Webライターにアンケート調査|確定申告で困ったことある?

ぎょぎょぎょ

Webライターになったけど、確定申告ってどうすればいいの?

僕は初めての確定申告で「何すればいいの?」と途方に暮れた記憶があります。

今では慣れましたが、当時はけっこうイライラしながら作成していました。

ぎょぎょぎょ

売掛金って何だよ!?

ぎょぎょぎょ

経費の科目が分かんねーよ!

おそらく多くのWebライターが、確定申告に苦戦したのではないでしょうか。

そこで、Webライター50名を対象にアンケート調査してみました。

  • 確定申告に苦戦した?
  • 苦戦した理由は?
  • どうやって解決した?

アンケートの結果から「どうすれば苦戦せずに済むのか」を分析してみます。

目次

アンケート調査|確定申告で困ったことある?

アンケート調査|確定申告で困ったことある?
Webライター50名にアンケート調査
(調査媒体:クラウドワークス)

確定申告の経験があるWebライター「50名」にアンケート調査を実施しました。

確定申告に困ったことがありますか?

ある:64%(32名)

ない:36%(18名)

アンケート結果では、Webライターの過半数が「確定申告に困ったことがある」と回答しています。

ぎょぎょぎょ

3人に2人の割合で困ってるんだね。

確定申告に困った理由は?

確定申告に困った理由は?

確定申告に困ったことがある回答者(32名)を対象に「困った理由」を調査してみました。

アンケートから得られた回答を分類すると、以下の5パターンに分けられます。

  • 50%(16名)
    確定申告の方法が分からなかった
  • 19%(6名)
    経費の扱いに迷ってしまった
  • 16%(5名)
    必要なものが揃っていなかった
  • 6%(2名)
    マイナンバーカードの扱いに困った
  • 9%(3名)
    その他(少数意見)

もっとも多い理由:「確定申告の方法」に悩んだ

半数の回答者が「確定申告の方法」を悩んだ理由に挙げていました。

とくに以下の意見は、多く回答者が悩んでいる傾向にありました。

  • 初めての確定申告では、手順の理解に苦労した(30代・女性)
  • 書類が多いし、書き方の説明も見つけられなかった(40代・女性)
  • 青色と白色のどちらを選べば良いか悩んだ(40代・男性)
  • そもそも自分が申告すべきなのかどうかを判断できなかった(40代・男性)

初めての確定申告では、ほとんどの人が手順(書き方)の理解に苦戦しています。

手順を覚えようにも「初めて見る単語」だらけで、なかなか理解できなくても無理はありません。

困ったときどのように対処した?

確定申告の方法に悩んだ回答者は、以下3パターンの方法で対処したようです。

50%(8名):税務署に問い合わせした

25%(4名):ネットで調べた

25%(4名):詳しい知人に聞いた

とくに初めての確定申告に苦戦した回答者は、税務署のサポートを利用して解決した傾向にあります。

人によって収入源や収益額が異なるので、自分に合った対処法を判断するには「税務署への問い合わせ」が堅実な手段です。

  • 副業の申告だったので、間違えないよう税務署に何度も確認しました(20代・男性)
  • 分からないことを税務署に相談した。ちょっと話がかみ合わず困った経験あり(40代・男性)
  • 管轄の税務署に電話相談しました。記入後も間違いがあったけど、税務署のサポートで再提出できた(30代・女性)
ぎょぎょぎょ

自分が「どこまでやればいいか」なんて、最初は判断できないよね…

次いで多かった理由:「経費の扱い」に悩んだ

申告方法に次いで、多くの回答者が「経費の扱い」を悩んだ理由に挙げていました。

「どこまで経費に含めていいのか」の判断に迷ってしまうことがおもな要因です。

  • 取材で使用した交通費やカフェ代を申告して良いか迷った(40代・女性)
  • 含めて良い範囲の判断基準が分からなかった(50代以上・男性)
ぎょぎょぎょ

Webライターに限らず、経費の扱いは定番の悩みだよね(笑)

困ったときどのように対処した?

経費の扱いに悩んだ回答者は、以下3パターンの方法で対処したようです。

50%(3名):税務署に問い合わせした

33%(2名):ネットで調べた

17%(1名):詳しい知人に聞いた

やはり経費の扱いについても、税務署のサポートを利用した回答者が多い傾向にありました。

書き方や判断基準のように「人によって対応が異なること」は、税務署へ問い合わせることをおすすめします。

ぎょぎょぎょ

誰にも当てはまる共通的な悩みであれば、ネットの情報でも解決できそうです。

その他の少数回答

アンケート結果には、以下のような少数回答もありました。

  • PCの故障で会計のデータがふっとんだ(40代・女性)
  • 申告書の書式が毎年変わるので困る(30代・男性)
  • 単純に資料作成がめんどくさい(40代・男性)

アンケートでは少数意見でしたが、上記の回答は「よくある困りごと」だと思います。

とくに会計データの入力や書式の理解など、確定申告には手間を感じる作業が多いことも事実です。

ぎょぎょぎょ

データが吹っ飛ぶのは、さすがにゾッとするね…

困ったときどのように対処した?

