AIライティングツールでブログ記事を書いてみた【感想と実例】

AIが書く文章ってどれくらい進歩しているんだろう?

最近話題のAIライティングツールについて「便利なの?」「役に立つの?」と気になりませんか?

僕自身もWebライターとして気になっていたので、AIライティングツール「Catchy(キャッチー)」を使ってみました。

実際にCatchyで生成した文章例をもとに、使用感やおすすめの使い方などを解説します。

taku

AIライティングツールが気になっている人は、ぜひ参考にしてみてください。

タップできる目次

AIライティングツール「Catchy」を使ってみた

(出典:Catchy – 国内最大級のAIライティングアシスタントツール

国内最大級のAIライティングツール「Catchy」。

キャッチコピーや記事制作など、目的に合わせた100種類以上のAI生成ツールを利用できます。

Catchyを選んだ理由は、年末にお得なイベントを開催していたから。

ここぞとばかりに、AIライティングツールを使いまくってみました。

料金プラン月額料金(税込)機能
Free無料全生成ツール利用可能
毎月10クレジット付与
Starter3,000円/月全生成ツール利用可能
クレジットの単発購入
チャットサポート
Pro9,800円/月全生成ツール利用可能
無制限使い放題
チャットサポート
Catchyの料金プラン
料金
プラン
月額料金
(税込)
機能
Free無料全生成ツール利用可能
毎月10クレジット付与
Starter3,000円/月全生成ツール利用可能
クレジットの単発購入
チャットサポート
Pro9,800円/月全生成ツール利用可能
無制限使い放題
チャットサポート
Catchyの料金プラン

\ まずは無料登録 /

そもそもAIライティングツールとは?

AIライティングツールは、キャッチコピーや記事コンテンツなどを人工知能により自動生成する仕組みです。

テーマやシチュエーションを指定することで、求めている文章をわずか数分で生成できます。

Catchyで生成できる文章(一例)
  • キャッチコピー
  • 記事コンテンツ
  • AI画像作成用テキスト
  • YouTubeの企画案
  • 会社名のアイデア
  • LINEの返信
  • 仕事の相談(悩みへの回答)
taku

「ただ文章を作るだけ」ではなく、学習データをもとにしたアドバイスも得られますよ。

どんな文章が生成できる?

「AIライティングツールで記事を書いてみた」をテーマに、Catchyで文章を生成してみました。

Catchyで生成した文章例

AIライティングツールで記事を書いてみた

AIライティングツールについて、その仕組みが気になりませんか?今回は、AIライティングツールの中でも特に人気の高い「Catchy(キャッチー)」を紹介します。Catchyがどのような文章を生成するのか、どのような使い方をするのかを解説していきます。また、AIライティングツールのメリット・デメリットにも踏み込み、アドバイスをします。気になっている方も、AIライティングツールを使ってみたい方も、ぜひこの記事をご覧ください。では、さっそく始めましょう。

AIライティングツール “Catchy “のご紹介

Catchy(キャッチー)」は、AIによる文章コンテンツ生成ツールです。自然言語処理(NLP)、自然言語生成(NLG)技術により、コンテンツの生成と自動校正を行います。Catchy」は、内蔵のテンプレート、幅広いトピック、直感的なユーザーインターフェース、拡張し続けるコンテンツライブラリーなど、企業やクリエイター向けに調整された様々な機能を備えています。

Catchyで作成される文章はどのようなものですか?

Catchyでは、ブログ記事、記事、ウェブコンテンツなど、さまざまな文章を作成することができます。また、スクリプト、セールスメール、カバーレターなども作成することができます。さらに、スペイン語やロシア語など、多言語でのコンテンツ作成も可能です。これにより、ライターがより多くの読者にアプローチすることが容易になります。

AIライティングツール活用のメリット

AIライティングツールには多くの利点があります。まず、高品質のライティングコンテンツを素早く生成することができます。また、文法やスペルチェックが正確に行われるため、ライターの時間と労力を節約することができます。また、多言語でコンテンツを作成できるため、より多くの読者にアプローチすることができます。最後に、ライティングプロセスをより効率的かつ体系的にする様々な機能が搭載されています。

AIライティングツール活用のデメリット

多くのメリットを持つAIライティングツールですが、デメリットもあります。まず、AIライティングツールによって生成されたコンテンツは、ライターの創造的で個人的なスタイルを完全に把握できない可能性があります。次に、AIツールは高価で、初期投資が必要な場合があります。最後に、英語のニュアンスや複雑さを捉えられない可能性があります。

