Webライターに必要な5つのライティングスキル【初心者向け】

Webライターって、まずは何を覚えればいいのかな?

Webライターって、比較的簡単そうなイメージがありますよね。

でも、意外に覚えること(学ぶべきこと)がたくさんあります。

とくに「文章を書く力」と「読者を想定する力」の習得は必須です。

  • 自分が伝えたいことを文章で正確に表現する
  • 読者の悩みや疑問を解決するための情報を伝える

Webライターに求められるライティングスキルは、決して単純なものではありません。

だからこそ、優先順位を決めて重要なスキルから学んでいくことが大切です。

そこで今回は、Webライターの初心者に向けて、優先して習得したいライティングスキルを5つピックアップしました。

taku

Webライターの経験がある「taku」が解説します。

この記事でわかること
  • Webライターに必要な5つのライティングスキル
  • ライティングスキルを習得するおすすめの方法
  • ライティングスキル以外に覚えておきたいこと
目次

Webライターが習得したい5つのライティングスキル

Webライターが習得したい5つのライティングスキル

Webライターが習得したいライティングスキルは、以下の5つです。

  1. 適切な文章を書くスキル
  2. SEOライティングのスキル
  3. 見出し構成を作成するスキル
  4. 検索ニーズを理解するスキル
  5. 競合サイトをリサーチするスキル

Webライターやブロガーを経験して、Webライティングの「軸となるスキル」だと実感しています。

Webライターのおもな役割は「読者の悩みを文章で解決すること」です。

読者に価値を提供するためにも、必要なライティングスキルを理解しておきましょう。

1.適切な文章を書くスキル

Webライターには、適切な文章を書くスキル(文章力)が必要不可欠です。

とくにWebライティングの基本として、以下のポイントを意識して文章を執筆しましょう。

  • シンプルでわかりやすい文章
  • 結論が伝わる文章
  • 見やすい文章(画像や表を活用する)

読者は文章が読みたいのではなく、結論を知りたがっています。

そのため、シンプルな文章で結論を伝えることは、Webライティングで最優先すべきポイントです。

taku

文章力の詳細については、以下の記事で解説しています。

2.SEOライティングのスキル

Webライターが書く記事には、検索上位に表示するための対策(SEO)も必要です。

どれだけ頑張って書いた記事でも、読者のもとに届かなければ価値が生まれません。

SEOライティングの基本
  • 読者に内容が伝わりやすい文章であること
  • Googleの検索エンジンが評価しやすい文章であること

検索上位に表示されるためには、Googleの検索エンジンを意識した執筆テクニック「SEOライティング」が必要不可欠です。

検索エンジンを意識したSEOライティングは、人に向けた文章とは異なるアプローチが必要となります。

taku

SEOライティングの詳細については、以下の記事で解説しています。

3.見出し構成を作成するスキル

見出し構成には、Web記事の骨組みとなる重要な役割があります。

読者は記事のタイトルと見出しを見て「読むかどうか」を判断するからです。

見出し構成のよくある型
  • タイトル
  • リード文(導入)
  • 見出しグループ①|顕在ニーズを解決する
  • 見出しグループ②|潜在ニーズを解決する
  • まとめ(締め)

見出し構成には、文章を書くスキルとは違った難しさを感じます。

上記のような「型」を活用することは、見出し構成をスムーズに作成するコツです。

taku

見出し構成の詳細については、以下の記事で解説しています。

4.検索ニーズを理解するスキル

Web記事の役割は「読者に価値を提供すること」であり、検索ニーズを理解することから始まります。

Webライティングに不慣れな時期は、何を書けば良いのか迷ってしまうこともあるでしょう。

そんなときは検索ニーズを調べることで、おのずと書くべきことを明確にできます。

検索ニーズを理解するスキル

検索ニーズを理解するコツは、読者のつもりで知りたいことや解決したいことを想像することです。

読者の気持ちを理解できるWebライターは、本当に価値のある記事を提供できます。

taku

検索ニーズの詳細については、以下の記事で解説しています。

5.競合をリサーチするスキル

読者が求める情報を的確に伝えるためには、書くべきことの取捨選択が必要です。

Webライターは基本的に「頭の中で想像した架空の読者」に向けて記事を書きます。

ただでさえぼやけた存在に対して、必要な情報だけを的確に伝えることは困難です。

そこで競合リサーチを実施しながら、記事に書くべき内容を取捨選択します。

重要なことは「ただ参考にするだけ」ではなく、競合サイトに勝つための穴(欠点)も見つけることです。

taku

競合リサーチの詳細については、以下の記事で解説しています。

Webライティングスキルを習得するおすすめの方法

Webライティングスキルを習得するおすすめの方法

Webライターに必要なライティングスキルは、さまざまな方法で習得できます。

より体系的にスキルアップしたい場合は、以下の方法がおすすめです。

  • 参考書籍で学ぶ
  • セミナーや講座で学ぶ
  • 資格を習得してみる
  • 案件を受注してみる(マニュアルと添削で学ぶ)
  • ブログを書いてみる

参考書籍で学ぶ

Webライティングの基本的なスキルを学ぶなら、参考書籍を読むのがおすすめです。

参考書籍であれば、スキルアップに必要な情報を適切な順序で学べます。

初心者で参考書籍選びに迷ってしまう場合は、以下のポイントを意識すると良いでしょう。

  • 「初心者向け」と明記されている本
  • 基礎スキルを学べる本
  • 読みやすい本(図解やマンガ形式など)

