SEOライティングを学ぶ|検索上位を目指す書き方と勉強法

SEOライティングって、文章力を向上することとは違うの?

SEOライティングは、Web記事を検索上位に表示するためのテクニックです。

Googleをはじめとする検索エンジンは「読者に価値のある記事」を高く評価します。

そのため、文章構成や読みやすさなど、読者と検索エンジンの双方を意識した書き方が必要です。

今回はこれからSEOライティングを学びたい初心者に向けて、検索順位を上げるためのコツを紹介します。

ぎょぎょぎょ

Webライターの経験がある「ぎょぎょぎょ」が解説します。

より深く勉強したい人は、個人的に実用しているおすすめの参考書籍も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事でわかること
  • SEOライティングとは
  • 検索順位を上げるSEOのコツ13選
  • SEOライティングの勉強におすすめな本
目次

SEOライティングとは|検索順位を上げるための書き方

SEOライティングとは|検索順位を上げるための書き方

SEOライティングとは、Web記事を検索上位表示するための執筆テクニックです。

Webライティングとは、なにが違うの?

SEOライティングもWebライティングも「読者に伝わる文章を書く」といった観点は同じです。

ただし、SEOライティングのほうが、Googleの検索エンジンを意識した執筆テクニックとなります。

SEOライティングの基本
  • 読者に内容が伝わりやすい文章であること
  • Googleの検索エンジンが評価しやすい文章であること

SEOのコツ①|読者に評価される記事を書く

SEOライティングの基本は、Webライティングと同様に読者を意識することです。

読者の検索ニーズを想定して、価値のある情報を伝えましょう。

ぎょぎょぎょ

読者を意識したWebライティングのテクニックは、別記事で詳しく紹介しています。

SEOのコツ②|検索エンジンに評価される記事を書く

SEOライティングは、検索エンジンを意識することも重要です。

SEOは「検索エンジン最適化」とも呼ばれ、評価を高めることが検索順位の向上につながります。

つまり、SEOライティングは「検索エンジンに伝わりやすい文章を書くこと」です。

ぎょぎょぎょ

今回紹介するSEOの施策は「内部対策」とも呼ばれています。

検索順位を上げるSEOのコツ13選

検索順位を上げるSEOのコツ13選

ここからは、検索順位を上げるためのSEOライティングを解説します。

SEOのテクニックは、数えるとキリがないほど多種多様です。

そこで、初心者でも取り組みやすい「13のコツ」をピックアップしてみました。

1.SEOキーワードを記事タイトルと見出しに含める

SEOキーワード(検索ワード)は、記事タイトルと見出しに含めましょう。

検索エンジンは、記事タイトルと見出しのワードから「記事のテーマ」を判断します。

記事タイトルや見出しにSEOキーワードを含めることは、読者に記事の内容をスムーズに伝えることにも効果的です。

2.SEOキーワードをタイトルや本文の前半に記載する

SEOキーワードは、タイトルや本文の前半部分に含めることを意識しましょう。

前半部分に重要なキーワードを入れることで、読者が注目しやすい効果も期待できます。

ただし、記事タイトルの文字数は「28文字程度」が基本です。

限られた文字数で記事テーマを伝える必要があるため、不自然なタイトルとならないよう注意しましょう。

3.見出しタグを正しい階層で使う

見出しタグを正しい階層で使う

見出し(<H>タグ)は、正しい階層構造で使用しましょう。

「H1、H2…」のように、階層が下がるにつれて番号が増えます。

見出しタグの一般的な用途

H1:大見出し(タイトル)
H2:中見出し
H3:小見出し
H4:小見出しの補足

一般的には、H2~H4の使用頻度が高い傾向にあります(H1はタイトルのみ)。

検索エンジンも見出しタグの順序を見ながら記事構成を把握するので、基本的なレイアウトを意識しましょう。

4.共起語を意識して本文を書く

共起語を意識して本文を書く

SEOライティングでは、記事の本文に共起語を含めることも効果的です。

共起語とは

特定のキーワードと「一緒に検索されやすいキーワード」を指します。

たとえば、キーワード「Webライティング コツ」の共起語を調査すると、上図のようなキーワードが使用されています。

共起語を上手く活用することで、読者が検索キーワードから自然に連想する内容へと導けます。

ぎょぎょぎょ

共起語を調べるときは、Webサービス「共起語検索ツール」が使いやすくて便利です。

5.単語や類義語などの表記を統一する

本文で使用する単語や類義語は、表記の統一を心がけましょう。

表記にバラつき(表記ゆれ)があると、読者や検索エンジンの認識に迷いが生じてしまいます。

混乱を招く文章例

単語?ワード?

単語の表記は統一すべきです。なぜなら、読者がワードの意味を正しく判断できないから。

ユーザー?読者?