文章生成の流れ
  1. 記事タイトルから導入文を生成
  2. 記事タイトル・導入文から記事の目次(見出し構成)を生成
  3. 記事タイトル・導入文・記事の目次から記事の本文を生成

上記の流れで、1000文字程度の記事を生成できました。

taku

所要時間は5分程度。自分の頭で文章を考えるより圧倒的に速かったです。

Catchyを使って感じたメリット・デメリット

メリット
デメリット
  • あっという間に文章が生成できる
  • 意外に理解力がある
    (認識の齟齬なし)
  • AIっぽさが意外に面白い
  • 2000文字以上の長文を生成できない
  • 「E-E-A-T」を満たせない
  • ファクトチェックを避けられない

実際にCatchyを使ってみて「良い・悪い」と感じたポイントを紹介します。

taku

個人的な感想なので、あくまでも参考程度に。

良いと感じた3つのポイント

個人的に「AIツールなんて、まだ実用化レベルじゃないでしょ」って思っていました。

実際に使って見た感想としては「すぐにでも使いこなすべき」って感じです。

あっという間に文章が生成できる

見出し「どんな文章が生成できる?」で紹介したように、1000文字程度の記事が5分程度で生成できました。

記事を生成するために用意したことは、記事タイトルと「どんな記事にしたいか」のテーマだけ。

「導入文→見出し→本文」の流れで、AIが自動的に記事を組み立ててくれました。

意外に理解力がある(認識の齟齬なし)

AIツールでは「何について書きたいか」の補足情報を入力するため、認識のズレ(齟齬)が発生することはありませんでした。

たとえば「フリーランスは水族館で仕事できるのか」のテーマで記事を生成する場合、以下のように解釈のズレを懸念しました。

A|水族館はフリーランス向けの仕事を発注しているか

B|水族館の落ち着いた空間はフリーランスの仕事場所に適しているか(カフェで作業するように)

普通に考えたら前者(A)の解釈だよね。水族館にパソコンを持ち込んで仕事しようなんて考えないよ。

taku

後者(B)の解釈を補足情報に入力すれば、AIが意図をくみ取った判断で記事を生成してくれました。

AIっぽさが意外に面白い

AIが生成した文章は、良くも悪くも「人間味」を感じづらい印象があります。

しかし、AIだからこその観点や情報には、自分では表現できない面白さを感じました。

taku

自分の頭では気づかない観点を発見できたり、ヒントを得られたりしました。

人間味のあふれる素晴らしい記事は、検索すればいくらでも見つけられます。

だからこそ「AIならではのコンテンツ」を取り入れることで、よいアクセントを生み出せるのではないかと感じました。

悪いと感じた3つのポイント

AIライティングツールには、物足りなさを感じる要素もありました。

とはいえ、ツール自体が普及し始めたばかりなので、今後の改善に期待している状況です。

2000文字以上の長文を生成できない

Catchyで生成できる記事の文字数は「1000〜1500文字」ほどです。

ブログ記事に活用するなら「5000文字」くらい欲しいので、少し物足りなさを感じます。

taku

「小さな記事を複数生成して組み合わせる」ってやり方なら、長文の記事も実現できるかな。

「E-E-A-T」を満たせない

AIが生成した文章では「E-E-A-T」を満たせません。

「E-E-A-T」とは

既存の「E-A-T」に「E:Experience(経験・体験)」 を追加したWebサイトの評価基準。
ダブルイーエーティーと読む。 

SEOに重要な「E-E-A-T」を満たすためには、筆者の主観や体験談などを追記する必要があります。

しかし、さすがのAIでも、筆者自身の主観や体験談は判断できません。

自動生成した文章は、あくまでも「たたき台」として利用するのが得策です。

ファクトチェックを避けられない

AIが生成した文章には、以下のような具体例が挙げられることもあります。

「○○州の施設では、××の技術を取り入れています。」

AIツールの特性なのか、海外の情報を参照することもあり、出展(情報の出どころ)を探すのに苦労します。

情報源が見つけられないこともあるため、正しい情報かどうかの判断(ファクトチェック)は必須です。

taku

うっかりと間違えた情報を発信してしまわないよう注意しましょう。

【プラン別】Catchyのおすすめな使い方

【プラン別】Catchyのおすすめな使い方

Catchyのおすすめな使い方を「予算別(プラン別)」に紹介してみます。

予算に余裕がある人向け
(Proプラン・Starterプラン)
H2見出し単位で文章を生成する
無料の範囲で利用したい人向け
(Freeプラン)
部分的なリライトに活用する
予算に余裕がある人向け
(Proプラン・Starterプラン)
H2見出し単位で文章を生成する
無料の範囲で利用したい人向け
(Freeプラン)
部分的なリライトに活用する

