初心者がWebライターになってみた感想|とあるフリーランスの体験談

個人的なことですが、システムエンジニアの仕事を辞めました。

いまは、フリーランスとして活動しています。

フリーランスと言っても、仕事の種類はさまざまです。

そして、僕は数ある仕事から「Webライター」を選びました。

ちなみに、過去にライターの仕事経験はありません。

taku

駆け出しの初心者Webライターです。

  • Webライターって初心者でもできる?
  • Webライターって、どんな仕事内容?
  • フリーランスのライターって稼げる?

今回の記事は、こんな疑問に答えてみます。

これからWebライターを目指す人は、これから紹介する感想や体験談を参考にしてみてください。

タップできる目次

フリーランス|クラウドソーシングを使ってみた

僕はクラウドソーシングサービスを利用して、Webライターの仕事を受注しています。

taku

(追記)2022年現在は、Webディレクターに転身しました。

クラウドソーシングサービスは「インターネット上で探せる在宅ワーク」のようなものです。

  • 自宅で作業できる
    (通勤不要!)
  • 好きな時間に作業できる
    (昼からエンジンかかるタイプ!)
  • 営業しなくて良い
    (突撃訪問?なにそれ?)

ザックリと書きましたが、上記のようなメリットがあります。

クラウドソーシングサイトって何がある?

クラウドソーシングサイトは、探してみると結構たくさんあります。

taku

僕は「クラウドワークス」と「ランサーズ」を利用しています。

ライターの仕事を始めるときに色々と調べましたが、多くのサイトで「ライターとして仕事をするのにおすすめ」と紹介されていました。

未経験から始めるWebライターは、まず「クラウドワークス」と「ランサーズ」を利用するようです。

クラウドワークスとランサーズに違いはある?

結論から言うと、クラウドワークスとランサーズに大きな違いはありません。

どちらも案件数200万件以上の、実績ある大手サイトです。

強いて言えば、ランサーズのほうが「ライター向け」に特化している印象はあります。

じゃあ片方だけ登録すればいいのかな?

クラウドワークスとランサーズは、両方登録することをおすすめします。

taku

もちろん片方だけでも問題はありません。

どちらのサイトも、紹介されている案件は似たような内容です。

しかし、まったく同じ案件ではありません。

フリーランスのWebライターは、数ある仕事から「できそうな案件」「やってみたい案件」を自分で探す必要があります。

とはいえ、初心者の場合は、自分に合った案件を簡単には見つけられません。

両方登録しておけば選択肢が増えるので、条件に合う仕事を見つけやすくなります。

Webライター|初心者が案件を受注してみた

Webライターの案件は、おもに「プロジェクト」「タスク」「コンペ」の3種類に分かれます。

初心者がタスク形式の案件を受注してみた感想

僕はWebライターの経験もなければ、クラウドソーシングを利用するのも初めてでした。

最初は右も左もわからなかったので、とりあえず簡単そうなタスク形式の案件を受注していました。

10件くらいやってみた感想としては、報酬が10円~200円と安価だったのでコスパが悪いです。

taku

クラウドソーシングサイトの使い方を理解できたので、無駄ではなかったと前向きにとらえています。

Webライター初心者の収入|初心者は稼げるのか?

僕の経験から言うと、Webライター初心者は稼げません。

理由は色々とあります。

  • 初心者は文字単価が安い
  • 高単価の案件に対応するスキル(経験値)がない

Webライターの報酬は、一般的に「文字単価」で支払われます。

たとえば、3,000文字の記事を文字単価1.0円で執筆したら報酬は3,000円です。

僕が初めて受注した案件は、文字単価0.5円で3,000文字の記事でした。

taku

納品まで5時間くらいかかったので、時給にすると…300円!?

時給換算するとビックリしてしまう金額ですが、最初は仕方がないことです。

スキルが不透明なWebライターには、クライアントも高い単価をつけられません。

Webライターとして稼ぐには?

ライターとしての収益を増やすには、文字単価を上げる必要があります。

最初は低い単価でも、長期的に契約してくれるクライアントであれば、契約更新時に単価アップの交渉も可能です。

経験を重ねてアピールできる実績を増やせば、高単価の案件を受注する際のアピールポイントとなります。

  • 継続的に契約を更新しながら単価を上げていく(評価を上げる)
  • 経験を積んで実績をアピールして高単価の案件を受注する

開始2ヶ月目までの実際の収益

Webライターを開始して2ヶ月目までの収益は、下記のような結果となりました。

1ヶ月目2ヶ月目
作業日数15日10日
収益約2万円約5万円
文字数約4万文字約6万文字
文字単価0.5円0.8~1.0円

1ヶ月目は文字単価0.5円のクライアントと契約して、ひたすら記事を書いていました。

月収は「約2万円」です。

taku

アルバイトなら2日で稼げるような額ですね(笑)

2ヶ月目はもう少し収益を増やしたいと思い、少し単価の高い案件を受注しました。

結果的に、月収は1ヶ月目の2倍以上です。

taku

実は年末だったので少しサボってしまい、作業日数は少し減りました。

でも、記事の執筆に慣れたので作業スピードが上がりました。

個人ブログ|せっかく書いた記事は自分の財産にしたい?

