Webライターのポートフォリオ作成術|記載例とコツを解説

「Webライターってポートフォリオを作ったほうがいいの?」

そんな疑問を抱いたことってありませんか?

結論を言うと、無理に作る必要はありません。ですが、ポートフォリオを用意しておくことは、案件の受注につながる可能性を秘めています

Webライターを始めたばかりの初心者は、ポートフォリオに「何を書けば良いか分からない」と迷ってしまうかもしれません。

もし「ちょっと作ってみよっかな」とチャレンジしてみたい人は、この記事を参考にしてみてください。

目次

Webライターのポートフォリオとは

Webライターにとってのポートフォリオは、執筆した記事や実績・スキルをまとめた「作品集」のようなものです。

おもにデザイナーやイラストレーターといったクリエイター職に愛用されるイメージですが、Webライターも活用する機会が増えています。

目的は?|案件を受注するためのアイテム

Webライターがポートフォリオを作成する目的は、おもにクライアントへの「自己PR」です。過去の実績や保有スキルをまとめることで、クライアントへの名刺代わりとなります。

リモートワークが主流のWebライターにとって、実は自己PRが「最初で最大の難関」です。クライアントも人間なので、素性の分からない相手への依頼には不安を感じてしまいます。

ポートフォリオは、クライアントの不安解消にも効果的です。「どんな人?」「どんなことができる?」と、取扱説明書のように自分自身のことを伝えられます。

初心者も必須?|実績を積むことが優先

ポートフォリオは作品集のようなものであり、実績の少ない初心者には必須ではありません。まずは、ポートフォリオを充実させるためにも、実績を積むことから優先しましょう。

Webライターとしての実績に不安がある場合は、提案文の書き方から覚えるのも効果的です。別記事で提案文の書き方を解説しているので、よかったら参考にしてみてください。

ポートフォリオに書くべき内容

Webライターのポートフォリオには、以下の項目を記載しましょう。

  • プロフィール・経歴
  • 保有資格・検定
  • 執筆実績・サンプル記事
  • 業務範囲・参考単価
  • 連絡先

ポートフォリオの項目に決まりはありませんが、上記のような自己PRにつながる内容は記載することをおすすめします。

プロフィール・経歴

まずは自己紹介を兼ねた「プロフィールと経歴」を記載しましょう。

  • 名前(またはペンネーム)
  • 経歴
  • 得意ジャンル
  • 自身の強み

Webライターと対面する機会のないクライアントは、自己紹介で人間性を判断します。第一印象を左右する重要な役割となるので、熱意も伝えることをおすすめします。

ぎょぎょぎょ

あくまでも自己紹介なので、シンプルにまとめましょう。

こんなことも書いてみよう!
  • 仕事の取り組み方・心がけていること
  • Webライターとしての目標
  • 得意ジャンルについてのエピソード

資格・検定

資格や検定を取得している場合は、自己紹介と合わせて記載しましょう。

資格を保有するWebライターは比較的少ないので、ライバルに差をつける強みとして効果的です。Webライターに関わらない資格でも、専門知識をアピールできます。

Webライター向けの資格や検定は、下記の記事でも紹介しています。ビジネスシーンで幅広く活用できるスキルが身につくので、興味がある人は参考にしてみてください。

資格や検定を取得していない場合は?

資格や検定を取得していない場合は、以下のような保有スキルや知識を書きましょう。

  • WordPressの執筆経験
  • SEOの知識
    (学習内容・勉強方法など)
  • 画像制作経験
    (Photoshop・Canvaなど)
  • 専門知識
    (FP・美容・法律・ITなど)

WordPressや画像ソフトの扱い方は、知っている人ほど軽視しがちです。しかし、意外とできる人が少ないので、もったいぶらずにアピールしましょう。

ぎょぎょぎょ

できることの幅が広い人は、収入を得る手段も増やせます。

執筆実績・サンプル記事

執筆実績やサンプル記事は、ポートフォリオのメインコンテンツです。

以下の内容をもとに、Webライターとしての実績を記載しましょう。

  • 執筆記事のジャンル
  • 執筆本数
  • 掲載サイト・サンプル記事
    (了承を得られた場合のみ)

