初心者でも大丈夫?フリーランスのライターになってみた【体験談】

少し前のことですが、エンジニアの仕事を辞めました。今はフリーランスとして活動しています。

フリーランスと言っても、仕事の種類はさまざまです。僕は数ある仕事から「Webライター」を選びました。

ちなみに、過去にライターの仕事経験はありません。駆け出しの初心者ライターです。

  • Webライターって初心者でもできる?
  • Webライターって、どんな仕事内容?
  • フリーランスのライターって稼げる?

今回の記事は、こんな疑問に答えてみようと思います。

目次

フリーランスになる

僕はクラウドソーシングサービスを利用して、Webライターの仕事を受注しています。

(2022年現在は、Webディレクターに転身しました。)

クラウドソーシングサービスは「インターネット上で探せる在宅ワーク」のようなものです。

  • 自宅で作業できる
    (通勤不要!)
  • 好きな時間に作業できる
    (昼からエンジンかかるタイプ!)
  • 営業しなくて良い
    (突撃訪問?なにそれ?)

ザックリですが、こんな感じのメリットがあります。

クラウドソーシングって何があるの?

クラウドソーシングできるサイトは、探してみると結構たくさんあります。僕が利用しているサイトは「クラウドワークス」「ランサーズ」です。

ライターの仕事を始める際に色々と調べましたが、多くのサイトで「ライターとして仕事をするのにおすすめ」と紹介されていました。

未経験から始めるWebライターは、まず「クラウドワークス」と「ランサーズ」を利用するそうです。

クラウドワークスとランサーズに違いはある?

結論から言うと、クラウドワークスとランサーズに大きな違いはありません。

どちらも案件数200万件以上の、実績ある大手サイトです。ランサーズのほうが「ライター向け」に特化している印象はあります。

じゃあ片方だけ登録すればいい?

クラウドワークスとランサーズは、両方登録することを推奨します(もちろん片方だけでも問題はありません)。

紹介されている案件は、どちらのサイトも似たような内容です。しかし、まったく同じ案件ではありません。

フリーランスのライターは、数ある仕事から「できそうな案件」「やってみたい案件」を自分で探す必要があります。

とはいえ初心者の場合、自分に合った案件を簡単には見つけられません。両方登録しておけば選択肢が増えるので、条件に合う仕事を見つけやすくなります。

ライターになる

ライターの仕事は、おもに「プロジェクト」「タスク」「コンペ」の3種類に分かれます。

プロジェクト形式

ライターの受注する案件は、プロジェクト形式がメインです。

仕事を受注したいライターは、募集要項を確認し「私ならできます!受注させてください!」と提案します。

クライアントとの条件が合致すれば契約成立です。作業内容や納期を確認しながら作業を進めます。

最後に「成果物(記事)」を納品したら完了です。契約時に合意した金額(報酬)が支払われます。

タスク形式

タスク形式の案件はプロジェクト形式と異なり、クライアントとの契約が発生しません。

クライアントの募集要項に沿って、ライターは契約せずに作成した成果物を納品します。

契約が発生しないため誰でも参画できますが、納品物がクライアントに採用(承認)されないと報酬は支払われません。

タスク形式はアンケートや簡単な感想文など、だれでもできるような簡単な内容が多いです。ただし、お小遣い程度の報酬しか期待できません。

コンペ形式

コンペ形式は「新発売する商品のキャッチコピーを募集します」のような案件に対し、クライアントの要望に沿ったアイデアを提案します

応募した提案がクライアントに採用された場合は、報酬が支払われます。

初心者が受注してみた感想

僕はWebライターの経験もなければ、クラウドソーシングを利用するのも初めてでした。最初は右も左も分らなかったので、とりあえず簡単そうなタスク形式の案件を受注していました。

10件くらいやってみた感想としては、報酬が10円~200円と安価だったのでコスパが悪いです

しかし、クラウドソーシングサイトの使い方を理解できたので、無駄ではなかったかなと思います。

最近は、プロジェクト形式の案件で記事を執筆中です。初心者向けの案件もあり、しっかりとマニュアルを用意してくれるクライアントもいるので、スキルアップしながら作業しています。

初心者ライターの収入|初心者は稼げるの?

僕の経験から言うと、初心者ライターは稼げません。理由は色々とあります。

  • 初心者は文字単価が安い
  • 高単価の案件に対応するスキル(経験値)がない

ライターの報酬は、一般的に「文字単価」で支払われます。たとえば、3,000文字の記事を文字単価1.0円で執筆したら、報酬は3,000円です。

僕が初めて受注した案件は、文字単価0.5円で3,000文字の記事でした。納品まで5時間くらいかかったので、時給にすると…300円!?

ビックリするような単価ですが、最初は仕方がないです。スキルが不透明なライターに、クライアントも高い単価はつけられません。

ライターとして稼ぐには?

ライターとしての収益を増やすには、文字単価を上げる必要があります。

最初は低い単価でも、長期的に契約してくれるクライアントであれば、契約更新時に単価を上げてもらう交渉も可能です。

経験を重ねてアピールできる実績を増やせば、高単価の案件を受注する際のアピールポイントとなります。

  • 継続的に契約を更新しながら単価を上げていく(評価を上げる)
  • 経験を積んで実績をアピールして、単価の高い案件を受注する

実際の収益は?

Webライターとして2ヶ月活動した結果、下記のような収益となりました。

1ヶ月目2ヶ月目
作業日数15日10日
収益約2万円約5万円
文字数約4万文字約6万文字
文字単価0.5円0.8~1.0円

1ヶ月目は文字単価0.5円のクライアントと契約して、ひたすら記事を書いていました。

月収は約2万円です。アルバイトなら2日で稼げるような額ですね。

2ヶ月目はもう少し収益を上げたいと思い、少し単価の高い案件を受注しました。結果的に、月収は1ヶ月目の2倍以上です。

実は年末だったので少しサボってしまい、作業日数は少し減りました。でも、記事の執筆に慣れたので作業スピードが上がりました。

フリーランスに興味ありませんか?

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

フリーランスになり、Webライターの仕事を始めて、個人的には良かったと感じています。

毎日、自分の部屋で作業しているので、早起きして通勤していたころが懐かしいです。

最初は不安もありました。今でも収入が安定しているとは言えません。でも、仕事にも慣れて、収入も少しずつ増えています。

最近はフリーランスのWebライターとして、副業で稼いでいる人も増えているようです。意外と気軽に始められますよ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次