Webライターの仕事にも慣れ、いつものように案件を探しながら、ふと思いました。

taku

Webライターの案件は、相変わらず単価が低いな。

…あれ?

少ない報酬で記事を書くより、自分のブログを書いたほうがいいのではないか?

執筆作業は想像以上に時間がかかる

Webライターのおもな仕事は、だいたい「3,000~10,000文字」の記事執筆です。

Webライターの仕事を始めた当初は、依頼された記事の文字数が多いと「時間がかかりそうだな…」と思うこともありました。

taku

8,000文字の記事は2日間かかるけど、3,000文字の記事は半日で終わる。

そんなイメージでした。でも、実際は少し違いました。

記事の執筆は、文字数が多いほど所要時間が増えます。

しかし、所要時間が増えてしまう原因は、文字数ではなく調査の対応でした。

taku

たった3,000文字の記事でも、自分の知らないテーマであれば調査に多くの時間がかかります。

一方で自分の得意分野であれば、8,000文字の記事でも頭に自然と文章が浮かんでくるので、意外に時間がかかりません。

ひたすら調査する日々

過去に旅行サイトの案件で「インドのおすすめな観光地」を紹介したことがあります。

taku

…インドに行ったことないよ?

インドを想像して浮かんでくるイメージなんて「カレー」か「ガンディー」くらいです。

でも、記事は執筆できました。

時間をかけて調査して、行ったことがあるかのように書けば良いのです。

とはいえ、何かをおすすめしようにも「自分の知らないこと」は紹介できません。

だから、インドの観光スポットを必死に調べました。

「どのような観光地」があって
「なぜおすすめなのか」をまとめて
「わかりやすい文章」で執筆して
「他社(他者)の記事」と類似していないかチェックして…

taku

なぜ行く予定もないインドのことを、こんなにも時間をかけて紹介しているんだろうか?

しかも、少ない報酬で。

個人ブログを書いたほうがいい?

クラウドソーシングサイトに掲載された案件を眺めていると「低単価」の案件が目立ちます。

「報酬500円。10分で終わる簡単な作業です。」

こんな謳い文句の作業もありますが、実際にやってみると手順がめんどくさい。

taku

結果的に1時間くらいかかることもありました(経験者談…笑)

それは、記事の執筆も同じです。

文字数だけ見るとすぐに終わりそうでも、実際には思わぬ時間がかかります。

  • 調査にかかる時間
  • 執筆に用いるツールの使い勝手
  • 担当者のレスポンス
  • 添削結果にともなう修正作業

時給に換算してみると「500円!?」なんて驚くことも。

お金を稼ぐことだけ考えたら、アルバイトをしたほうが効率的なのかもしれません。

これなら自分のブログに書いたほうが、将来的に「報酬以上の価値」になるんじゃないかと率直に思いました。

taku

そして今、ブログを書いています。

最後に|Webライター初心者は稼ぎが安定するまで苦労する

フリーランスになり、Webライターの仕事を始めて、個人的には良かったと感じています。

自宅で作業できる毎日を過ごしていると、早起きして通勤していたころが懐かしいです。

とはいえ、最初は不安もありました。

taku

いまでもWebライターとして、収入が安定しているとは言えません。

お金を稼ぐのって大変です。

Webライターの仕事に慣れない時期は、作業に時間もかかるしストレスも溜まります。

姉妹ブログ「ぎょぎょさんぽ」を始めてみたけど、100円を稼ぐのに半年かかりました。

taku

僕と同じように「個人ブログを持つWebライター」に一言。

もし時間をかけて報酬の少ない記事を書いているのであれば、その時間で自分の個人ブログを書きましょう。

すぐには効果を実感できませんが、将来的に大きな財産となるはずです。

[補足]じゃあなんでWebライター続けてんの?

Webライターは辞めたほうがいいの?

taku

今回の記事は「Webライターは稼げない」って印象が強かったので少しだけ補足します。

Webライターの仕事といっても、簡単な案件もあれば難しい案件もあります。

難易度によって報酬単価もさまざまです。

今回紹介した内容のように「時間がかかるけど調べれば誰でも書ける記事」は、単価が低い傾向にあります。

一方で経験やスキルを活かして執筆するような「専門性のある記事」は、比較的に高単価の案件が多いです。

taku

僕もエンジニア職に関する記事を、文字単価1円以上で受注していました。

継続して実績を積めば、単価を上げてくれるクライアントも少なくありません。

taku

サボらずにコツコツと活動できる人は、Webライターとして十分に稼げますよ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次