹介
  • 転職の体験談
  • 職種の紹介
どんな人におすすめ?
  • 転職の経験者
  • 転職エージェントの利用経験者

転職ジャンルは専門知識を必要としないため、比較的簡単に挑戦できます。転職エージェントの利用経験があれば、体験談を活かした執筆活動も可能です。

比較的ライバルも多い傾向にあるため、多様な働き方やエージェントの特徴など、解説できる知識を日頃から収集することをおすすめします。

ぎょぎょぎょ

体験談だけではネタ切れしちゃうかも。

ジャンル7.恋愛・マッチング

恋愛ジャンル

恋愛やマッチングのジャンルも、高単価で需要が高い傾向にあります。

恋愛・マッチングジャンルのおもな記事テーマ
  • 過去の恋愛体験談
  • 婚活サービスの紹介
  • 出会い系・マッチングアプリの紹介
どんな人におすすめ?
  • 恋愛で悩んだ経験がある人
  • 婚活やマッチングサービスの利用経験者

恋愛の悩みや相談は尽きることがなく、多くの人がアドバイスを求めて情報を検索します。そのため、恋愛ジャンルの記事は需要が高く、アフィリエイト広告も豊富です。

記事執筆に専門知識は不要なので、過去の失敗談やサービスの利用経験があれば気軽に挑戦できます。

初心者向けジャンル3選|稼げないけど書きやすい

稼げるジャンルは基本的に専門知識を必要とします。そのため、初心者や未経験者は、高いハードルを感じてしまうでしょう。

そこで、ここからは初心者向けでも挑戦しやすいジャンルを紹介します。

  • 旅行・おでかけ
  • エンタメ(映画・アニメ)
  • 子育て・育児

上記のジャンルは誰でも書きやすいことから、低単価となる傾向にあります。それでも、短いサイクルで実績を積み重ね、コンスタントに収入を得るには十分活用できるでしょう。

ジャンル1.旅行・おでかけ

旅行ジャンル

旅行やおでかけのジャンルは、案件が豊富で初心者におすすめです。専門知識がなくても執筆できるため、気軽に挑戦できます。

旅行・おでかけジャンルのおもな記事テーマ
  • 観光スポットの紹介
  • 旅行の準備や観光中のポイント
  • 海外旅行の注意点
どんな人におすすめ?
  • 旅行好きな人
  • 観光関連の職務経験者

僕自身もWebライターを始めた当初は、観光スポットを紹介する記事からスタートしました。単価は0.5円と低かったのですが、執筆した経験は水族館ブログ「ぎょぎょさんぽ」に活かされています。

ジャンル2.エンタメ(映画・アニメ)

エンタメジャンル

映画やアニメなどのレビューを紹介するエンタメ系も、気軽に挑戦できるジャンルです。

エンタメ系ジャンルのおもな記事テーマ
  • 映画やアニメのレビュー・感想
  • 芸能ニュースのまとめ
どんな人におすすめ?
  • 映画やアニメが好きな人
  • 芸能ニュースに興味がある人

エンタメ系の情報は日々更新されるため、クライアントも大量のライターを確保する傾向にあります。

初心者でも案件を受注しやすいので、実績を積むために挑戦してみるのもおすすめです。

ジャンル3.子育て・料理

子育てジャンル

主婦を中心に子育てや料理のジャンルも人気を集めています。

子育て・料理ジャンルのおもな記事テーマ
  • 子育てのポイント・体験談
  • 料理のポイント・便利グッズ
どんな人におすすめ?
  • 子育て経験のある人
  • 料理好きな人

子育てや料理のジャンルは、自身の体験談を活用できます。また、専門知識が必要なく、リサーチも比較的簡単です。

アフィリエイト記事の案件も多いので、個人ブログに挑戦したい人はスキル取得にも役立てられます。

ジャンル選びで気になるQ&A

ここからは、ジャンル選びで気になる疑問をQ&Aでまとめてみました。

自分に合ったジャンルを見つけるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

専門知識や業務経験がないジャンルでも挑戦できる?

専門知識や業務経験がないジャンルへの挑戦はおすすめできません。案件に応募しても採用されないことがほとんどです。

どうしても挑戦したいジャンルがある場合は、最低限必要となりそうな知識を事前に学んでおきましょう。

たくさんのジャンルに挑戦してもいい?

挑戦するジャンルは、最終的に一つに絞ることをおすすめします

一つのジャンルに特化することで、専門分野のスペシャリストとしてアピールできる武器を得られるでしょう。

  • ガジェットのレビュー記事を100記事書いたWebライター
  • 色々な記事を広く浅く合計100記事書いたWebライター

同じ記事数を書いたWebライターでも、ジャンルに特化していることでクライアントから重宝される場合もあります。

ジャンルを広げすぎることは、リサーチの負担が増加する原因となります。自分に合ったジャンルを見つけるまでは、幅広く対応しながら取捨選択することも効果的です。

知らないジャンルだけど稼ぎたい…何とかならない?

知らないジャンルの案件を受注することは困難ですが、まったく記事を書けないわけではありません。とくに個人ブログであれば「取材」を活用することで、知らないジャンルでも挑戦できます。

Webライターには、記事を構成するスキルがあるはずです。書きたい内容を整理できれば、有識者への取材で知識を穴埋めできます

足りない知識は取材で補える

専門的なジャンルでは、有識者への取材で記事制作するクライアントがほとんどです。そのため、Webライターが多くの専門知識を求められることは意外にありません。

しかし、正確な情報を伝えるためにも、基本的には事前知識の有無が問われます。まったく知らないジャンルに挑戦する場合は、まずは個人ブログで実践してみましょう。

Webライターはジャンル選びも大切|知識と経験を活かして稼ごう!

Webライターはジャンル選びも大切

Webライターが稼ぐためには、ジャンル選びも大切です。とくに専門知識が必要となるジャンルは、対応できるライターが少ないことから高単価な傾向にあります。

稼げるジャンルの知識や業務経験があれば、集中的に実績を重ねてプロフェッショナルを目指しましょう。特定ジャンルに特化したWebライターは、積み重ねた実績が武器(権威性)となります。

経験や知識のないジャンルへの挑戦は、難しさを感じることもあるでしょう。そのような場合は、個人ブログで実践することもおすすめします。

過去の知識や経験を活かせるWebライターは、オリジナリティのある記事で価値を生み出せるはずですよ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次