Webライティングは検索ユーザーを意識することが大事です。なぜなら読者に伝わりやすい文章を書くことが大切だから。

同じ意図で書いたつもりでも、気づかずに異なる表現を使用してしまうこともあります。

しかし、表現が異なることで読者が「別の要素」と認識してしまうこともあるので注意しましょう。

6.第一に結論を書く

ライティングの基本は、結論を最初に伝えることです。

文章を「結論→理由→具体例」の順序で読み進めることで、読者はストレスなく内容を理解できます。

結論がわからない状況で具体例や共感を示しても、読者の頭は受け入れる準備が整っていません。

とにかく「先頭は結論!」と、自分の定番ルールに落とし込みましょう。

7.主観ではなく客観的事実を述べる

SEOライティングに主観は不要です。

リサーチや取材などの結果に基づく、客観的な事実を伝えましょう。

読者は執筆者のファンでない限り、主観的な考えや意見に興味がありません。

もし、自分自身の考えや経験談を伝えたい場合は、実績や肩書などの権威性をアピールしましょう。

8.指示代名詞を多用しない

「これ」「それ」「あれ」などの指示代名詞は、できる限り使用を控えましょう。

読者は文章を途中から読むこともあり、指示代名詞が適切に伝わらないこともあります。

また、検索エンジンのアルゴリズムは、指示代名詞が指す対象を理解できません。

検索順位に影響を及ぼす可能性も否定できないため、具体的な主語の使用をおすすめします。

9.専門用語はターゲットに合わせて使う

専門用語は、読者のターゲット像に合わせて使用することをおすすめします。

初心者向け記事
  • 専門用語を簡単な言葉に言い換える
  • 専門用語を使用する場合は補足説明を加える
経験者向け記事
  • 使用するかどうかは文章の読みやすさで判断する
  • 認知度の高い専門用語は補足を省略する

初心者をターゲットとするようなノウハウ系の記事は、わかりづらい専門用語を簡単な言葉で伝えられると読者の理解度が増します。

しかし、経験者がターゲットとなる場合は、ムダな言い換えが逆効果となることもあるため使い分けが大切です。

10.読者に不要な情報を記載しない

読者に不要な情報を記載しない

読者が求める情報を過不足なく伝えることが、SEOライティングの重要なポイントです。

必要な情報を漏れなく伝えることはもちろんですが、不要な情報を省くことも意識してください。

2018年3月以降に実施されたGoogleの「コアアルゴリズムアップデート」では、読者に不要な情報を多く記載するページほど検索順位を下げる傾向にあるようです。

11.権威性を示す

Googleは「E-A-T」をコンテンツの評価指針としており、記事の権威性を重要視する傾向にあります。

「E-A-T」とは

E:Expertise(専門性)

A:Authoritativeness(権威性)

T:Trustworthiness(信頼性)

実績やスキルなどアピールできる情報があれば、筆者のプロフィールに提示しましょう。

権威性を示すことで、本文の内容に説得力が生まれます。

12.記事内URLはテキストリンクを使用する

記事内URLはテキストリンクを使用する

記事内にページリンクを入れる場合は、URLをそのまま記載せずテキストリンクを使用しましょう。

テキストリンクを使用することで、読者や検索エンジンにリンク先の情報を伝えられます。

ただし「ここをクリック」のような意味のないテキストではなく、リンク先の内容が伝わるキーワードを選択しましょう。

13.画像のaltタグに補足を入れる

画像ファイルのaltタグには、簡潔や説明文を記載しましょう。

altタグの情報をもとに、画像検索での上位表示を獲得できる場合があります。

altタグに設定する内容は、画像タイトルを付けるようにシンプルな説明が理想的です。

長文を記載せず、10〜20文字程度で設定しましょう。

SEOライティングの勉強におすすめな本

最後に、個人的に読んで参考になった「SEOライティングの勉強におすすめな本」を2冊紹介します。

沈黙のWebライティング:マンガ仕立てで読める初心者向け
最新版!これからのSEO内部対策本格講座:知識を深掘りしたい中級者向け

スキルアップのコツは、基本を理解して執筆することです。

SEOライティングの基本を理解するためにも、参考書籍で学ぶことをおすすめします。

これから覚えたい初心者向け|沈黙のWebライティング

本書はマンガ仕立てのストーリーを読みながら、SEOライティングを学べる1冊です。

初心者にも読みやすいだけでなく、SEOライティングの十分な知識も得られるので参考になります。

本書を読んで分かること
  • 検索上位に表示される記事の書き方
  • 分かりやすい文章の書き方
  • 成果を生み出すためのライティングテクニック

さらに知識を深めたい中級者向け|最新版!これからのSEO内部対策本格講座

本書はGoogleのアルゴリズムをひも解きながら、SEOの内部対策と外部対策について解説する1冊です。

Web記事を上位表示するためには何をすればよいのか、具体的な施策とともに深掘りしています。

本書を読んで分かること
  • SEOの内部対策と外部対策の知識
  • Googleに評価される記事のポイント
  • 内部対策を活かすための外部対策
created by Rinker
¥891 (2022/10/04 10:45:45時点 Amazon調べ-詳細)

SEOは読者ファーストが基本|検索エンジンは結果を評価する

SEOは読者ファーストが基本|検索エンジンは結果を評価する

SEOライティングとは、Web記事を検索上位表示するための執筆テクニックです。

読者を意識するWebライティングの要素に加え、Googleの検索エンジンにも伝わりやすい文章も必要となります。

SEOライティングで重要視すべきことは、Webライティングと同様に「読者ファーストが基本」であることです。

Googleの検索エンジンは、読者の満足度を高く評価します。

今回紹介したSEOライティングのコツを駆使しながら、まずは読者が求める情報を伝える記事を執筆しましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次