ブログ記事を書く前提で、AIツールを使い込んでみました。

予算に余裕あり|H2見出し単位で文章を生成する

予算に余裕がある場合は、文字数を気にせずに記事を生成できます。

しかし、自動生成される記事の文字数は「約1000文字」程度です。

そこで、1000文字の記事を複数作成し、1つの記事に合体させることをおすすめします。

具体的な流れ
  1. H2見出し単位で記事を生成する
  2. それぞれを組み合わせて1記事にまとめる

以降の見出し「【実例紹介】AIの文章からブログ記事を書いてみた」では、上記の方法で実際に書いたブログ記事を紹介しています。

無料で利用したい|部分的なリライトに活用する

予算に少しだけ余裕がある場合は、部分的なリライトでの活用がおすすめです。

Catchyには、要点をふくらませて500文字程度の文章を生成する機能があります。

たとえば、リライト時に追加したい見出しを指定すれば、本文を簡単に生成可能です。

taku

機能の必要コストは2クレジットなので、Freeプランでも月5回まで利用できますよ。

【実例紹介】AIの文章からブログ記事を書いてみた

AIライティングツール「Catchy」で実際に生成した文章からブログ記事を書いてみました。

AIツールで実施したこと
ブログ記事を書くときにしたこと
  1. 記事タイトルから約1000文字の記事を生成
  2. ①の記事の見出し単位で記事を再生成
  3. 約4000文字のAI記事が完成
  1. 見出しタイトルと本文の添削・修正
  2. 情報のファクトチェック
  3. 主観を伝える見出し・本文を追加

AIが生成した記事は、さすがにそのままではブログ記事として公開できませんでした。

taku

読みづらさを感じたので、かなり修正を加えました。

とはいえ、ブログ記事のネタを1から考えるより、大幅に負担を軽減できます。

見出しと本文の大枠がまとまっているので、あとは「自分の言葉」に置きかえるだけでした。

AIが生成した記事

元システムエンジニアが水族館に導入したい技術

アクアリウムをもっと楽しくする方法をお探しですか?そんなあなたには、この記事がおすすめです。この記事では、エンジニアが水族館に導入して、特別な体験を楽しんでもらいたいと思ういくつかの技術について詳しく説明します。最新技術の活用から、水族館のお客様に楽しんでいただくための提案まで、革新的なソリューションの数々をご紹介します。さあ、水族館を変える楽しい技術の世界に飛び込んでみませんか。

水族館の技術を探る

水族館には魅力的な生き物がたくさんいて、多くの人がその美しさに魅了されて訪れます。しかし、ゲストに最高の体験を提供するために、現代の水族館は、その提供を強化するためにテクノロジーに目を向けています。インタラクティブなキオスク、ロボット魚、バーチャルリアリティ体験など、水族館は来館者の関心を引くためにさまざまな革新的ソリューションを活用しています。ここでは、どのような技術が現代の水族館を変えているのかを見てみましょう。

水族館の未来へようこそ

現代の水族館は、来館者をより深いレベルに引き込み、水族館での体験をより教育的で没入感のあるものにするために、最新のテクノロジーを利用しています。例えば、インタラクティブ・キオスクは、来館者が水槽で見ているものについてより詳しく知ることを可能にし、海の生物についてより包括的に理解することを可能にします。さらに、バーチャルリアリティ(VR)体験ができる水族館も登場し、来館者はまるで海底を旅しているかのように、海の生き物を探索することができます。

インタラクティブ・キオスクとVRエクスペリエンス

水族館では、来館者が生物についての情報を得ることができるインタラクティブ・キオスクの人気が高まっている。多くのキオスクには、生き物の画像やビデオだけでなく、子供たちが興味を持てるようなゲームやクイズが設置されています。よりインタラクティブな体験ができ、見ている生物についてより深く知ることができるようになりました。

水族館では、海の生き物をより身近に感じてもらうために、バーチャルリアリティ(VR)体験の活用が進んでいます。実際の水族館で見るのと同じ生き物を仮想的に体験しながら、水中の環境を探索することができるのです。この技術は、プロジェクションや3D映像との組み合わせで、より魅力的な体験ができるようになりました。

自律型ロボット魚の台頭

水族館では、来場者に魅力的な体験を提供するために、ロボット魚の人気が高まっています。自律型ロボット魚は、水族館で芸を披露したり、他の生物と交流したりするようにプログラムすることができます。これにより、来館者は海の生き物を間近に見ることができ、これらの生き物についての教育にも利用することができます。