初心者の場合は、内容だけでなく読みやすさを重視することも大切です。

いきなり応用スキルを学んでも理解が追いつかず、モチベーションを下げる原因にもなりかねません。

また「読みやすさ」の秘訣を知ることは、Webライターとしての大きな武器となるでしょう。

セミナーや講座で学ぶ

Webライターのスキルアップには、セミナーや講座の活用も効果的です。

セミナーや講座では文章力だけでなく、Webライターに必要なスキルを総合的に学べます。

セミナーや講座で学べること
  • 文章の書き方
  • 提案や取材のコツ
  • 資格取得に必要なこと

オンラインで受講できるものを選べば、空き時間を活用したスキルアップも可能です。

月額料金が必要となる場合もありますが、現役の講師に学べる機会は大きなメリットとなります。

資格を習得してみる

Webライティングのスキルアップには、資格の取得も効果的です。

Webライターの仕事は、基本的に資格がなくても稼げます。

しかし、資格を取得することで、確かなスキルを保有していることの評価につながります。

取得したい資格の一例
  • Webライティング能力検定
  • WEBライティング技能検定
  • 日本語検定(一級)
  • 執筆テーマにかかわる専門資格(FP・宅建など)

Webライターは、比較的挑戦しやすい職業です。

だからこそ、突出したアピールポイントがないと「その他大勢」に埋もれてしまいます。

自分自身の価値を高めるためにも、資格取得はWebライターにとって重要です。

クラウドワークスの利用者は無料の「WEBライター検定3級」もおすすめ

クラウドワークスを利用している場合は、無料で受けられる「WEBライター検定3級」もおすすめです。

Webライターに必要となる基礎知識を体系的に学べます。

検定の合格率は「5%程度」の狭き門となるため、合格すればアピールポイントとしても効果的です。

taku

以下の記事では、実際に受験した感想や対策を紹介しています。

案件を受注してみる(マニュアルと添削で学ぶ)

Webライティングの基礎的なスキルであれば、案件を受注して実践しながらでも学べます。

  • 執筆マニュアルを読む
  • 納品記事の添削を受ける

Webライターは、基本的にクライアントが用意する「執筆マニュアル」に沿って記事を書きます。

記事のクオリティを求めるクライアントは、執筆マニュアルを重要視しているので読むだけでも効果的です。

また、添削の指摘を受けることは、自分に不足している観点やクセに気づくきっかけにもなります。

ブログを書いてみる

Webライティングスキルは、執筆を繰り返すことで少しずつ身についていくものです。

しかし、クライアントから受注した案件だけでは、学んだことを実践する機会が十分に得られないこともあります。

そこで個人ブログを開設して、書きたいことを自由に発信してみましょう。

taku

クライアントの独自ルールを気にする必要がないので、気軽に練習できますよ。

ブログで書いた記事の成果(検索順位や集客)は、クライアントにアピールする実績としても効果的です。

知識があるだけの人より、実践して成果をあげている人のほうが信頼を得られるでしょう。

Webライターが覚えておきたいライティングスキル以外のこと

Webライターが覚えておきたいライティングスキル以外のこと

Webライターが評価を上げるためには、ライティングスキル以外の知識や取り組みも必要です。

誰もが学ぶことに加えて、少しだけ視野を広げたスキルアップも意識してみましょう。

  1. コンプライアンスを理解する
  2. 得意ジャンルの知識を学び続ける
  3. 自分自身を売り込む方法を覚える

コンプライアンスを理解する

Webライターは、記事執筆のプロとして報酬を得る職業です。

プロである以上は、コンプライアンスを意識する必要があります。

コンプライアンスで意識すべきこと
  • 著作権を侵害していないか
  • 執筆内容が事実に反していないか
  • マニュアルや規則に反していないか

上記のようなコンプライアンスを守るべきであることは誰もが知っています。

taku

しかし、意識していても実践できていない人がいることも事実です。

プロとしての信用と信頼を得るためにも、コンプライアンスを意識した執筆活動を心がけましょう。

得意ジャンルの知識を学び続ける

執筆ジャンルの豊富な知識は、Webライターとしての評価を高める武器となります。

ただし、情報が頻繁にアップデートされるジャンルでは、知識を学び続ける姿勢も重要です。

たとえば、SEOのジャンルでは、googleアップデートの影響で過去の対策が通用しなくなる可能性もあります。

古くて誤った知識を読者に提供することは、Webサイトの信頼を損なうきっかけとなるため注意が必要です。

taku

得意ジャンルを自信をもってアピールするためにも、最新情報を収集し続けることが大切です。

自分自身を売り込む方法を覚える

Webライターが案件を受注するための提案力として、自分自身を売り込む方法も覚えましょう。

ただし「売り込む」といっても、営業スキルのようなイメージではありません。

自分自身のスキルや実績を的確に伝えるための「自己PRの書き方」を覚えることが大切です。

Webライターは必要スキルを学んで「実践すること」が大切!

Webライターは必要スキルを学んで「実践すること」が大切!

Webライターに必要なライティングスキルは、初心者でも比較的簡単に学べます。

しかし、大切はことは、学んだスキルを意識して実践し続けることです。

Webライターには「3段階」のスキルレベルがあります。

  1. 知らない
  2. 知識はある
  3. 実践している

どれだけ知識があっても、実践していなければ価値は生まれません。

たくさんの読者に価値を届け、Webライターとしての評価を高めるためにも、学んだ知識を実践しながらスキルアップにつなげましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次