掲載サイトやサンプル記事(URL)を記載する場合は、クライアントからの了承を得る必要があります

無断で記載することは著作権違反となることもあるので、不安を感じる場合は以下のように記載しましょう。

○○系メディア
執筆本数:〇本以上
担当業務:構成作成、記事執筆
特記事項:KW「○○」で検索順位〇位以内を獲得

業務範囲・参考単価

Webライターとして対応できる業務の範囲を記載しましょう。

Webライター業務の一例
  • 構成作成
  • 記事執筆
  • 画像選定
  • 取材対応
  • WordPress入稿

対応できる範囲を事前に提示することで、クライアントとの認識の齟齬を減らせます。

また、希望する報酬額を「参考単価」として記載すれば、クライアントとのスムーズなやりとりが可能です。

  • 記事執筆のみ:文字単価1.0円以上
  • 構成+執筆:文字単価2.0円以上
  • ○○ジャンル:上記単価+1.0円
  • その他要件については要相談

連絡先

案件を依頼したいクライアントに向けて、自身の連絡先を掲載しましょう。掲載方法としては、以下の2種類が一般的です。

  • メールアドレス
  • 問い合わせフォーム(ブログの場合)

メールアドレスは個人情報となるため、取り扱いには十分に注意しましょう。

ぎょぎょぎょ

ブログなら問い合わせフォームがおすすめ。

ポートフォリオの作成前に必要なこと

ポートフォリオを作成する前に「やっておくべきこと」が2つあります。

  • 掲載先を決める
  • 実績をつくる

1.掲載先を決める

まずはポートフォリオを公開するための掲載先を選定しましょう。

以下の4種類が初心者でも扱いやすく、掲載先の候補としておすすめです。

掲載先概要
WordPress・ホームページ作成ツール
・問い合わせフォームを利用可能
・サーバー代が必要
note・記事投稿ツール
・基本無料
・カスタマイズは不向き
ペライチ・ホームページ作成ツール
・基本無料
・無料テンプレートが豊富
Google
ドキュメント
・ドキュメント作成ツール
・基本無料
・Googleアカウントが必要
  • WordPressでブログ運用している人
    →WordPressがおすすめ
  • WordPressを使用していない人
    →noteまはたペライチがおすすめ
  • アカウント登録に手間を感じる人
    →Googleドキュメントがおすすめ

個人的にディレクターとしてかかわったWebライターは、WordPressやnoteの利用率が高い傾向にありました。

基本的にフォーマットは重要視していないので、無理にアカウント登録せずにGoogleドキュメントやWord(PDF出力)などで提出しても問題ありません。

2.実績をつくる

掲載先を選定したら、記載内容となる実績をつくります。

実績をつくるための手段として、以下の2種類を実践しましょう。

  • Webライターの仕事を受注する
  • 個人ブログに記事を書く

基本的にはWebライターの仕事を受注しながら、サンプル記事の候補を増やします。

可能であれば、実績を提示しやすい「記名記事(ライター名を公開する記事)」を狙ってみるのもおすすめです。

また、個人ブログに書いた記事も実績として活用できます。検索順位やPV数など、具体的な数値を示すことで、アピールの説得力が増すでしょう。

ポートフォリオの作成例

ポートフォリオの作成例として、僕自身が作成したものを紹介します。

初めてのポートフォリオ作成で悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

ポートフォリオが充実する3つのコツ

ポートフォリオは、実績やアピールポイントを詰め込むだけでは期待する成果を得られません。

ポートフォリオを充実させるには、以下3つのコツを意識しましょう。

  • 読みやすさを意識する
  • 実績に合わせて更新する
  • 個性もアピールする(ちょっとだけ)