テクノロジーは水族館の体験をどのように向上させるか

水族館でのテクノロジーの活用は、水族館での体験に革命を起こします。インタラクティブなキオスクやバーチャルリアリティを利用することで、水族館はより没入感のある体験を提供し、来館者に海の生物について教育することができ、さらに楽しみの要素も提供することができます。さらに、自律型のロボット魚が人気を集めており、これらの生物を間近で観察する新しい方法が生まれています。このように、テクノロジーは水族館での体験に変化をもたらし、より魅力的で教育的な体験を提供しているのです。

水槽技術の変遷

今日、水族館のテクノロジーは急速に変化しています。かつて、水族館は静的な展示と、餌やり時間やツアーなどの手動によるインタラクションに依存していました。今、そうした伝統的な体験は、最新のデジタルソリューションによって補完されつつあります。タッチスクリーンやインタラクティブなディスプレイは、ゲストが新しい刺激的な方法で展示物に関わることを可能にし、ロボットやセンサーは、より没入感のある体験を提供することができます。

I.過去の水族館テクノロジー

かつての水族館は、水槽やテラリウムのような静的な展示が一般的であった。このような展示は、水中環境に生息する多様な生物を遠くから観察し、鑑賞することを可能にしていました。このような展示は、何世代にもわたって楽しまれ、教育されてきましたが、インタラクティブ性に欠けるものでした。また、生き物の生態を知るためには、物理的なサインやスタッフの誘導に頼らざるを得ませんでした。

II.デジタルソリューションの登場

技術の進歩とともに水族館での体験も進歩した。タッチスクリーンやインタラクティブなディスプレイなどのデジタルソリューションが世界中の水族館に導入されつつある。これらの新しいソリューションにより、来館者は教育的なビデオや動物の習性に関する情報によって、観察している生物についてより深く理解することができるようになる。さらに、これらのデジタルソリューションは、ゲームやクイズで遊んだり、救助やリハビリのミッションに参加することで、ゲストが展示物の一部になる機会を提供します。

III.インタラクティブ・ディスプレイとタッチスクリーン

インタラクティブ・ディスプレイとタッチスクリーンは、多くの水族館で不可欠な要素となっている。これらのディスプレイは来館者に観察している種に関する情報を提供し、以前は不可能であった方法で展示物との相互作用を可能にする。例えば、タッチスクリーンでは、その種の行動や生息地、食性などのより詳細な情報を得ることができます。さらに、ゲームやクイズに答えることもできます。

IV.ロボティクスとセンサーの導入

ロボット工学とセンサーは、水族館にまったく新しい可能性を切り開きました。ロボット工学によって、ゲストは水中ビークルを操作して、展示されている生き物を間近に見ることができるようになります。一方、センサーは水温やpHなど、水族館の環境における重要な要素を測定するために使用されます。この技術は、そこに住む生き物の行動に貴重な洞察を与えることができ、水生生物の監視、研究、保護に利用されています。

V.アクアリウム技術の未来

テクノロジーが発展するにつれて、水族館での体験はよりインタラクティブで没入感のあるものになると予想される。バーチャルリアリティや拡張現実などのデジタルソリューションにより、ゲストは新しくエキサイティングな方法で海洋生態系を探索することができるようになります。さらに、顔認識や自律型ナビゲーションなどの人工知能技術の導入により、よりパーソナライズされた体験が可能になるでしょう。

最先端の水族館技術

水族館技術で最もエキサイティングな開発は、拡張現実と仮想現実(AR/VR)の利用です。水族館を覗くだけでなく、ヘッドセットを装着して海洋生物でいっぱいのデジタルの世界に入り込むことができるようになったのです。この技術はまだ初期段階にありますが、ARやVRのユニークな特性を生かした新しいソリューションの開発が各社で急速に進んでいます。

すべてのテクノロジーがタッチスクリーンやヘッドセットという形で提供されているわけではありません。スマートスピーカーや音声対応デバイスなどの未来型アプリケーションも、水族館で利用することができます。

1.水族館におけるAR/VRの可能性を探る

水族館に拡張現実と仮想現実を取り入れることによって、水族館経営者は真に没入感のある体験を作り出すことができる。来館者はヘッドセットを使って、水中にいるような感覚で水槽を探索することができる。また、ヘッドセットを使って、まるで自分が水槽の中に入ったかのように海洋生物を観察し、対話することができます。ARやVRは、エンターテインメントとしてだけでなく、水族館にいる動物や植物についての教育にも活用することができます。

