失敗しない取材のコツとは|Webライターが意識すべき注意点

クライアントから取材対応を依頼された…マジ無理なんだけど…

Web記事は権威性が重要視されることから、取材をもとにした記事制作が主流となりつつあります。

そして、取材対応をWebライターに依頼するクライアントも増えています。

取材することに慣れていないWebライターは、不安を感じてしまうはずです。

ぎょぎょぎょ

僕も取材の経験があります。
でも、正直に言うと「緊張するし、やりたくねーな」って思いました。

結論を言うと、取材の不安を解消するには「しっかりと事前準備すること」が大切です。

そんな不安を解消するため、僕自身が工夫している「取材対応のコツ」を紹介します。

ぎょぎょぎょ

Webライターとして取材経験がある「ぎょぎょぎょ」が解説します。

この記事でわかること
  • Webライターが取材対応する背景
  • Webライターが取材の失敗を防ぐ6つのコツ
  • 取材トラブルを回避するための注意点
目次

Webライターは取材対応を依頼されることもある

Webライターは取材対応を依頼されることもある

Webライターのおもな業務は「記事を書くこと」です。

しかし、クライアント次第では取材対応を依頼されることもあります。

僕自身が所属するクライアントでも、最近はとくに取材を重要視する傾向にあります。

ぎょぎょぎょ

無理に対応する必要はないので、自信がない場合は依頼を断っても問題ありません。

背景|Web記事の権威性が求められている

取材が重要視される背景には、Web記事の「E-T-A」を求めるトレンドが影響しています。

E-A-Tとは

下記の要素を重要視することから、それぞれの頭文字を取った専門用語。

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

とくにExpertise(専門性)を高める手段として、以下の手法が効果的です。

  • 有識者に取材する
  • アンケート調査する

内容|記事を充実させる情報のヒアリング

有識者に取材するおもな目的は、以下のとおりです。

  • 有識者だから知っている独自情報をヒアリングする
  • 記事に記載する内容の信ぴょう性を高める

見ず知らずのライターが書いた記事なんて信用できない!

そんな読者の不安を少しでも和らげるためには、権威性のある有識者に力を借りるべきです。

また、専門的な情報は、記事のオリジナリティを高める効果も期待できます。

方法|Zoomが主流(30分~1時間ほど)

取材の方法は、以下の3種類が挙げられます。

最近はご時世もあり「Zoom」が主流です。

  • Zoom
  • 電話
  • 対面

取材の所要時間は、基本的に「30分~1時間」ほどです。

所要時間だけ見ると「長そうだな」と感じます。

しかし、実際に取材してみると、意外にも時間が不足しがちです。

ぎょぎょぎょ

取材相手がていねいに答えてくれると、後半に急いで質問を消化する事態も…

そんなときは「議事録」や「録音・録画」など、取材内容を振り返る手段を用意しましょう。

Zoomであれば録画機能があるので、取材後に見返しながら執筆できて便利です。

ぎょぎょぎょ

Zoomの無料プランを利用する場合は、時間制限(40分)があるので注意しましょう。

Webライターが取材の失敗を防ぐ6つのコツ

Webライターが取材の失敗を防ぐ6つのコツ

Webライターが取材に臨むときは、事前準備がとにかく重要です。

取材相手は基本的に初対面ですし、知らない分野の専門家を相手にすることも多々あります。

ぎょぎょぎょ

僕自身も詳しくない「美容の専門家」や「英会話教師」に取材した経験があります。

そこで僕自身の体験や工夫したことをもとに、取材の失敗を防ぐ「6つのコツ」を紹介します。

  1. 取材の目的を把握する
  2. 見出し構成を把握しておく
  3. 取材相手と事前に情報共有する
  4. 質問事項に想定する回答も記載しておく
  5. 取材のテーマを事前にリサーチしておく
  6. 取材中に信頼関係を築く

1.取材の目的を把握する

まずは「何のための取材か」を把握しましょう。

取材の目的によって、質問すべき内容が異なるからです。

  • 記事の信ぴょう性を高めたい
    →情報の正誤を確認する
  • 記事の独自性を高めたい
    →取材相手の体験談を聞き出す

記事に書かないような内容を質問すると、せっかく取材した情報と時間をムダにしてしまいます。

取材相手の認識もズレないように、質問事項を事前に伝えておくと良いでしょう。

2.見出し構成を把握しておく

取材で質問する内容は、基本的に「見出し構成」から検討します。

「取材で確認すべきこと=記事に書くべきこと」です。

見出し構成をもとに質問事項を考えると、確認すべきことの漏れを防げます。

ぎょぎょぎょ

Webライター自身が見出し構成を作成しない場合は、クライアントに提供してもらいましょう。

3.取材相手と事前に情報共有する

3.取材相手と事前に情報共有する

取材の目的や質問事項は、取材前日までに相手と情報共有しましょう。

取材相手は、取材に慣れているとは限りません。

また、インタビュアー側と同様に、取材相手も準備が必要です。

たとえ専門知識に長けていても、その場で質問されたことにはスムーズに回答できないこともあります。

取材相手も事前準備できるように工夫することが、回答の充実度をアップするための重要なポイントです。

ぎょぎょぎょ

相手に負担をかけないためには、フリートークさせないことが大切!