1.読みやすさを意識する

自分の実績を的確に伝えるためにも、ポートフォリオの読みやすさ(見やすさ)を意識しましょう。

クライアントは数十人~数百人の応募者を選考するため、あまり時間をかけてポートフォリオを確認しません。

ぎょぎょぎょ

本当はしっかり見たいけど、そんな時間はないのが正直なところ…(現Webディレクターのつぶやき)

クライアントがじっくりと読まないことを想定して、パッと見ただけでも理解できる書き方の工夫が必要です。

  • 箇条書きや表を活用する
  • 必要に応じて図解を入れる
  • 見出しや目次を入れる

シンプルで伝わりやすい文章を書くことは、Webライターの腕の見せ所です。ライティングスキルをアピールするためにも、読みやすさを意識しましょう。

2.実績に合わせて更新する

ポートフォリオは、定期的に更新することをおすすめします。

実績を積み重ねるうちに納品記事のクオリティも向上するはずです。サンプルとして掲載する記事は、自信をもってアピールできるものにアップデートしましょう。

ぎょぎょぎょ

古い情報が並んでいると「今は活動していないのかな?」と思われてしまうかも。

3.個性もアピールする(ちょっとだけ)

ポートフォリオは基本的に実績をアピールするものですが、個性やキャラクターをアピールすることも大切です。

クライアントはポートフォリオを見ることで、実績やスキルを判断できます。しかし、人間性までは十分に把握できません。

クライアントとしてもコミュニケーションしやすい人と仕事したいですし、選考時は「どんな人なんだろう?」と不安を感じます。

アピールの記載例
  • 月1ペースで旅行を楽しんでます。
  • 写真撮影が趣味でインスタに投稿しています。
  • 最新のガジェットに興味があり、ブログでも紹介しています。
  • ブログ歴〇年。画像制作も含めて一人で対応しています。

前職での経験や執筆に活かせる趣味など、Webライターの「人となり」が分かる情報も記載するとよいでしょう。

ぎょぎょぎょ

あくまでも補足事項として「付け足す程度」に書くのがちょうど良いと思います。

ポートフォリオ作成時の注意点

ポートフォリオを作成する際の失敗やトラブルを避けるためにも、以下の注意点を意識しましょう。

  • 記事掲載はクライアントの許可が必要
  • 誤字脱字の見逃し厳禁
  • 個人情報の流出に注意

記事掲載はクライアントの許可が必要

サンプル記事を実績として掲載する場合は、管理元のクライアントに許可を得ましょう。

依頼を受けて執筆した記事は、提出(納品)した時点で著作権がクライアントに渡ります

著作権違反のトラブルに発展することもあるため、無断での掲載は控えましょう。

誤字脱字の見逃し厳禁

作成したポートフォリオの誤字脱字は確実にチェックしましょう。Webライターのスキルをアピールすべきはずが、初歩的なミスで評価を落としてしまう可能性があります。

誤字脱字のチェックは、Webライターの仕事に必要不可欠です。案件を依頼するクライアントが「同じミスをするのではないか?」と不安に感じてしまわないよう注意しましょう。

個人情報の流出に注意

ポートフォリオには経歴やメールアドレスなど、個人を特定できる情報も記載する場合があります。

個人情報の流出は思わぬトラブルに発展することもあるため、取り扱いには十分に注意しましょう。

とくにメールアドレスの公開は、迷惑メールの増加につながるリスクを伴います。

問い合わせフォームを利用できない場合は、取引用のメールアドレスやSNSのアカウントを活用することも検討しましょう。

ポートフォリオはWebライターの取扱説明書

ポートフォリオはWebライターの取扱説明書

ポートフォリオは、Webライターとしての自分を解説する「取扱説明書」のような役割です

クライアントに実績やスキルをアピールできるので、仕事を受注するうえで欠かせないアイテムでもあります。

Webライターを始めたばかりの初心者にとっては、まずは実績を積み重ねることが必要です。

実績を重ねながらポートフォリオが充実していくにつれて、ひとつの「作品集」としてWebライターの活動を記録するのも楽しいかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次