初心者Webライターは稼げない|時給に落胆したときの対応策

Webライターの報酬が「安い」と感じている人は、時給換算したときにビックリするのではないでしょうか。

とくに初心者は、想定していたより稼げないことに悩んでしまうこともあります。

時給換算したときの想定外な金額に「Webライターはやめとけ」なんてイメージしてしまうのは無理もないでしょう。

そこで今回は時給換算して落胆した人に向けて、初心者Webライターが稼げない原因と対策を解説します。

目次

初心者Webライターは収入を時給換算して絶望する

初心者Webライターは収入を時給換算して絶望する

初心者Webライターは、収入を時給換算すると絶望します。とくに「時間をかけて頑張っているのに、なんか稼げないよな〜」なんて感じている人は要注意です。

僕自身はWebライターを始めた当初、3,000文字の記事を6時間かけて執筆していました。1時間に500文字執筆している計算です。

つまり、文字単価1.0円で換算すると時給500円。さすがに絶望しますよね。

ぎょぎょぎょ

あの…当時は文字単価0.5円でした。

初心者Webライターは、頭の中の辞書から「時給換算」を消したほうが良いかもしれません。

時給が低くなってしまう原因は作業効率が悪いから

Webライターの時給が低くなってしまう原因は「作業効率の悪さ」です。少し表現を変えると、執筆していない時間が時給を下げています。

ぎょぎょぎょ

Webライターの仕事は執筆することでしょ?

Webライターの仕事には「執筆前」「執筆中」「執筆後」のそれぞれに、時給を下げる落とし穴が潜んでいます。

時給を下げる落とし穴

執筆前:リサーチに時間をかけてしまう

執筆中:集中力を欠いてしまう

執筆後:修正作業が発生してしまう

3,000文字の記事を執筆する案件は、執筆作業に対して報酬(文字単価)を設定しています。つまり、執筆作業以外で時間をかけても、報酬にはつながりません。

しかし、自分自身の作業を振り返ってみると、意外にも「執筆していない時間」があることに気づきます。

稼げない原因:執筆前のリサーチに時間をかけてしまう

執筆前のリサーチに時間をかけてしまう

執筆前のリサーチに必要以上の時間をかけてしまうことは、時給を下げる原因となります。

Webライターが記事を執筆するためには、事前のリサーチが必要不可欠です。しかし、あくまで執筆前の準備であり、時間をかけることではありません。

リサーチに時間がかかる原因
  • リサーチする目的を決めていない
  • 本文に書く文章を参考にしようと調べている
  • ていねいに調べすぎている

リサーチに時間がかかる原因はさまざまですが、いずれにしても「時間をかけずにリサーチする工夫」を心がけることが大切です。

対策①:本文に書く内容は自分の頭で考える

本文に書く内容は、リサーチする前に自分の頭で考えましょう。書きたいことを整理するだけでも構いません。

リサーチに時間をかけてしまうおもな原因は、本文に書く内容を探し求めてしまうことです。これでは、リサーチで十分な情報が揃うまで執筆を開始できません

まずは書きたいことを書ける範囲で整理しながら、仮の文章を作成しましょう。文章に物足りなさやボリューム不足を感じた場合のみ、不足を補うためのリサーチをおすすめします。

対策②:案件は得意ジャンルから選ぶ

Webライティングの案件は、知識や興味のあるジャンルから選びましょう。Webライティングでは知らないことを執筆する場面もあるため、事前知識の有無がリサーチ時間に影響します。

事前知識がある場合でもリサーチは必要ですが、情報の取捨選択はスムーズにできるはずです。

書きたい内容をイメージしやすいことから、補足したい情報のみを自然にリサーチできるでしょう。

対策③:文章の型を決めて執筆する

本文に書く内容は「文章の型」を決めると執筆しやすくなります。

たとえば「PREP法(結論→理由→具体例→結論)」を用いることで、200文字の文章を「50文字×4枠」で分割できます

ぎょぎょぎょ

50文字の文章なら少し書きやすく感じるかも。

また、漠然とリサーチしてしまうと、情報を上手くまとめられません。

「結論は何だろう?」「理由は何だろう?」と目的を決めることで、求める答えへとスムーズにたどり着けます。

稼げない原因:執筆中に集中力を欠いてしまう

執筆中に集中力を欠いてしまう

執筆中に集中力を欠き、作業の手が止まってしまうことはよくあります。とくに在宅で仕事できるWebライターは、作業環境に注意が必要です。

人は本能的に楽な方向へ進みたがるので、自分を律する強い意志がないとついついサボってしまいます。

しかし、頑張りすぎは三日坊主につながることもあるので、まずは気長に集中力を維持する工夫を取り入れてみましょう。

集中力を維持するコツ
  • 気分転換する
  • ルールを決める
  • 休憩する

対策①:定期的に作業場所を変える

毎日同じ環境で同じような作業の繰り返しは、マンネリ化を招く要因となります。

Webライターは自由な場所で仕事できる職業なので、気分転換を兼ねて作業場所を変えてみましょう

ぎょぎょぎょ

学生時代に自宅では勉強できなかったけど、図書館に行くと集中できた。

見出し構成をメモに残せば、オフライン環境でも執筆作業は可能です。

人通りがそこそこで景色の良い広場や公園があれば、ベンチに座りながら作業すると意外と捗りますよ!