2.水族館でAR・VRを活用するメリット

水族館でARやVRを利用することには、さまざまなメリットがある。ひとつは、来館者が水槽内の植物や動物をよりよく視覚化し、理解することができることです。また、来場者により魅力的でインタラクティブな体験を提供することができます。最後に、障害のない人と比べて水槽を簡単に探索できない可能性のある障害者が、水族館をより利用しやすくすることもできます。

3.スマートスピーカーや音声対応デバイスの可能性を探る

音声対応技術のような革新的なソリューションの使用は、水族館に多くの利点をもたらすことができます。第一に、音声起動システムは水族館の職員の貴重な時間を節約することができる。これらのシステムは、水族館のスタッフがそれぞれのリクエストに手動で答えることなく、水族館の生き物に関する質問に即座に回答することができます。また、音声認識システムは、来館者の動きや流れを管理したり、水族館の特定のエリアを宣伝したりするのにも利用できます。

4.海洋生物に関する情報を発信するために使用されている例

音声認識技術はすでに世界中の水族館で利用されており、来館者にインタラクティブで没入感のある体験を提供することができます。例えば、サウスカロライナ州のマートルビーチ水族館では、展示されている海の生き物に関する情報を提供するために音声起動技術を導入しています。来館者が生き物について質問すると、デバイスが楽しく、魅力的な方法で答えてくれます。また、この技術は、絶滅危惧種や自然保護の重要性に関する教育的な情報を提供するためにも活用することができます。

まとめ

最近の技術の進歩により、水族館は来館者のために没入型の体験を作り出すことができるようになった。拡張現実から仮想現実、そしてロボット魚にいたるまで、これらのテクノロジーは私たちが水族館を体験する方法を変えつつある。業界が進化を続けるなか、水族館はこれらの技術を活用し、ゲストのために忘れられない体験を創造することができるようになるであろう。

AIライティングツールのよくある質問

ここからはAIライティングツールに対する「よくある質問」を紹介します。

記事制作はAIに任せちゃってもいい?

AIライティングツールを使ってみた感想としては、まだまだ人の手で修正が必要だと思います。

自動生成した文章に不自然さはありませんが、少なからず読みづらさを感じたからです。

しかし、近い将来には、AIにほとんど任せられるような技術の進化が見られる気もします。

https://twitter.com/takuya_webdiver/status/1608302662537060356
taku

つい先日まで、実用化なんて先の話だと思っていたのに、いまでは想像以上のスピードでAIの進化を実感しています。

Webライターの仕事が奪われる?

AIライティングツールにWebライターの仕事が奪われるって聞いたよ。

結論を言うと、スキルの乏しいWebライターは仕事を奪われます。

なぜなら「リサーチして文章を書く」は、すでにAIで実現できてしまうからです。

でも、AIには書けない情報もあるよね?

もちろん、AIで生成した文章には、実体験や感想などの一次情報が不足しています。

しかし「自動生成した文章の修正・体験談の追加」だけであれば、Webライターではなく編集者で内製するクライアントも増えるかもしれません。

taku

僕がディレクターの立場であれば、編集者の負担を考慮して比較検討します。

「AIを利用したほうが効率的」って判断するクライアントが増えると、Webライターへの依頼が減り、案件受注の競争率が高まります。

だからこそ、専門ジャンルに特化した知識や正確かつ迅速な対応力といった「他者に負けないスキル」を身につけることが、今後もWebライターとして生き残るためには必要です。

無料で使い続けられる?

AIライティングツールは、基本無料でも利用可能です。

たとえば、Catchyは毎月10クレジットが得られるので、無料の範囲で活用できます。

ただし、記事を量産したい場合は、有料アカウントへの移行を推奨します。

CatchyでAIライティングを体験してみよう!

CatchyでAIライティングを体験してみよう!

今回は、AIライティングツール「Catchy」を使った文章や感想を紹介してみました。

メリット
デメリット
  • あっという間に文章が生成できる
  • 意外に理解力がある
    (認識の齟齬なし)
  • AIっぽさが意外に面白い
  • 2000文字以上の長文を生成できない
  • 「E-E-A-T」を満たせない
  • ファクトチェックを避けられない

AIライティングツールを活用すれば、想像以上のスピードで記事を自動生成できます。

まだ若干の読みづらさ(AIっぽさ)を感じますが、記事を制作する時間や負担の軽減には効果的です。

Catchyならクレジットカード不要の会員登録で、毎月10クレジット分まで無料で利用できます。

taku

AIに興味がある人は、まずはお試しで利用しながら、便利な活用方法を見つけてみてください。

\ 記事制作の負担を軽減 /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次