  • 火事場のくそ力?同業者のサポートも得ながらなんとかした(40代・女性)
  • 知人にサポートしてもらった(30代・男性)
  • めんどうだけど時間をかけて対応するしかない(40代・男性)

回答を見ると「知人のサポートを受けた」「時間をかけた」といった対処方法でした。

また、手間を感じている回答者の多くは、確定申告の「ツールやソフト」を利用していない傾向にあります。

  • PCでデータを保管しなくて良い
  • 申告書の書き方を理解しなくても良い

そんな手段を見つけられれば、負担を軽減できるのではないでしょうか。

確定申告に困らなかった理由は?

確定申告に困らなかった理由は?

確定申告に「困らなかった」と回答した人にも理由を確認してみました。

アンケートから得られた回答を分類すると、以下の4パターンに分けられます。

50%(9名):Webサービスを利用しているから

22%(4名):まだ収入が少ないから

17%(3名):外部委託しているから

11%(2名):その他(少数意見)

もっとも多い理由:「Webサービス」を利用しているから

半数の回答者は、以下のような「Webサービスの利用」を理由に挙げていました。

  • 国税庁のWebサービス(e-Tax)
  • クラウド会計ソフト

とくに「指示に従って入力するだけだった」といった回答が多く見受けられました。

  • Webサービスの指示どおりに入力するだけだった(30代・女性)
  • クラウド会計ソフトでスムーズに入力できた(50代以上・男性)
  • クラウド会計ソフトが会計から申告書の作成までサポートしてくれた(40代・女性)

Webサービスは、ガイダンスに従いながらデータ入力するだけで申告書を作成できます。

「どこに何を書けばいい?」の判断を省略できることが、難易度を下げている大きな要因です。

ぎょぎょぎょ

必要なデータさえ入力すれば、あとは勝手に割り振ってくれます。

とはいえ、売上や経費の入力で「判断が必要となる要素」もあるようです。

  • 売上・売掛金の判断
  • 経費に含めて良いかどうかの判断
ぎょぎょぎょ

Webサービスを利用する場合も、把握しなきゃいけないことがあるんだね。

どのWebサービスを利用してる?

回答者が利用するおもなWebサービス
  • クラウド会計ソフト freee(1名)
  • やよいの青色申告 オンライン(4名)
  • マネーフォワード クラウド確定申告(1名)
  • 国税庁の専用Webサイト(3名)

上記は、回答者の利用するおもなWebサービスです。

クラウド会計ソフト「やよいの青色申告 オンライン」の利用者が最多の4名でした。

ぎょぎょぎょ

僕自身も「やよいの青色申告 オンライン」を利用しています。

確定申告をどのような方法で実施してる?

確定申告をどのような方法で実施してる?

アンケート回答者に「確定申告の方法」を調査したところ、以下の結果となりました。

  • 42%(21名)
    手書きで提出、税務署で作成
  • 30%(10名)
    会計ソフト(クラウド型)を利用
  • 4%(2名)
    会計ソフト(インストール型)を利用
  • 8%(4名)
    外部委託
  • 26%(13名)
    分からない(詳しくない)

困ったことがある人は会計ソフトの利用割合が低い

困ったことがある人の81%は会計ソフトを利用していない

アンケート結果から「確定申告に困った経験がある32名」を抽出すると、下記の傾向が分かりました。

  • 税務署で作成している人(手書き・e-Tax)の割合が過半数を超えている
  • クラウド型の会計ソフトは全体の割合から大幅に下がっている(30%→13%)
  • 外部委託している人は困っていない

確定申告に困った経験がある人の「53%」は、以下の方法で提出していることが分かりました。

  • 手書きで作成して税務署に提出している
  • 税務署で相談しながらe-Taxで作成している
ぎょぎょぎょ

そもそも「困って相談したい」から税務署で作成するのかもね。

また、クラウドの会計ソフトや外部委託を利用している人は、全体の割合から数値が下がっていました。

一部のクラウド会計ソフトの利用者は「経費の扱いに迷った」と回答しています。

困ったことがない人は会計ソフトの利用割合が高い

困ったことがない人の33%は会計ソフトを利用している

アンケート結果から「確定申告に困った経験がない18名」を抽出すると、下記の傾向が分かりました。

  • クラウド型の会計ソフトの占める割合がもっとも高い(33%)
  • 税務署で作成している人(e-Tax)は全体の割合から大幅に下がっている(53%→28%)
  • 手書きで作成している人はいなかった

確定申告で困ったことがない人の「33%」は、クラウドの会計ソフトを利用していました。

また、税務署でe-Taxを利用している人は、全体の割合から数値が下がっていました。

一部のe-Taxの利用者は「まだ収入が少ないから」といった理由で、現状については負担を感じていないようです。

ぎょぎょぎょ

さすがに手書きで困らずに作成している人はいませんでした。

【まとめ】確定申告はクラウド会計ソフトがおすすめ

  • 多くのWebライターが確定申告で苦戦した経験あり
  • 苦戦したときは「税務署への問い合わせ」が基本
  • クラウド会計ソフトの利用者は困っていない傾向にある
  • 外部委託する人はほとんどいない(全体の6%)

アンケートの調査結果をまとめると、上記のような傾向を把握できました。

多くのWebライターが確定申告で苦戦した経験があり、税務署のサポートを受けながら対応しています。

一方で「クラウド会計ソフト」の利用者は、比較的困っていない傾向にあるようです。

「確定申告の作成に不安がある」
「確定申告の負担を軽減したい」

そんな悩みを抱えたときは、クラウド会計ソフトの活用を検討してみてください。

ぎょぎょぎょ

下記の記事でクラウド会計ソフトの「使用例」を解説しています。気になる人は、ぜひ参考にしてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次