対策②:執筆作業の時間割を作る

作業が捗らない大きな要因は、詳細なスケジュールを立てないことです。

「今日中に終わればいいな」と考えてしまうと、その気がなくても「23時59分までに終わればいいや」に変換してしまいます

スケジュール通りにできるかどうかにかかわらず、何時までにどこまでやるかの目標をしっかり決めましょう。

10:00~11:00:導入部分を執筆する
11:00~12:00:まとめ部分を執筆する
13:00~15:00:記事の前半部分を執筆する
15:00~17:00:記事の後半部分を執筆する
17:00~17:30:全体を見直しする

スケジュールは自由に設定してください。大切なことは「後でいいや」をなくして、スケジュール通りに取り組もうとする意識付けです。

対策③:思いきって一旦作業をやめる

作業していると「なんか今日は気がのらないな…」って日も正直あります。そんなときは開き直って、一旦作業を中止しましょう。

納期次第ではありますが、追い込まれない程度に気分転換することをおすすめします。

  • 思い切って一日休む
  • 1時間ほど外出する
  • おやつを食べる

気がのらない状態で作業すると雑になるので、結果的に修正箇所が増えることもあります。

Webライターは厳しい上司に監視されることもないので、遠慮せずに休憩しちゃいましょう。

ぎょぎょぎょ

ぎょぎょぎょは集中力が切れたら、散歩を兼ねてコンビニに行ってお菓子を買います(笑)

稼げない原因:執筆後の添削結果の指摘が多い(修正に時間がかかる)

執筆後の添削結果の指摘が多い

納品後の添削結果でたくさんの指摘を受けてしまうと、修正作業に時間がかかってしまいます。

指摘の多さは、さまざまな弊害を生むため注意が必要です。

指摘が多いことによる弊害
  • 修正に時間がかかる
  • クライアントからの評価が下がる
  • 自分自身のテンションが下がる

Webライターにとって、修正作業ほどテンションの下がる対応はありません

時給に限らずデメリットが多いので、添削での指摘を減らす対策を心がけましょう。

対策①:よくある指摘はチェックリスト化する

よくある指摘はチェックリスト化

添削結果の「よくある指摘」は、再発防止のためチェックリストにまとめましょう。原稿の執筆前にチェックリストを眺めるだけでも、初歩的なミスの「気づき」につながります。

スキルや実績があるライターでも、指摘がゼロとなることは滅多にありません。指摘を受けたからといって落ち込まず、少しずつでも減らしていくことが大切です。

対策②:急がない・焦らない・落ち込まない

Webライターとして最大限のパフォーマンスを発揮するためにも、以下の三原則を意識しましょう。

  • 急がない
  • 焦らない
  • 落ち込まない

作業時間や納期を気にするあまり、急いだり焦ったりすると初歩的なミスが増えます。修正作業の時間を増やしてしまうと、結果的に急いだ意味がありません。

また、指摘に落ち込んでしまうと、作業のパフォーマンスが低下します。精神的な動揺がきっかけで、普段できることすらできなくなるでしょう。

急がず焦らずミスを減らすこと、指摘は「誰にでもある」と落ち込まないことが大切です。

対策③:ライティングスキルを磨く

添削結果の指摘を減らすためには、ライティングスキルの習得が必要不可欠です。

クライアントが記事制作に求める基準を満たすためにも、以下の基礎知識は身につけておきましょう。

  • WEBライティング(読者目線の文章力)
  • SEOライティング(検索順位の仕組み)

スキルの習得には参考書籍の活用がおすすめです。また、別記事で必要スキルについて解説しているので、よかったら参考にしてみてください。

稼げない時期に意識すべき心構えと注意点

稼げない時期に意識すべきこと

Webライターとして稼げない時期は、時給を意識するあまり思わぬ失敗を招きがちです。

とくに初心者の場合は、以下3つのポイントを意識しましょう。

  • 記事を執筆する目的を間違えないこと
  • 文字単価0.4円以下の案件は受注しないこと
  • 時間がかかる原因や苦手意識を把握すること

1.記事を執筆する目的を間違えないこと

Webライターが記事を執筆する目的は「報酬をもらうため」ではありません。Web記事を必要とする「読者のため」です。

報酬を優先して急ぐことやミスが増えることは、Webライターの自分勝手な考え方に問題があります。

案件を受注したWebライターは、クライアントから報酬をもらう以上は「プロ」であるべきです。読者を優先することはクライアントの評価につながり、結果的に求める報酬を得られるでしょう。

2.文字単価0.4円以下の案件は受注しないこと

文字単価0.4円以下の案件は、受注しても時間の無駄です。低単価な案件は初心者でも受注しやすいメリットはありますが、それ以上にコスパの悪さがデメリットとなります。

スキルや実績がない時期は、あえて低単価の案件を選ぶことも間違いではありません。それでも、文字単価0.5円以上の案件から選択しましょう。

3.時間がかかる原因や苦手意識を把握すること

ライティング業務で「時間がかかる」と感じた場合は、どこに原因があるのかを把握しましょう。執筆が遅いのかリサーチしすぎなのか、原因を把握できないと適切な対策を立てられません

執筆しながら「やりづらさ」を感じることがあれば改善のチャンスです。

この記事で紹介した原因と対策も参考にしながら、課題解決に取り組んでみてください。

稼げるWebライターは働き方を工夫している|作業効率を改善しよう

稼げるWebライターは働き方を工夫している

初心者Webライターが稼げない理由は、執筆以外の作業に必要以上の時間をかけてしまっていることです。

執筆の前後も含めて、作業効率を改善することが時給アップにつながります。

作業効率を改善できれば、記事執筆にかける集中力が増すでしょう。執筆に集中することで記事の品質が高まり、クライアントの評価も得られます。

つまり、作業効率を改善してクライアント評価を上げることが、稼げるWebライターへステップアップする秘訣です。自分自身の働き方を振り返りながら、工夫できるポイントを見つけてみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次