4.質問事項に想定する回答も記載しておく

事前共有する質問事項には、こちらが想定する回答も記載しておくことをおすすめします。

取材相手が「Yes or No」の一言で回答できる質問が理想的です。

取材は想定より時間がかかることもあり、質問数によっては取材相手に負担をかける恐れもあります。

想定した回答を記載しておくことで、取材相手の認識と一致していれば「そのとおりです」の一言で確認可能です。

ぎょぎょぎょ

質問数が多いときの「時短テク」としても効果的。

5.取材のテーマを事前にリサーチしておく

取材テーマに関連する知識は、事前にリサーチしておきましょう。

取材相手が話す専門的な知識や用語を理解できないと、取材中に頭がついていきません。

「たぶん理解してなさそうだな」って雰囲気は、意外にも表情から相手に伝わってしまいます。

取材中は話が脱線することもあるため、内容をまとめながら進めるのが理想的です。

ぎょぎょぎょ

取材相手が一方的にしゃべると「元々は何の話でしたっけ?」ってなりがち(取材あるある)

6.取材中に信頼関係を築く

6.取材中に信頼関係を築く

取材中に取材相手との信頼関係を築くことも重要なポイントです。

取材相手との会話が弾むと、想定外な「とっておき」のエピソードを引き出せることもあります。

ぎょぎょぎょ

「実はこの前、こんなことがあって~」のような情報がけっこう大事。

信頼関係を築くためのポイントは、以下のとおりです。

  • 相手の負担を減らすこと
  • 無知な状態で対応しないこと
  • 会話が一方通行とならないこと

専門知識のない素人が考えた質問は、あくまでも「基本的なこと」が中心です。

当初想定していなかったエピソードほど、記事の独自性を高めるためには重要となります。

ぎょぎょぎょ

僕は用意した質問をさっさと済ませて、余った時間で「伝えきれてないことありますか?」って確認してます。

取材トラブルを回避するための注意点

取材トラブルを回避するための注意点

取材対応には、思わぬトラブルが発生することもあります。

とくに取材後の記事執筆で「取材相手との認識のズレ」が生じるケースに注意が必要です。

ぎょぎょぎょ

今回は、よくあるトラブルの原因を3パターン紹介します。

よくあるトラブルの原因
  1. 取材者の意思に反する内容を書いてしまう
  2. 他者の評価を下げてしまう
  3. 連絡のやり取りが滞ってしまう

取材者の意思に反する内容を書かないこと

取材記事では、取材者の言葉や考えをストレートに伝えるべきです。

執筆者のニュアンスで言葉を変えてしまうと、取材者との認識のズレが生じることもあります。

また、執筆者の自己判断を、あたかも取材者の言葉のように伝えることも厳禁です。

ぎょぎょぎょ

取材者から「こんなこと言った覚えがない」とクレームが入ってしまいます。

取材者との信頼関係を築くためにも、執筆記事の監修も含めて依頼することをおすすめします。

他者(他社)の評価を下げないこと

取材者が提供する商品やサービスを紹介する場合は、他者(他社)の評価を下げないよう注意しましょう。

取材者を高く評価しすぎてしまうと、相対的に他者(他社)の評価を下げるような印象を与えてしまいます。

ぎょぎょぎょ

露骨な印象操作は、取材者自身の印象が悪化してしまう要因となります。

取材の目的は、あくまでも取材者から得た情報を伝えることです。

商標を比較する記事を書く場合には、公平性を保つことも意識しましょう。

連絡のやり取りが滞らないこと

取材相手との連絡は、滞ることがないよう注意しましょう。

取材相手を「待たせる」「放置する」ことは、クライアントの評価を下げる要因となります。

実際にあったトラブル

とある担当者が取材依頼への返信に気づかず放置していた。

依頼を受けた相手は、放置されたことに憤りを感じ、SNSへ不満を投稿。

結果として、担当者が所属するクライアントの評価を下げてしまうことに。

取材記事は、取材相手との信頼関係があって成立するものです。

社会人のマナーとして、スムーズな連絡のやり取りを心がけましょう。

取材対応できると業務の幅が広がる!

取材対応できると業務の幅が広がる

取材対応できるWebライターは、クライアントから重宝されるほど貴重な存在です。

僕自身もディレクターとして、ライターさんに取材対応を依頼することもあります。

しかし、体感で9割くらい断られます。

ぎょぎょぎょ

だから自分で取材対応することがほとんどです(笑)

とはいえ、できない人が多いからこそ「取材スキル」は大きな武器となります。

慣れていないことは不安を感じてしまいますが、できることが増えると楽しいですよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次